異国の王子様と一般青年の恋!BL『太陽の貴公子』

キラキラの王子様と旅行ガイドの真面目な青年の恋物語。

太陽の貴公子
円屋榎英先生の作品です。

太陽の貴公子

太陽の貴公子

太陽の貴公子

[著]円屋榎英

太陽の貴公子 あらすじ

旅行会社で働いている斉藤光は、海外搭乗員になるための資格試験に落ちてしまいます。
がっかりしながらも、新たにがんばろうと思いながら帰宅途中、行き倒れの金髪外国人を拾います。

高価なスーツを来た美しいその青年はレオといい、光が旅行ガイドの仕事をしていると知ると、ガイドとして雇うと言い出して…

光は資格取得の願掛けでとっていた有給休暇があったため、レオを居候させて、ガイド役を引き受けることにします。

ワガママで態度が大きいレオ。
そして光が気に入り「私のものになれ」と抱いてきた!!

異国の御曹司と、まっすぐで芯の強いリーマンの恋物語です。

太陽の貴公子 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

円屋榎英先生の漫画は、絵がとても好きで作者買いします。
それに、ストーリー重視の方も楽しめる作品ばかりで、いつもハズレがないので好きなんです。

この作品は、光が有休をとっている間の話なので、かなり展開は早いです。
でも、そこをうまく描いているので、あれ?っと思う部分はありませんでした。

レオは、まっすぐ真面目に努力する光を見て自分自身も変わっていきますから、光がレオに与えたその影響力は強いですね。今まで自由のなかった環境や生活をガラッと変えることができるとわかったぐらいですから。最初は単純に気に入ったというスタートだったのが、本気で好きになっていくのも納得です。

光の方も、レオのキラキラした美しさや存在感、人を魅了する力などに惹かれていき、彼の置かれている環境を知っていくことでレオの行動を理解していきます。

たった一週間のできごとなのに、内容の濃い日々を過ごしてお互いに相手を思う気持ちが強くなります。
所々に出てくるセリフも内容の良いことが多く、なるほどそうだよね~と思います。

ストーリー的には、まさに王道。
窮屈な環境で自由のない王子様が一時期そこから逃げて、純粋で誠実な青年と出会って恋に落ち、変わっていくというパターン。

レオは、本当にキラキラ王子様です!久しぶりかも・・・
王子様ものは色々読んでいますが、ここまでキラキラしているとは(笑)

それに対して、光は真面目で誠実ですっごくできた人でした。
「宝石を磨くように逆境が人格を磨く。試練の大きさは持っている力に比例するんだ」って言うところは、この人すげーできた人だ!!って思いましたね(笑)

そんな光の言葉で、超ワガママで偉そうだったレオがだんだん変わっていくところが良かった!
その変わっていくのが、ありがとうを言うことの大切さなど、日本ならではの風習やおもてなしがからんでいるから、温かい気持ちになれます。

レオについているバルテスもカッコ良かったですね。
見た目はもちろんなんだけど、ちょっとやるじゃん!!と思うようなことをしてくれます。

終わり方も、納得できる感じで読後感よかったです。
最後にあとがきで4コマ漫画もあるのだけど、笑えました。

太陽の貴公子

太陽の貴公子

太陽の貴公子

[著]円屋榎英

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村