オタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

BL「僕を悪い子にして」あらすじ・感想(ネタバレ注意)秘密から始まった恋

WRITER
 
僕を悪い子にして
この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら

この記事では、BL漫画「僕を悪い子にして」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめています。

愛し方を知らないふたりが、お互いを愛して愛されるお話。

「僕を悪い子にして」
灰田ナナコ先生の作品です。

僕を悪い子にして

僕を悪い子にして

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

僕を悪い子にしてのあらすじ

成績優秀な優等生・白石真は、クラスメイトでお金持ちの不良・不動斗真にある秘密を知られてしまいます。

黙っていてほしい真は、可能な範囲で何でもすると言いましたが、不動が求めたのはセックス。
しかも、一度ではなく何度も抱かれることに…

そして真は、自分の秘密と同じ秘密を不動自身も持っていたことを知ることになります。

その後、不動から開放された真。
ところが、嬉しいはずなのに何か釈然としません。

そして、クラスみんなが参加した花火大会の出来事で、彼の気持ちは変わっていきます。

自分が彼のことを好きだと自覚したのです。
その気持を聞いた不動は…

愛を知らないふたりが、同じ秘密を持った者同士で、愛し方を知っていくお話です。

スポンサーリンク
blankblank

僕を悪い子にしての感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレになる可能性あり)

まず初めて読んだ時に思ったのは、真と不動がかっこよすぎる!!ってことでした。しかもタイプが真逆ですから、すっごくお得な気分にまでなってくる…

そして、この作品の面白さは2巻読むことで面白さが倍増します!!

オタク主婦

1巻だけ読んだとしても、ふたりがラブラブになって大満足なところで終わるのでキリはいいんだけど…

2巻を読むと1巻で知った出来事が少々違っていたり、1巻では詳しく描かれなかった不動の気持ちがわかるので、すごく面白いわけですよ。
ざっくり言うと、1巻は真が救われ、2巻は不動が救われるストーリーですね。

まず1巻では、真には秘密があって毎日怯えて暮らしていることがわかる内容から始まります。

とにかく真面目でコツコツ努力するまさに優等生なのだけど、メンタルは弱く自分に自信がないので、本当は誰かに頼りたいんですよね。

そしてある日、不動に秘密がバレてしまうんです。

彼らに共通している秘密というのは、実の親に虐待され心も体も大きなキズを持っているってことです。そして、本当は寂しがりやで愛されたいということ。

とはいえ、不動は養子縁組でお金持ちの不動家に引き取られたために、今は恵まれた環境で生活しています。
ところが、愛されているかと言うとそれはまた違って、彼はやさぐれているんですよね。

スポンサーリンク
blankblank

その後ストーリーは、真が不動に犯されたりするものの、不動もまた自分と同じだったと知ってだんだん好きになってしまう流れへ。

ここで、「なんでレイプされたのにあっさり好きになるの?」って思う人も多いと思うんだけど…

ひどい暴力を受け慣れている真にとっては、不動に犯されたのも同じような恐怖だったはず。
だけど、チラチラと見せる優しさもあって、父親の暴力とは違う何か…あるいは恐怖以上の何かを感じたのだと思いました。

不動は誰にも言えなかった秘密をわかってくれるたったひとりの特別な存在なわけですからね。
これってすっごく重要ポイントだと思いますよ。

「虐待を受けていたという共通点があるから惹かれたのか?それだけで?」って思う人もいるでしょうが、それって十分な理由じゃないですか!!

本当に追い詰められる状況にいたら、自分の気持ちを理解してくれる人に絶対的な信頼を寄せてしまうことだってあるでしょう。
同じ辛い経験をした人にしかわからない気持ちってあるはずですし、恐怖以上に身近にいたいと思ってしまうのも納得です。

だから私は、好きになっちゃう気持ちはすっごくわかります!

そんな真に対して不動は、最初は本当に暇つぶしってつもりだったようで…
だけど、同じ恐怖を知っているからこそ、放ってはおけなかったんでしょう。

そして、真には自分しかいない…とハッキリ自覚した時に、彼もまた自分には真しかいないって気づくんです。真に必要とされることが彼にとってはすごく嬉しいことだったから…

1巻の最後はもちろん、描き下ろしも最高でしたよ!
エロくてラブラブです。

そして2巻になると、高校を卒業して大学生になったふたりのお話になります。

怯えていることの多かった真がかなりしっかりしていて、逆に不動が弱いところを見せることに!!

まず、不動が真を溺愛して結構縛り付けるんですよね。
不動に甘えず自立しようとする真に一人暮らしを許さなかったり、バイトすらさせません。

そして、彼の過去が描かれており、養子として引き取った義父も登場。
実の両親にひどい目に合わされながらも素直で明るかった彼が、途中で今のように冷めて無愛想になった原因もわかります。

ひょんなことから、不動の義父と会った真によって、不動の心の傷も癒やされることに…

真が、そんな顔見たことないって思うぐらいに変わるんですよ!!
1巻の最後のエッチもラブラブでキュンとしたけど、2巻はふたりの心がスッキリ晴れたあとのエッチなので、よけいにキュンキュンします。

僕を悪い子にして

僕を悪い子にして

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

僕を悪い子にしての感想まとめ

心と体に傷を持ったふたりが、お互いを癒して幸せになるお話でした。

それはもうラブラブなので大満足!と言いたいところだけど…
ひとつだけ残念って思うところはあります。

それは、不動の義父の部下のこと。
彼が、せっかく養子に行って幸せになってきた不動の心を捻じ曲げた原因なんだけど、この男がギャフンとするところが見たかった~~。

とはいえ、ふたりの甘々な様子を見て、我慢します(笑)

他にも短編が配信されているので、それも読んでみてくださいね。

 

以上「BL「僕を悪い子にして」あらすじ・感想(ネタバレ注意)秘密から始まった恋」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら