ヤキモチはきつね色

BL漫画「ヤキモチはきつね色」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

狐憑きという特殊体質に悩んでいる大学生と、もふもふ大好きなイケメン大学生のお話です。
ケモミミ好きなら読んでおきたい作品ですよ♪

「ヤキモチはきつね色」
末広マチ先生の作品です。

ヤキモチはきつね色

漫画を安く買えるebookjapanですぐ読む!?
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

「ヤキモチはきつね色」のあらすじ

狐憑きという特殊体質に悩んでいた秋葉は、油断するとキツネの耳や尻尾が出てしまいます。
しかも、自分の意識はあっても、体を勝手に操られてしまうのです。

その力をなんとかしてもらうために、上京して親戚のお寺へ預けられることになりました。

しかし、お寺へ向かう途中に電車内で痴漢にあってしまい…
その時に助けてくれたのが、大学生の高橋ゆくり。

秋葉は、電車から降りてお礼を言うと無意識でゆくりに抱きついてしまって…
さらに、あわててキツネの耳まで出てしまった!!

やっとお寺に着くと、そこでまたゆくりに再会することになります。
ゆくりは、このお寺の次男坊だったのです。

ゆくりの前だとなにかおかしくなってしまう秋葉は、部屋でふたりになった時に豹変してキスしちゃいます。

「ヤキモチはきつね色」の感想(ネタバレ注意)

ヤキモチはきつね色
無料試し読みはこちらから

とにかく可愛い!!
めっちゃ可愛い!!

キツネのケモミミが出ちゃうっていうことだけでもキュートなのに、なぜか秋葉はゆくりが好きですぐに抱きついちゃうんですよね、無意識で。

そうなるのは、ゆくりが動物に好かれる体質らしいからという設定。
彼によって、普通の状態の秋葉とキツネに乗っ取られている時の秋葉とのギャップがよくわかるから、それがいいんですよ~~。

だけど、深堀りすると切ないな~と思う部分もあります。
それを最後まで楽しくうまくまとめているのがいいんですけどね!!

管理人管理人

秋葉の状況ってかなり深刻な問題なんですよ。

自分が思い出せないぐらい意識が飛んでる時もあって、ふと気づくと知らない場所にいたり、お金がほとんど財布になかったり、あぶない人と一緒にいたらしくて連れていかれそうになったり…

それって、キツネが勝手に行動しちゃってるってことなんだけど、困った…では済まされない問題ですよね。それに、突然そんな風になっちゃうからこそ、周りにバレないためにも秋葉本人の行動は制限されちゃうわけですよ。

だから、ゆくりと出会えたことで秋葉の行動の幅が広がるシーンはすごく幸せそうで良かったです。
カフェでパフェを食べたり、映画を観たり…

管理人管理人

寄り道して帰る?って言われた時のキラキラした顔が最高!

当然ながら、こんな日常を描いているシーンの中で、少しずつお互いへの気持ちも描かれていきます。それもまた自然で、納得できる展開になっています。

中盤近くなると、ゆくりの友人の隼人がやたらと秋葉のことを聞いてきて、後半になるとその理由がわかります。

これが唯一のハプニングシーン?って感じなんだけど、たいした問題でもありません。
隼人も悪い子じゃないですし。
いたずらは過ぎるけど…(笑)

最後はラブラブでハッピーエンドなんだけど、キツネもまたゆくりのことが大好きなわけで、ここぞって時に入れ替わっちゃう様子もほのぼのしていい感じです。

描き下ろしでは、なかなか進展しないふたりを気にして、一歩前進するために手をかそうとする様子も見れますよ。

「ヤキモチはきつね色」の感想ネタバレまとめ

キツネに憑かれる特殊体質の大学生と動物全般に好かれる大学生のお話。

末広マチ先生の作品は他にも読んでいますが、この作品が一番好きです。
絵もキレイだし、ストーリーにもほのぼの癒やされます。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。

ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分がもらえる!(初めての方限定)
また、定期的にクーポン配布やキャンペーン・セールもあるので安く漫画を買えます。
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「ヤキモチはきつね色」のあらすじや感想ネタバレでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。