リアルな絵とストーリー!映画のようなBL『In These Words』

まるでサスペンスドラマや映画のようなBL漫画
展開にハラハラして、先に進むほど面白くなっていく作品です。

In These Words
著者:Guilt|Pleasure先生

In These Words<特別版>

In These Words<特別版>

In These Words<特別版>

[著]Guilt|Pleasure

In These Words あらすじ

浅野克哉は精神分析医で、連続殺人犯の捜査に関わっています。
そんな彼は、悪夢に悩んでいました。

顔の見えない男に監禁され、犯され、愛していると囁かれ続ける夢です。

現実と夢が交差する・・・
連続殺人犯に魅入られてしまった精神科医の運命は?

In These Words 2【通常版】

In These Words 2【通常版】

In These Words 2【通常版】

[著]Guilt|Pleasure

In These Words 感想

ここからネタバレ注意!!

とにかくBLという枠を超えてすごい作品ですね。
絵はリアルで素晴らしく上手いし、ストーリーも映画のようなサスペンスドラマのような感じで夢中になってしまいます。

1巻は、サンプルではありませんが小説から始まります。
夢のシーンと現実が順番に描かれているため、最初はちょっとわかりづらいですね。それでも、どうなるのか展開が気になって夢中になります。

悪夢に悩まされながら、連続殺人事件の容疑者に指名された浅野は、ところどころ見覚えがあったりして違和感を感じます。
そして容疑者の篠原に徐々に追い詰められていくんですね。

2巻になると、驚きの展開が待ち受けていて、そうだったのかとびっくり!
これはネタバレすると面白さ半減なので、是非読んでください。私も、どんでん返しがあると知った上で読みましたが、かなりびっくりして感動しました。

さらに3巻を読むと、1巻出だしの小説部分など悪夢だと描いてあった部分が詳しく描かれるため、そのあとに1巻を読むとまた違った目線ですごく面白くなります。2~3巻で浅野と篠原の関係もよくわかってきて、BL的な要素にも期待が膨らみます。

とはいえ、レビューを見てもBLっぽくないという声は多いです。エロシーンはかなりエロい描写なのだけど、絵がリアルなのでゲイビのように思う人もいるかもしれません。私はリアルな絵は好きなんだけど。

それに、殺人犯が出てくる話なので、殺人シーンや浅野が傷つけられるシーンなども出てきますから、苦手な方は注意してください。

現在は3巻まで配信されていて、連続殺人事件の詳細や浅野が夢と現実についてハッキリ理解し、そこまでの過去の出来事を確認しているところが描かれています。
1巻の表紙は浅野、2巻の表紙は篠原、3巻の表紙は・・・読んでのお楽しみです。

犯人もつかまっていませんから、まだまだ続きそうですが、次の巻が配信されるまでは時間がかかりそうです。しかし、それでも3巻まで読む価値は十分あります。それぐらい面白いです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村