セックスドロップ

「セックスドロップ」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

クールな隠れゲイ×ゆるふわオープンゲイの最高にエロくてキュンとするお話。

「セックスドロップ」
しっけ先生の作品です。

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

セックスドロップのあらすじ

毎日色々な相手とエッチしているヤリチンの大学生・黄海(きうみ)。
彼は自分のことをまったく隠す気もないオープンゲイです。

そんな彼を嫌いだと思っていたのが、同じゼミの隠れゲイ・黒木。

ある日、サイトで知り合った子に騙されてAV契約させられそうになった黄海は、酔っぱらいながらもなんとか逃げ出します。

そこでバッタリ会ったのが、飲み会帰りの黒木。
まだ追われていることに気づいた黒木は、自分の家に黄海を連れ帰ります。

黒木の家に強引に連れ込まれたと思った黄海は、黒木がその気だと勘違い…
イラッとした黒木は、痛い目に合わないとわからないだろうと、逆に黄海を拘束して抱いてしまいます。

初めて抱かれる側になったタチの黄海は、気持ちいいと思っちゃって!?

セックスドロップの感想(ネタバレ注意)

オープンゲイと隠れゲイのキュンとするお話です。

黄海は、大学のゼミでも友達に大声で話しちゃうほど、自分がゲイであることも毎日違う相手とエッチしていることを隠していません。

その話を同じ教室でいつも聞いている黒木。
彼は隠れゲイなので、黄海が目立つことが気に入らないんですよね。
自分もより人の目を気にしないといけなくなるから…

そんな対象的なふたりが、ひょんなことでエッチをすることになっちゃいます。

このふたりって、本当にタイプが真逆なんですよ。

黄海は、とっても素直で自分の感情はすべてさらけ出すタイプ。
ヤリチンではありながら、いつも話を聞いてくれる友達がいたり、トラブルなくセフレとエッチできているのも、彼の性格ならではなのでしょうね。

だけど、とっても危なっかしい!!

黒木とエッチするきっかけになったのも、そもそもは騙してAV出演の契約をさせようとした奴らから逃げるきっかけだったり、タチでありながら黒木に抱かれてしまったのも、余計なことを言ってイラッとさせたから…

そんな彼に対して黒木はとっても冷静沈着です。
クールで何を考えているのかわからないってぐらい…

最初に黄海を抱いたのも、お仕置きって感じでしたね。

そして、こんな間逆なふたりが恋するようになるのは、その最初のエッチが発端でした。タチだった黄海は、ネコの気持ちよさを知ってしまい、黒木に抱かれたいと思うようになるからです。

だけど、誰でもいいわけではないんですよ。
黒木に抱かれたいんです。

たぶん、彼にとって黒きに抱かれたことは、いつもしているエッチとは違って特別なことだったんでしょうね。

この作品の最も良いところは、このあたりからになります。

黄海も黒木もお互いを好きになるのだけど、最初は無自覚なんですよ。
ストーリーの中でも、ここから好きになったんだろうとハッキリわかるような事件などはありません。

確かに、ちょっとした出来事はあるんだけど、それはハッキリ本人が自覚する流れであって、いつから無意識に好きだったのか?っていうのはわかりづらいです。

管理人管理人

だけどそれがいい!!
ストーリーの流れの中で、チラッチラッと本音が出てくるのがナイス!!


いつの間にか、気づけば黄海は黒きを独占したくなっていて、黒木は自分とエッチしたがったり独占したがるわりに好きだと言わない黄海にイラッとしたりしてるんですよ。

そして、後半は特にいいですよ!!
もう黄海が可愛すぎる!!

今まで恋をしたことのない子が、急に恋に気づいてどうすればいいのかわからない的な…一途で健気…

黒木は、黄海と関わりたくないと思いつつも、どうしても放っておけなくて結局また黄海を助けに走ったりします。

そのあとに、お互いに好きだと話をするシーンはとっても良かった♪

最後の方は、黒木の行動に注目です。

はっきりと恋人になりたいと言いながら、自分のことをまだ嫌いかと聞いた黄海に対し、嫌いじゃないと返事をする素直じゃない黒木…

そんな彼が、事後に寝る際、セフレに恋人できたから相手はできないとLINEに投稿していたり、ぐっすり寝ている黄海のおでこにこっそりキスしたりするんです!!

最後の最後の終わり方もキュンキュンするので、ぜひ読んでみてください。

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

セックスドロップの感想まとめ

ストーリー的には、タイプ真逆のゲイふたりが、エッチをするようになってお互い惹かれ合っていくお話です。

エロ度は高いし、エロシーンも多いです。

だからこそ、後半に不器用で一途な恋心が描かれると、よりキュンキュンしちゃうんですよね。
エッチしている最中の様子が、最初と最後では違ってきますから…

受けの黄海はヤリチンという設定でしたが、とっても良い子だったのがこの作品の魅力のひとつでしょう。
黒木が最初は嫌いだと思いながらも惹かれてしまう理由もよくわかるし、そんな黒木の見せない優しさやチラチラ見せる本音が最高にいいです。

以上「BL「セックスドロップ」あらすじ・感想(ネタバレ注意) クールな隠れゲイ×ゆるふわオープンゲイ」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】漫画は安く!動画は見放題!
blank