愛しのXLサイズ

BL漫画「愛しのXLサイズ」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

アナコンダ級の巨根であるイケメンモテ男小林と超下戸で同じ大学による山本の童貞ふたりのラブラブストーリー。

「愛しのXLサイズ」
重い実先生の作品です。

愛しのXLサイズ

漫画を安く買えるebookjapanですぐ読む!?
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

愛しのXLサイズのあらすじ

大学生の山本蒼は、20歳になって人生初となる彼女を作るために、お酒ものめない超下戸のくせに日本酒研究会に入部します。

入部した理由は、いかにも飲みサーらしかったから。
しかし、真面目に日本酒を研究するサークルだった!!

女子はひとりもおらず、講習会で酔っ払ってしまった山本は、イケメンの小林に介抱してもらって目を覚ますた時には、彼の家でした。

不純な動機で入部した山本に対し、真面目に日本酒が好きだから入部したという小林。
しかも小林は、どう見ても稀代のイケメンでモテ男だというのに、彼女もいないし童貞だと言います。

その理由は巨根だから…

酔っ払っている山本は、小林に同情してしまって…

愛しのXLサイズの感想(ネタバレ注意)

愛しのXLサイズ
無料試し読みはこちらから
愛しのXLサイズ

アホエロもそうだったんだけど、この子らおバカですよね(笑)

それがめっちゃいいです!
アホっぷりがめっちゃ可愛い!!

最初は、本当に山本も同情だったんですよ。酔っ払っているから気も大きくなっているし。
だから、大胆に誘っちゃいます。

管理人管理人

裸になる時に、ちゃんと正座して洋服をたたんでから布団に横になるとか可愛い…(笑)

小林は、実家は酒造で、とにかくお酒が好きな彼が、飲まれてしまうことはないと思いますから、酔っ払っていなかったと思うんだけど…

なんだかんだ言いながら山本に流されて、結局ふたりは最後までエッチしちゃったのは、山本の行動が嬉しかったからではないかな~~。

ずっとすごい人数の彼女に避けられてきた巨根ですからね…
自らチャレンジしてみようって誘ってくれたのなんて、山本ぐらいだったはず。

それに、男だからって気持ちなんてふっとんじゃいますよね。
だって、女性では受け付けられなかったのだから。

体だけの問題ではなく、巨根が問題で精神面でも拒絶されて悩んできたであろう小林にとって、山本は一気に好きになってしまうほど、唯一自分を受け入れてくれた人物だったのだと思いました。

そう考えると、まったく違和感ないですよね。

これがきっかけで、ふたりはお互いを意識することに!

山本は酔っ払っていたから、エッチのことはあくまでもノリだったのでしょうが、一度やってしまったら忘れることもできず、のめり込んでいくのもわかります。

管理人管理人

イケメンに優しい言葉をかけられてはね~~~(笑)

そして、この作品というか重い実先生の作品では、途中でめっちゃアホだ~~と思えることが多々入ってくるんですよ。それがまた可愛い!!

例えば、この作品では、自分の気持が不安定だと思った山本が、鬱っぽいのを治すにはケツの穴を太陽光線にあてるといいというのを聞いたことがあると、窓に向けて下半丸出しでお尻を向けるとか。しかもそれを小林に見られます。

さらに、その小林が来た理由というのが、毎回パンツを履き忘れて帰るから6枚も置きっぱなしで届けに来たとか(笑)

それに、山本は彼のためを思ってマジで小林のために素敵な彼女を見つけてあげなくてはと思い、小林は山本が好きなのにハッキリ言えずに、彼が誰かに誘惑されないか気になってしかたがなく、ストーカーみたいに…

つきあいだしてからもラブラブで、もう可愛いとしか言えない!!

愛しのXLサイズの感想ネタバレまとめ

巨根ということで、かなりエロいんだけど、ふたりの気持ちはめっちゃピュアです。

可愛いを連発してしまいましたが、このふたりってとても優しい子でもあるんですよ。
それが読んでいて心地よいです。

さらに、面白くてほのぼのさせてくれつつ、エロも満載で満足度の高い作品です。

続編や同棲編の短編・バラ売りも配信されていますから、ぜひ読んでみてくださいね!

愛しのXLサイズ・続
無料試し読みはこちらから

愛しのXLサイズ@姫はじめ
無料試し読みはこちらから

愛しのXLサイズ 同棲編@エスパー
無料試し読みはこちらから

愛しのXLサイズ 同棲編@長所
無料試し読みはこちらから

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。

ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分がもらえる!(初めての方限定)
また、定期的にクーポン配布やキャンペーン・セールもあるので安く漫画を買えます。
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「愛しのXLサイズ」のあらすじ・感想ネタバレ!でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。