アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

BL「叶わぬ恋の結び方」あらすじ・感想ネタバレ!叶わないはずだった恋が!?

 
叶わぬ恋の結び方
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら

BL漫画「叶わぬ恋の結び方」のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

運命の赤い糸を巡るストーリーの第2弾です!
縁切り屋・薫の恋のお話。

「叶わぬ恋の結び方」
吉尾アキラ先生の作品です。

叶わぬ恋の結び方

叶わぬ恋の結び方

叶わぬ恋の結び方

[著]吉尾アキラ

では、ここから「BL「叶わぬ恋の結び方」あらすじ・感想ネタバレ!叶わないはずだった恋が!?」についてまとめます。

叶わぬ恋の結び方のあらすじ

縁切り屋を営む神沢薫は、サラリーマン・原からストーカーとの縁切りの依頼を受けます。

原は、会社の上司の娘からしつこくされており、何を言っても辞めてくれないため、精神的にまいって藁にもすがる思いで薫に依頼してきたのでした。

最初は、縁切りなど怪しくて信じられなかった原も、繋がった糸を切ってもらうとあっさりストーカー行為はなくなりました。

その後、代金の支払いのために再度薫と原は会います。
すると原は、薫に好きになってしまったと言い…

薫は、原を諦めさせるためにセフレならいいと言い出します。
それで構わないと了承した原。

ふたりは、セフレとして付き合い出すのですが…

叶わぬ恋の結び方の感想レビュー(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

このお話は、「赤い糸の執行猶予」に登場した神沢薫が恋をするお話です。

赤い糸の執行猶予

赤い糸の執行猶予

赤い糸の執行猶予

[著]吉尾アキラ

途中でわかるんですけど、薫には双子の兄・颯がいます。
代々神沢家には双子の男の子が生まれ、能力がある方が縁切りの仕事のあとを継ぎ、もう一人が子孫を残すという役割になっています。

だから、颯の家の子供も双子の男の子なんですよね。

薫は、縁を切る能力がある代わりに、赤い糸が存在しません。
つまり、自分には運命の相手はいないってことが最初からわかっているんです。

それでも、誰でも運命の相手と結ばれるわけではないし、運命の相手とうまくいかない人だっているわけです。
だから、彼だったこれまでに恋をしてきたわけだけど…

これまで好きになった人は、みんな運命の赤い糸がつながって離れていきました。しかも、最初に好きになった人は双子の兄・颯の運命の相手であり、2人目の彼女は自分が一番親しかった友達と赤い糸で繋がりました。

自分が恋した大切な人は、みな離れていく…
繰り返された辛い経験により、薫は恋に異常なほど臆病だし、報われない恋はもうしないと思っています。

颯は、薫にも恋をして幸せになってほしいんですけどね。

そんな恋を捨てた薫の前にお客さんとして現れたのが原でした。

スポンサードリンク

1回目の仕事の時にドキッとして薫のことを忘れられず、2回目に支払いで会った時にはどうしようもなく好きだという原。

普通なら、そんなにすぐ好きになる?できすぎじゃない?って思うけど、この作品の場合はかえってこの設定は良いと思っています。

というのも、薫は赤い糸が視えているうえに自分のこれまでの経験もあるから、運命にすごくこだわるんですよ。自分からいつか必ず離れていくって。

それに対して原は、次の作品までずっと運命には流されないと一貫した態度を取ることになります。

だから、だんだんこういう人だから好きになりました~というのよりも、会うべくして会ったかのような一目惚れに近い形で好きになったという展開の方が、赤い糸とは違った意味での運命を感じるんですよ。

まるで、ずっと報われずに恋ができない薫を救うためにふたりが出会ったような…

薫は、セフレになる条件として、自分から連絡した時にしか会わないと決めるのだけど、ふたりは体の相性もすごく良くて、結局ズルズルと連絡をして関係を続けることに…

そして、薫はどうしても関係を切ることができず、好きになってしまったことを自覚します。

ここまでも、かなり切ないんだけど、ここからはさらに切ない!!

アラフィフオタク主婦

薫は、原をデートに誘って買い物したりして楽しい時間を過ごします。
手をつないで、まるで本当の恋人同士のように。

途中で、原に指輪を選んでもらって、それをプレゼントしてもらった薫。
左の薬指にその指輪をつけてもらって、まるで誓いの行為みたい…

嬉しそうにする薫の表情を見ていたら、泣きたくなりますね。
自分も好きだと言って、朝まで一緒に過ごすふたりのシーンでは、ちょっとした薫の仕草や行為に泣ける!!

薫は、これを最後にしようって思っていることがわかるから!!

颯は、薫に何かあったことに気づいて話だけでも聞きたいと思うのだけど、やっぱり薫は一人で抱え込んで何も言いません。

原も、それはもうショックでしたよね。
楽しいデートのあと、連絡が取れなくなったのだから。

その後半年という日が過ぎても、彼の想いは何も変わらず、薫をずっと探しています。

だけど、颯がきっかけで、大きく流れが変わります。

もうここから最後のエッチシーンまでは、感動の連続!!

アラフィフオタク主婦

偶然お互いを知りもしない原と颯が出会うんですよ。
これはもう偶然じゃなくて、運命でしょって言いたい!!

ずっと薫を探し続けていた原と、弟が心配で大切な人と別れたのだろうとわかっていた兄・颯。

このふたりが、運命に怯えて恋から逃げる薫の心を変えるんですよね~~。

運命なんてクソ食らえだと原は言い、薫への執着っぷりがわかります。

薫がやっと幸せになれる~~と思ったら、嬉し涙がこぼれてしまいました。

ふたりのこの先のお話は、「繋いだ恋の叶え方」で読むことができます。

繋いだ恋の叶え方

繋いだ恋の叶え方

繋いだ恋の叶え方

[著]吉尾アキラ

叶わぬ恋の結び方のあらすじ・感想まとめ

「赤い糸の執行猶予」では、荒子繋司に対して明るく対応し、チャラそうだけど実は面倒見の良い人だと思わせるキャラでした。

しかし本当は、この仕事の能力があるがゆえにつらい思いをしてきており、恋をすることも幸せになることもあきらめていた薫。

そんな彼が、運命にあらがうと言って自分に真正面からぶつかってくれる原に、やっと心を開いて恋をするようになりました。

「赤い糸の執行猶予」を読んでいると、仕事での姿と彼の本当の姿のギャップに萌えます!!

次回は、薫と原のその後のストーリー「繋いだ恋の叶え方」の感想をまとめますね。

以上「BL「叶わぬ恋の結び方」あらすじ・感想ネタバレ!叶わないはずだった恋が!?」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら