キスミースイートスティンガー!

BL漫画「キスミースイートスティンガー!」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!
キラキラのトップアイドルが、自分を護るSPである萌系ゴリラに猛アタック!!

「キスミースイートスティンガー!」は、筋先生の作品です。

キスミースイートスティンガー

漫画を安く買えるebookjapanですぐ読む!?
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

「キスミースイートスティンガー!」のあらすじ

国民的アイドルグループである「with」のセンター・花苑アンリ。

アンリはストーカーに狙われており、そんな彼のことを常にそばにいて警護しているのがSPの渡里。パパラッチや許可なく強引な取材をしようとする人からも常にアンリを護っています。

ゴツくて強面の渡里ですが、そんな彼のことがアンリは大好きで、気持ちを隠すこともなくワンコのように甘えたりしていました。

そんなある日、「with」のリーダー・ケイタの熱愛報道が!!
生放送でリーダーが問い詰められると、アンリは彼を守ろうと渡里にキスして公開プロポーズをしてしまいます。

そして、SNSでトレンドワードが爆誕!!
「萌系ゴリラ」

ここから大きく変わっていくアンリと渡里の関係
果たしてふたりはどうなる?ストーカーは!?

「キスミースイートスティンガー!」の感想(ネタバレ注意)

キスミースイートスティンガー
無料試し読みはこちらから
キスミースイートスティンガー

芸能系とかアイドルのお話って好きなので読んでみたんですけど、すごく好きな作品でした。
ほのぼの楽しく癒やされます。

管理人管理人

そう思えるのは、登場人物のキャラがすごく良いからでしょうね。

まずはアンリと渡里。
このふたりって、タイプが正反対なんですよね。

アイドルのアンリは、それはもうキラキラしているわけだけど、見た目だけではなくて心もキラキラ。

明るくて素直で隠し事なんてできないから、何でも相談しちゃうし公開してしゃべっちゃいます。渡里とのプライベートのこともペラペラしゃべっちゃう(笑)

テレビの生放送で公開プロポーズをしたのも、一番の目的は熱愛報道からリーダーを守ることだったのでしょうが、本気で渡里に気持ちを伝えたいって気持ちもあったはず。

そうでなければ、誰にでも優しく心遣いができるアンリが、渡里に迷惑がかかると誰にでもわかるような行動をするはずがありません。

一方渡里は、とにかく真面目。
仕事に私情を挟むことなどはありませんから、そこがまたアンリとの行動と真逆になっているわけです。

常に、気持ちをあらわにしてくるアンリと、無表情で黙々と働く渡里…

また、渡里はアンリのように自分の気持ちをハッキリと言ったり相談することができないため、過去の傷をずっと心に溜めています。

その心の傷が、アンリとはつきあえないという気持ちにつながって、誰もがふたりのことを知るようになってからも、スムーズに恋人にはなれません。

中盤からは、渡里の心の傷や過去がわかるシーンがちょろっと出てくるのですが、ここからアンリと渡里の関係が少し変わっていきます。

管理人管理人

アンリが超男前!!
渡里がどんどん可愛くなってくる!!

そして後半は本当にいいですね~~。
お待ちかねのストーカー撃退から、恋人になるって展開ですね。

「with」のツアー中の話になるんだけど、アンリはスタッフに渡里を口説くためにイチャラブすると宣言をして本気で堂々とチューをしてアピール…

ほのぼのして笑わせてくれたあとに、ストーカーが誰だったのかもわかって、撃退シーンも入ってきます。

ストーカーの撃退シーンも、笑える中にビシッとカッコいい渡里が描かれたりして、すべてにおいて「ほのぼの」「笑い」「キュン」のバランスが良い作品です。

アンリと渡里以外のキャラも最高!!

「with」のメンバーはもちろん、マネージャーやスタッフたちもふたりを見守っていて、それがとっても良かったです。ラブラブを後ろからニヤニヤ見ているとか(笑)

「キスミースイートスティンガー!」の感想ネタバレまとめ

意外な組み合わせのカップルのお話でしたね。
笑いとほのぼのキュンキュンしてしまう癒やしのバランスの良い作品でした。

エッチシーンは3回あるけれど、事後のシーンが笑えて好き(笑)
アンリはツヤツヤでキラキラなのに、渡里はキスマークだらけでボロボロ…

アンリの溺愛っぷりがよく描かれています。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。

ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分がもらえる!(初めての方限定)
また、定期的にクーポン配布やキャンペーン・セールもあるので安く漫画を買えます。
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「キスミースイートスティンガー!」のあらすじや感想ネタバレでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。