ワルイコトシタイ ワルイ王子でもスキ

BL漫画で大人気の「ワルイコトシタイシリーズ」第11作目である「ワルイ王子でもスキ」。
あらすじや感想をまとめました!

永遠が嫉妬するようになった!?
しかし、帝とケンカしてしまって…

「ワルイ王子でもスキ」桜賀めい先生の作品です。

ワルイ王子でもスキ

漫画を安く買えるebookjapanですぐ読む!?
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

ワルイ王子でもスキ あらすじ

生徒会長の帝と、おバカな天然ヤンキーの永遠はエッチをする関係。
相変わらずラブラブなふたりですが、人気のある帝に対して永遠は嫉妬を感じるようになります。

それに気づいている帝は、焦ることなくじっくり永遠の反応を堪能しながら進展していこうと考えています。一方で永遠は、イライラしながらも、まだお付き合い認定されていないのだと気付き、より焦ってしまいます。

そんなふたりが、初めてのデート。
帝の兄である七王にアドバイスももらって、楽しい時間を過ごしていましたが、紅城の登場によって、喧嘩をすることに…

仲直りをしたいのに、生徒会副会長のユキにジャマされて会わせてもらえない永遠。
それを見かけた東雲に、最近噂になっているなんでも屋のことを教えてもらいます。

ワルイ王子でもスキ 感想(ネタバレ注意)

ワルイ王子でもスキ
ワルイ王子でもスキ

やっと永遠もスッキリしたでしょ!って感じで、読んでいる方も一安心したような漫画でした。

今までふたりの作品は何冊も出ていましたが、なかなか永遠がおバカで進展しなかったから、やっとここで恋人認定か!って感じ(笑)

結果は、良かったけれど、やっぱり初めてのデートがダメになったのは可哀想でしたね。

あとで、永遠がそのことにふれるセリフがあって、切なくなっちゃいました。
なんか、永遠が悲しい顔をすると、読んでいる私までキューンと切なくなっちゃう。

今回は、紅城がデートだけではなくて全体的に絡んできますが、彼はどういうつもりだったのか。

このお話だけではちょっとわかりづらいけれど、後に発売された「性悪オオカミが恋をしたらしい」を見ると、紅城の性格がわかるので納得できます。

あとは、ひとつだけ気になったところがあったかな~。
個人的にそう思うのだけなのか…セリフがちょっと不自然だな~って部分が一部ありました。

え~っ!今までの永遠ならこんな言い方しないんじゃない?みたいな。

今までのお話を全部読んでいる方なら、同じことを思う人もいるかもしれませんが、初めて読むなら気にならないでしょう。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。
ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分もらえるから安く買えます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから