BL<苦いのテーマ>愛する人を裏切って感じた苦味

本能的に惹かれるままやってしまった大きな間違い・・・
苦いのテーマ
阿部あかね先生の作品です。

苦いのテーマ あらすじ

幼なじみで中学生の頃からずっとラブラブで付き合ってきた新と夏樹は、進学を機に同棲を始めます。夏樹は大学へ、新はトリマーの専門学校へ進学。

そんなふたりの前に男前の涼真が現れます。
涼真は、新とは銭湯で会ったことがあり、夏樹が入ったサークルのリーダーでもあります。

夏樹は、涼真に対して良い印象を持っていませんでしたが、接しているうちに優しくて影のある一面を知ります。

そして、サークルの合宿に参加した時、涼真に想い人がいるだろうと気づき・・・
夏樹は涼真を誘って体の関係を持ってしまいます。

苦いのテーマ 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

タイトルの通り、苦い!!
そして、すごく面白いです。

ざっくり言ってしまうと、愛する人がいながら浮気をしてしまい、もう一度やり直すというお話。
これは賛否両論ある漫画ですね。

特に、恋人を裏切って浮気した夏樹への反応は色々かと思うし、クズ男だという人もいるでしょうね。
「自分から先輩を誘って浮気エッチするなんて最低」と思う人も多いでしょう。レビューでもかなり厳しい意見があるようで。

読む人の考え方によって評価はかなり変わる作品です。

でも、私は夏樹が好きなんですよね。もう何度も読み返しているけど、やっぱり夏樹が好きです。
もちろん新も好きですけど、あの夏樹のダメっぷりが人間らしくて憎めないのです。

そんなわけで、この漫画を読むと、黙っていても新も先輩もすごくいい人だと思えるはずなので、許せないと言われてしまう夏樹に対しての感想を書きます。

確かに浮気はダメというのは正論。
夏樹の場合も、新を裏切って傷つけたことは本当に最低だけど、先輩に本能的に惹かれてしまったという点では、許してあげたいということ。

夏樹と新は中学からラブラブでずっと一緒という設定なので、学生時代のシーンを見ても、昼間に学校が違ってお互いの目の届かないところで生活するのは初めてなのでは?

そんな新しい生活環境の中で、目の前に人望があってカッコよくて優しくて気遣いができるというパーフェクトないい男が現れたら、グラグラ気持ちが揺れたり、惹かれてしまうこともあるでしょう。

漫画の中では、合宿に行く前から胸がムズムズして手の感触が忘れられないなど、夏樹が本能的に涼真に惹かれていることがわかるシーンがちょくちょく出てきます。そして合宿の時に見た本命らしき男と甘い声で電話をしている涼真の顔・・・

勝手な想像ですが・・・
テントでふたりきり、しかもそれは最初に新とエッチしようと思っていたシチュエーションです。気になっていた涼真に本命がいるとわかった夏樹は、このカッコイイ男にその相手は抱かれているのだろうか?自分も抱かれてみたいと魔が差したのではないでしょうか?

それが嫉妬心だったのか、興味だったのかなど夏樹の気持ちはわかりませんが、「何でやっちゃたんだろう」って思っていますから、自分では冷静な判断はできていなかったことは確かです。

バレたあとで、新が「分かんないよ、なっちゃん何考えてるの?」と言うシーンがあるのですが、夏樹自身も自分の気持ちがわからなかったのではないでしょうか。

ピチピチの10代ですからね~。
惹かれて、うっかり夢中になって流されてしまうことはあるのかと・・・
こういうところが人間の弱さを表していて、リアルに感情移入して、後半も怒りとかなく単純に夏樹のためにも私は泣けます。夏樹はバレたあとに、言い訳もせず新に対して誠実でしたから。

もちろん、新は何もしていないのにすごく傷つくことになるから一番つらくて泣けてしまいますが・・・私にはどうしても夏樹は憎めないんですよね。ていうか、好き。

エッチをして浮気をしてしまったあとは、新とは違う快楽も知ったり、涼真に振り向いてほしいと思うなど、彼のことを考えているのだろうと思わせる感じでした。しかし、だんだん新を失うことを平気でしていることへの後悔と罪悪感につぶされそうになっていきます。

バレた時に、最後だからもう一度エッチしようと誘ってしまっていたのは、これで元に戻れるんだからという甘えと愚かさ。バカだよな~とは思いますが、バレたあとは、かなり健気で応援したくなります。

当然ながら、新は浮気している現実&自分の彼が他の人を誘っているところを目の当たりにして、どれだけつらい思いをしたのかと想像できないほどですね。まさに号泣ものです。

だけど、私は夏樹もまた自業自得とは言え、かなりのダメージを受けてしっかり反省したのだと思っています。新は、自分から今後どうするか選択する余地がありますが、夏樹はそれに従うしかないわけで、自分の半身と思っていた彼との別れに対する恐怖と、自分のやった愚かさへの後悔と辛さはすごいものだったと思うのです。

だからこそ、新は一度お互いの心をリハビリするために離れようと言ったのではないかな~。
そして、自分の心の整理をした新は、夏樹の変化も感じて再スタートできると思って、会おうと言い出したのではないかと思っています。

新は、懐が深いすごく強い人でした。まさに男前。
先輩もすごく良い人だったので、幸せになってほしい!
夏樹は、おバカだったけど、すごく後悔して一生懸命だったので、がんばれ!って思いながら読みました。
大きな失敗をしてしまった夏樹だけど、失敗したあとの彼のことも見てほしいな~。

賛否両論ありそうな漫画ですが、私は、阿部あかね先生の作品の中で一番好きな作品になりました。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村