BL【ROUGE】ヤンキー学校の胸キュンストーリー

桂小町先生の作品
ROUGE
桂小町先生の作品は絵が好きで、それだけで大満足なのですが、この作品は中でもストーリーも含めてダントツでめちゃくちゃ好きです。

ROUGE あらすじ

八洲高校の2年に、前の学校で女子生徒をやり捨てした教師を殴って転校してきた長門。
喧嘩が強く曲がったことが大嫌いな性格の長門は、絡まれたために2年の頭だった神崎を倒してしまいます。

そんな彼の様子を見に来たのが、学校を仕切っている3年美洞大和の派閥の幹部である加賀藍でした。
美人な藍を女だと思ってしまった長門は殴られて・・・

それ以降、藍のことが気になって、何度も声をかけるのですが、お前に興味はないと相手にされません。

しかし、しつこい長門に少しずつ藍も心を開くようになって・・・

藍の忌まわしい噂と真実。
大和に忠誠を誓っている藍と、藍を自分のものにしたい長門、そして大和たち学校のみんなの物語です。

ROUGE 感情教育

ROUGE 感情教育

ROUGE 感情教育

[著]桂小町

ROUGE 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!
とにかく大好きな作品です。

桂小町先生の描く絵がとても好きで、伏し目がちな顔とか最高に好きです。
特に受けは、どの作品でも非常に色っぽい目をするんですよ。特にこのROUGEの藍と、花と純潔の弥生は最高にいい目をしています。女性より色っぽいって何?とか思ったりしますから(笑)

この作品は、とにかく登場人物のキャラが最高に良いですね。
主人公の長門は、とにかく真っ直ぐで男前。ちょっとおっちょこちょいだったりするけど、男前ってこういう人を言うんだなと思うぐらい、いざとなると超頼もしくてカッコイイです。

藍は、今まで愛されることに飢えていて、自分を助けてくれた大和さえいればいいという感じだったのに、長門に愛されて少しずつ変わっていくところがなんとも切なくて愛しいな~と思います。

この作品の続きに、「ROUGE 感情教育」と「HIGH SCORE NIGHT!!」という短編があるのだけど、それを読むと藍が愛されることに慣れていく様子がわかって泣けてしまいます。

ただ、この続きの2作品は、新しく最近配信がスタートした「赤と黒」に収録されていますから注意しましょう。私は当然ながら桂小町先生の作品が出たら速攻で買うのだけど、「赤と黒」の1巻の半分がこの2作品でがっかりしてしまいました。
持ってるのに~~~(泣)もっと赤と黒の先が読みたいのに~となるので、気をつけてくださいね。

その「赤と黒」のメインのふたりは、「ROUGE」でも超カッコ良かった美洞大和と矢萩由起夫です。
「赤と黒」はまだ途中なので改めて感想は書きますが、ROUGEでのふたりの存在感は半端なかったです。特に大和。

男前すぎるでしょう!!
本当に高校生なのか?と思えるぐらい懐の深いの男でした。

藍だけが学年が違うので、残される彼のことを心配している様子はチラチラ出てきます。
そしてラストの卒業式の日のセリフ・・・あ~~~・・・泣く!!

その言葉は、藍のことを大切に思っていることがよくわかり、そして藍を開放してあげる言葉でした。

その後の藍は、初めて長門とエッチするんだけど、やさしい長門と幸せそうでまた泣けます。

この漫画は、大和が藍のことを思う気持ちや長門を心配する仲間たちなど、恋愛だけではなくて師弟愛とか友情とか色々なことが描かれている漫画でした。

HIGH SCORE NIGHT!!

HIGH SCORE NIGHT!!

HIGH SCORE NIGHT!!

[著]桂小町

桂小町先生の作品感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村