アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめサイトご紹介

好きな「攻め」をピックアップしてみた♪

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きなおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は約5,000冊♪お気に入りの感想をちまちま書いています。

ピックアップシリーズ(勝手に命名)を時々やっていますが・・・
前回は好きな「受け」をピックアップしてみたのですが、受けがあったら、やっぱり攻めもあるべきでしょう!ということで、今回はまた独断と偏見により、好きな攻めをピックアップします。

個人的に受けか攻めかというと、受けが好きなんですよ。
その上、ギャップ萌えとツンデレ、泣いちゃうのも萌えるという好み。

そのため、そんな受けをガッツリ見守ってくれたり支えたりしてくれる攻めが好きです。男前で頼りになるとか・・・

今回も、パッと思いついた攻めをご紹介します。

成瀬楓太 by かわいい悪魔シリーズ

かわいい悪魔

かわいい悪魔

かわいい悪魔

[著]斑目ヒロ

かわいい悪魔シリーズは3巻。その他に、楓太の兄ふたりのお話がそれぞれ配信されています。

超俺様で、受けの秋吉のことなどおかまいなしで犯すように始まったふたりの関係。楓太は男女ともにモテモテなのに秋吉への気持ちは全然ぶれず、かなり一途。そして我がままそうなんだけど、実は秋吉のことを考えていることも多く、彼をすごく大切にしているというところが大好きです。

それに・・・色気もあって超かっこいい!!

烏堂 by 誤算のハート

誤算のハート

誤算のハート

誤算のハート

[著]緒川千世

烏堂は、男前という時にすぐ思い浮かぶ攻めですね。
落ち着きがあって高校生とは思えない!
自由奔放な三城や周りの目をよく見ていて頼りになります。

三城に振り回されていそうで、実はしっかり手綱を握っているような感じが好きだわ~~。

上田朝春 by ほんと野獣

ほんと野獣

ほんと野獣

ほんと野獣

[著]山本小鉄子

警察官の上田は、真面目でカッコいいイケメンなんだけど、ちょっと変わっていて誰に対しても平等な対応をしてきました。

彼女より近所のお爺さんとの約束を優先するなど、それは両親や弟が心配するほどで、特別な人を独占するような気持ちなんてなかった人。

それがヤクザの後藤田輝と付き合うようになってからは、嫉妬したりするわけですよ。まるでお手本のようないい人だった上田が変わっていく様子がすごく面白いし、心がほわほわしてきます。

輝がまたカッコ可愛いから、相性ぴったりなんですよね。

天真爛漫で無鉄砲な輝に振り回されながら、ヤクザのフリをした上田は超かっこよかった!!

甲斐真咲 by おかざきくんのすとーかー

いつもニコニコしていて、ふわふわしている甲斐真咲。
なんともにくめない雰囲気をかもし出しながら、ストーカーしつつ受けの幸のふところにしっかり入っていっちゃうところが好きですね。

読んでいるだけで、甲斐の空気が伝わってきて、ほんわかしちゃうんですよね。
彼を見ていると、ほのぼの心が温かくなります。

谷 by lie cry like

lie cry like【特典付き】

lie cry like【特典付き】

lie cry like【特典付き】

[著]yoshi : 阿賀直己

人気俳優・十和田のぞみの専属ヘアメイクにされてしまった谷が、かっこいい・・・

もともと好きな絵なので単純にカッコいいって思ったのも確かなんだけど、面倒見の良さと優しさが最高って思いました。

のぞみは、子供時代からの嫌な思い出のために、恐ろしくわがままで人付き合いに問題があるのだけど、それをスマートにさりげなくフォローする彼が、便りになるわけですよ。おしゃれだしね。

とても好きなカップルです。

長門 by ROUGE

受けの記事でも出てきましたが、この作品の攻めの長門はやっぱりはずせないでしょう。

もうめっちゃ男前!!
まっすぐな性格で、突拍子もない行動をしてしまうことがある藍をなだめるセリフにはしびれます。

一見、何も考えずに突っ走ってしまいそうなヤンキーに見えるのに、考えていることがそこらの大人よりしっかりしている時もあって、かっこいいわ~なんて思いますね。

美洞大和 by 赤と黒

ROUGEのスピンオフ作品。
攻めは美洞大和ではなく、矢萩由紀夫です。
このふたり、めちゃくちゃカッコいい・・・かっこよすぎなんですよ。

ふたり揃って頭が良くて、それぞれが常に先のことを考えて行動しています。由紀夫は、とにかく大和が一番。

彼のことを一番よく理解し、彼のために生きているって感じ。それをまた大和はわかっていて、彼もまたすべてを守ろうって思っているわけですよ。

極道の世界の中で、まだまだ若いふたりがすごい力を持ち始めるワクワク感と、お互いをもっとも信頼して愛しているところが最高にいいです。

知賀 by 生徒会長に忠告

生徒会長に忠告(1)

生徒会長に忠告(1)

生徒会長に忠告(1)

[著]門地かおり

天然男たらしの国斉に振り回されつつも、彼のことを思っていつも細かいところまで配慮する知賀。

お互い好き合っているし体の関係もあるのに、なかなか本当の気持ちが伝わらなくて・・・
でも、ハッキリ好きだと言うこともできなくて・・・

国斉のことを好きになっていくたびに、どんどん優しくなっていく知賀にキューンとします。
それにしても、知賀ってすっごく色気あるんですよね~。

ふたりの気持ちが通じ合うのは4巻なので、ぜひ読んでください。

真矢 by 酷くしないで

酷くしないで(1)

酷くしないで(1)

酷くしないで(1)

[著]ねこ田米蔵

真矢は、高校生編の頃まではそれほど目立って好きな攻めではありませんでしたが・・・
大学生編になってからは、超カッコイイ!と思うようになりましたね。

我がままな面があってチャラチャラしていたのが、だんだん頼りになる男になってきて、大学生になるとかなり印象が違います。

相変わらず嫉妬したりはしますけどね~。
髪の色が黒になったのも、違う印象に感じる理由かもしれませんね。

大学生編は4巻からです。

遥 by コイトモ!?

コイトモ!?

コイトモ!?

コイトモ!?

[著]萌木ゆう

カテキョ!のスピンオフ作品ですね。

カテキョ!では、主人公の倫太郎にちょっかいを出していた遥。
そんな彼が本気で好きになった相手は、人付き合いに慣れていない常磐先輩。

友情と恋愛の「好き」の違いを自覚させようとする遥はしたたかなんだけど、ちょっとした常磐先輩の行動や発言に振り回されることもあって可愛いです。

頼りになる男前というより、常磐先輩の気持ちをわかって引っ張ってくれるのは遥って感じ。
そして、一生懸命な面もあって好きですね~。

颯 by 1/365の恋人

颯は、高校卒業の時に隆史から告白されてから10年、ずっと年に一度の誕生日デートをしています。それは、自分より好きな人ができなかったらデートしてやると告白された時に行ったことを律儀に守っているからです。

この時は、それって優しいの?ハッキリ断った方が本人のためじゃない?とか思っていたのですが、自分の気持ちに気づいてつきあう決心をしてからの颯は、かなりの男前です。

堂々としているし、すっごく真摯な態度で隆史に本気で向き合おうとします。隆史が少し女々しいというか、ゲイだからこそ怖がったり隠したがるところがあるので、腹が座ってハッキリしている颯はすごいと思ったりしますね。

小島雅人 by アクマと契約

人気俳優の小島雅人が、ひょんなことで出会った新人俳優の涼介を付き人にし、一人前の俳優に育てながら恋人としても自分のそばで見守ろうとします。

涼介はもともと俳優として小島に憧れていましたが、すごい人気の雅人の方が涼介に執着するというのがすっごくいいです。自分の環境や立場を利用して涼介のためにと色々計画を立てたり、彼をすごく心配する様子など愛を感じますね。

仕事に厳しい彼が、涼介には甘々ベタベタ・・・
話の中で、涼介が付き人になるまでは近寄りがたかったという俳優の話もありましたから、どれだけ涼介に心を許しているのだろうと想像するとキュンキュンします。

ケイト by カフェラテ・ラプソディ

ケイトは、頼りになるとか男らしいとかは無縁(笑)
でも、すっご~~~く可愛くて大好きです。

大きくて超強面のミックス(両親がハーフとミックス)である恵人(ケイト)は、本当は可憐な少女のような心の持ち主。

書店員の芹沢と仲良くなって、人付き合いが苦手だった彼が心を開いていきます。
とにかく一生懸命で本当に可愛くてしょうがないです。

トラさん by トラさんと狼さん

トラさんと狼さん

トラさんと狼さん

トラさんと狼さん

[著]春野アヒル

何度見ても泣けるんだけど・・・
トラさんは、最初は狼さんに猫だと間違われるほどかわいいのですが、立派な虎に成長します。

小さな時は、子どもながらに狼さんのことを思って行動するところが超カワイイし、大人になってからは狼さんの体を労って愛すところに胸がギュッとしめつけられます。

大杉 by 何かいいの見つけた!

この作品は、大杉先輩に振り回される受けの小春が可愛いのだけど、ここまでマイペースな攻めの大杉も好きですね。相手のことを考えているようでピントがずれてるし、思ったまま動いちゃう時はかなり勝手なのに、なぜか憎めない・・・(笑)

好みは分かれそうなキャラですが、私はこのふわふわのほほ~んとした感じが好きです。

西園寺京介 by 新婚さん!

人が嫌いですっごく堅物の京介は、かなり危ないな~と思うようなキャラですね。

イケメンなのに「憎い」が口癖で、いつも文句や愚痴ばかり言っています。突然怒り出したり暴力的になったりすることもありますが、相手の宝がいつもうまい感じで手懐けているんですね。

だから、キャラ的にはあぶない人ってイメージなんだけど、実はとっても純粋で宝が好きでしょうがない人。切ない顔をするところはギャップ萌えですよ!!

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きなおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は約5,000冊♪お気に入りの感想をちまちま書いています。