アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

BL「ジュリアが首ったけ」あらすじ・感想ネタバレ!トップモデル✕フツメンリーマン

 
ジュリアが首ったけ
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら

世界一厄介なモデルと小鹿みたいなリーマンの面白くて可愛くて切なく泣けるお話

ジュリアが首ったけ
扇ゆずは先生のBL漫画です。

現在5巻ですが、やばいです!!泣けます!!

ジュリアが首ったけ あらすじ

リーマンの紗良は、学生時代読モをしていました。
人気があっったのに、今はモテなくなってしまった・・・

その原因は、髪をバッサリ切ってリーマンになったからだけではなく、彼の後輩の樹里亜がいつもそばにいるからです。

樹里亜は、超人気モデル。

銀髪でブルーグレーの瞳をもった樹里亜は、過去のトラウマから地味に目立たないように大学生活を送っていました。
ワンコのように紗良のそばいるようになった樹里亜は、スカウトされた時に先輩の紗良の一言に従うためだけにモデルになったのです。

紗良を好きで好きで執着する樹里亜。
活動の場を世界に向けるほど人気はあがっていくのに、樹里亜の頭の中は紗良のことでいっぱい。

過激な行動をする樹里亜と、それをうまく取り繕いながらも結局は樹里亜に合わせてあげちゃう紗良のお話です。

ジュリアが首ったけ 感想

樹里亜の危機的な部分がわかる1巻

1巻は、モデルとしてどんどん人気が上がり、世界的にも認められつつある樹里亜のことを、大学の先輩である紗良目線で描いています。

樹里亜は超カッコイイのだけど、実は残念なイケメン。
見た目は、本当にカッコよくて、扇ゆずはさんの作品の中で一番では!と思ったりします。

紗良がらみのことになると、過激な行動をしちゃうので、凍死しそうになったり、自殺しようとしたり、紗良を監禁したりしちゃいます。でも、好きすぎてってことなので、見た目とのギャップに萌えるんですよね~。

逆に、紗良がすごく男前!
小鹿のように可愛いと思われているのに、まっずぐに物事を考えて常識もあるし、腹が座っていて頼もしいです。

その反面、弱気になったりした時はすごく可愛いし、自分では気づいていないほど周りから好かれるという一面もあります。

恋人同士になったというところまでが1巻ですね。

樹里亜の執着っぷりがわかるストーリーでした。

お互いの気持が通じ合う2巻

恋人同士になった紗良と樹里亜。
ただこの時点では、樹里亜の気持ちに応えてあげようって感じで、紗良は自分だってすごく樹里亜を好きなのだと自覚はしていません。

そしてこの2巻は、樹里亜は相変わらずの執着っぷりですが、紗良の方が樹里亜の仕事を考えて悩んだり、紗良が好きだと伝えるお話になっています。

そして、大学時代の先輩・香車が登場!
彼が、ふたりの秘密を知ってしまうんですよね。

香車にバレたことで、スキャンダルが怖くなる紗良。
自分はただの平凡なリーマンだからいいけど、これだけの有名人になった樹里亜に男の恋人がいるってわかったら大変って悩むわけです。

なのに樹里亜はそんなのお構いなし。
彼は、仕事なんてどうでも良くて、紗良さえいればいいから…

そして、別れた方がいいと紗良が思っていることに感づくと、監禁しちゃうんですよね。紗良が辞めさせようとして、わざと煽った時にはさらに危険なことをしようとします。

結局、1巻で自殺をしようとした時のように、最後は別れを覚悟して紗良を解放するのだけど、紗良の方がハッキリ気持ちを自覚して樹里亜に好きだと告げるところで終了です。

紗良が戻ってきて自分の気持ちを伝えた時の樹里亜を見ていると号泣!

よかったね・・・よかったね、樹里亜・・・(号泣)

巻数が多いのを躊躇する方は、ここまででストップするといいですね。切りよく終わっているので違和感なく楽しめますから。

だけど、個人的にはここから先はまだ結果が未知でありながらも、この作品の奥深さが出てくるので読んでいただきたい!!

遠恋&嫉妬で樹里亜が大変な状態になる3巻

まず、3巻目になると、状況がかなり変わります。

今までも紗良の先輩の香車が出てきて、少々バタバタしましたが、今度は紗良には新人として入社した超大型ルーキーが入ってきて、樹里亜には、べったり一緒にいるルシアンというマネージャーがついています。

紗良の後輩・超大型ルーキーというのは、野球で有名だった仙台。
ケガが原因で野球を続けることができず、リーマンになってます。

樹里亜は、海外での評価も高くなっておりずっとロスでの仕事がメインになっています。
つまり、遠恋なわけです。

ルシアンというマネージャーは、熱狂的な樹里亜のファンだったこともあり、何をするにも樹里亜を優先するタイプで、ボディーガードも兼ねています。アラブ某王国の第3王子でもあります。

彼はベッタリと樹里亜の世話をやくし、彼のことが大好きなはず…
だから紗良は、ルシアンが自分のことは嫌いなんだろうと思っていますし、彼に対して嫉妬もします。

しかし、恋愛で自分の気持ちであれこれ動くような感じではないですね。
メンタル的にも大きな器を持っている人だから、常に樹里亜の気持ちを大切にします。

問題なのは樹里亜の方でした。
彼は、紗良の後輩である大型新人・仙台に対してすごい嫉妬をするのですが、それでもお互いに日本やロスで会ったりしながら、ラブラブだったはず…

だけどそれは表向きで、実は樹里亜は紗良と離れていることに耐えられずに、車に飛び込んで偽装骨折をしていたり、次の仕事の契約を後伸ばしにしていたりしてました。

それを知った紗良も覚悟を決めて、樹里亜が仕事を辞めさせて自分が養う決意をするんですよ。
そして、今夜もう辞めてもいいよって言ってあげようと思っているシーンで終わり、あぁ~何かあって言えなかったんだなと気になる形で終わっています。

号泣しまくりでヤバい4巻

4巻は、その理由がわかるお話。
泣けます。マジで号泣です。

樹里亜は、工事で使う足場材が上から落ちてきてケガをします。
ケガは軽い打撲程度なんだけど、記憶の中からすっぽり紗良のことだけが抜けていました。記憶障害ですね。

樹里亜にとって紗良の存在は特別すぎたからこそ、記憶すら別格で保管場所が違い、その部分に落下物が直撃した結果、紗良だけ思い出せないのではというのが医師の見解。

そして、樹里亜にとって一番良い選択をするために、紗良は彼から存在を消すことにします。

事故から2ヶ月後、ファンとして応援しますと言いながら樹里亜と握手をする紗良。まるっきり紗良のことを思い出せない樹里亜に背を向けて、号泣して離れていく紗良の描写を見ると、ここで耐えられないぐらい涙が出ますよ!!

ここからは、紗良と後輩・仙台のストーリーになっていきますね。

樹里亜のことを忘れようとしながら一生懸命仕事をし、先輩として仙台をフォローする紗良。彼が一生懸命なのを見ているだけでも泣けるのに、仙台という有名人が後輩になったことで、紗良の仕事まで彼の手を離れてしまうことに…

なんで、紗良ばっかりこんな目にあわないといけないの!?

そんな健気な紗良のことを真剣に好きになっていく仙台。
まぁ、これは当然って感じですよね。

早くこの先が知りたいと冷や汗が出る5巻

5巻では、紗良が仙台の気持ちに気づき始めるところから始まります。

仙台がどんどん好きになって告白したり積極的になっていくのに対し、紗良は自分が立ち止まったまま全然諦められていないことを自覚。

仙台と少しだけエッチなことをしちゃうんだけど、ハッキリと恋人になれないと伝えて、誠実なところはまったく変わらず男前な紗良。かっこよすぎる!

この時に、すでに樹里亜と別れて2年も過ぎています。
そして、樹里亜もまた、この2年で変わってました。

ハリウッド俳優にモデルから転身してから、すでに世界トップになっているのですが…自分の中の空白に気づき、眠れなくなっているんですよね。

記憶の中で欠けてしまった一番大切な部分…
夢で存在を感じる誰かを探しているんですよ。

樹里亜は、まさか自分が男とつきあっていたとは思っていないから、女性を探しているものの、会った途端に違うってすぐ気づき、ついには睡眠薬を過剰摂取して倒れてしまいます。

最後は、涙をボロボロこぼした紗良が、ついに樹里亜の元へ…
マネージャーも、もうどうしようもなくなったということですね。

あぁ~~こんなところで終わってしまうとは~~~(泣)

アラフィフオタク主婦

早く、再会して紗良のことを思い出し、ラブラブになるところを見たいのだけど、またしばらく我慢が続きそうです(笑)

絵もすごく素敵だし、ストーリーも面白いし、超おすすめのBL漫画です。

3巻ありますが、1、2巻はそれぞれ別に読んでもキリが良いので問題ありません。
通して読んだ方がずっといいけどね~

3巻は、樹里亜が危ない!次が気になる~という所で終わるので、今後の配信待ちです。
pixivで3巻以降の配信があったので1話読んでみたんだけど、やばい・・・号泣ものでした。

4巻まではまだまだ待ち時間があると思うのですが、1~2巻を読むだけで十分満足できる作品です。

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら