とろける噛み痕

BL漫画「とろける噛み痕」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

クールな同級生にガツガツ攻められて…
居酒屋のトイレで襲われてしまいます。

「とろける噛み痕」
羽純ハナ先生の作品です。

とろける噛み痕

今すぐ読みたい方はこちらから
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

「とろける噛み痕」のあらすじ

大学の中で派手なグループにいる英智(えいち)。
そんな彼のことをいつもじっと見てくるのが同級生の仁野(じんの)。

英智は、気がつくといつも自分を見ている仁野が気に入りません。
興味ありませんという顔をしながら、それなのにしつこく観察してくるから。

そんなある夜のコンパで、無表情が崩れるところを見たいと思った英智は、仁野に声をかけて酔い潰すことに成功します。

しかし、自分が介抱をまかされて送り届けなければならなくなり…
居酒屋のトイレで仁野に襲われてしまいます。

「とろける噛み痕」の感想(ネタバレ注意)

とろける噛み痕
無料で試し読み!(ebookjapan)

羽純ハナ先生というと獣人オメガバースの作品が人気なので、それを意識してしまうとちょっと違うという印象かもしれません。

私は好きですけど、好みは分かれるかな~と思います。

英智は快楽に弱くて、認めたくないけれど仁野の行動にキュンキュンしちゃったり、ドキドキさせられちゃうんですね。

それは襲われてすぐのことだから「なんで?」と思う人もいるかもしれませんが、あれだけいつも見られて意識させられていたら、流されちゃうのもあるかと…

そして、仁野の予想を超える行動に振り回されている間に、好きだという自分の気持に気づきます。

一方で、そんな英智を振り回すような行動ばかりとる仁野は、かなり天然入ってますよね。
最初からずっと考えていることや行動がズレているからこそ、英智が振り回されることに…

さらに、本能で動くばかりで「好き」というような恋愛要素には鈍感。
そのため、英智がイライラさせられるんですよ。

管理人管理人

私はツンデレ受け大好きなので、英智はめっちゃ好きだわ~~~。

そもそも無自覚な仁野は、自分からしつこく見てきたり襲ったりしたくせに、大切なところでは何もしないんですよ。そんな彼に対してイライラ怒りながらも一生懸命な英智が可愛いです。

結局、仁野のことを「仁ちゃん」とか呼んじゃってるし…(笑)

とはいえ、本能のままか??と思うほどの仁野のがっつきっぷりも良かったですね。

寡黙なのでわかりづらいですが、どれだけ英智のことが好きなんだよ!!という部分がちりばめられていて、ほのぼのするところも多いです。

特に好きなのは…
英智が友達と遊びに行く約束をしていても、「英智はダメ」と言って抱きしめて話さないところ!
えっ!?そこまで束縛しちゃう???って感じ。

高校からつきあって別れていた元カノも登場するんだけど、彼女の存在とエピソードによって、どれだけ仁野が英智に対して執着しているのかがわかるのも良かったです。

何度英智が注意しても、噛み痕をつけちゃうところも、仁野の愛の表現なんだろうな~なんてキュンとします。

最後に…
本能で行動するクールなイケメン仁野と、八方美人でチャラいイケメン英智のお話でした。

お互い、実はとっても一途なタイプ。
なかなかお互い噛み合わないなりに、ラブラブになっていきます。

タイトルの「とろける噛み痕」というのも、噛みたいとか噛まれたいなどの性癖的なことではありません。ふたりを結びつけるキーポイントになっています。

まずは、気軽に立ち読みしてみましょう!
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

この作品を購入可能な電子書籍ストア厳選6選

作品名か作家名で検索してね
↓↓↓
ebookjapanボタンU-NEXTボタン
コミックシーモアボタンBookLive!ボタン
まんが王国ボタンAmebaマンガボタン

公開日(更新日)時点の情報です。最新の配信状況は、各電子書籍ストアでご確認ください。

こちらの記事で、各ストアのおすすめポイントを詳しくまとめています。
↓↓↓

特におすすめの電子書籍ストアはここだ!

管理人管理人

ebookjapanがイチオシ!
BL漫画を安く購入できる電子書籍ストアだから♪

ebookjapanなら、初回ログイン時に50%OFFクーポン6回分がもらえます!
(最大3,000円OFF)
さらに、キャンペーン・セールが多く、定期的にクーポンが配布されたりもします。

安いだけではなく、漫画の品揃えの多さなど総合的にバランスの良い電子書籍ストアです。

無料登録は簡単!
Yahoo!IDを持っていたら登録すら不要です!
↓↓↓
ebookjapanにログインしてクーポンをゲット!

以上、BL漫画「とろける噛み痕」のあらすじや感想ネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました。