ロッカバイディア

BL漫画「ロッカバイディア」のあらすじや感想をまとめました!

養子という立場に引け目を感じて愛されようと頑張っている受けと、自分にだけは甘えられるようにと教えこんできた攻めのお話。

「ロッカバイディア」暮田マキネ先生の作品です。

ロッカバイディア

サンプルはebookjapanで読めます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

ロッカバイディアのあらすじ

大病院の次男坊の八尋(やひろ)は、小さい頃からずっとお隣に住んでいる幼なじみ・累(るい)の欲しいものは、欲しいだけ全部あげると思ってきました。

累は、実母に虐待されていて、担当弁護士だった保科夫妻に引き取られて養子となり、八尋の隣で暮らすようになったのが子供の頃。

それ以来ずっと、八尋は累のことだけを考えて大事にしてきたし、累もまた、養父母では埋められない寂しさをすべて八尋に託すように執着してきました。

そして高校生になり、ふたりは体の関係もあって…

ところが、累の義母の妊娠が発覚してから二人の関係までもがおかしくなっていきます。
全部終わりにしなきゃ…

しかしその後も累は八尋の部屋に無言でやってきて、八尋は累の状態がおかしいことに気づきます。
累が少しずつ壊れている!?

そして、追い詰められた累がやっと「たすけて…っ」と八尋に言えた瞬間、彼は八尋の手の中に倒れ込んでしまうのです。

ロッカバイディアの感想(ネタバレ注意)

ロッカバイディア
ロッカバイディア

管理人管理人

あ~~~泣けます!!

お互いをすごく愛しているのに、家族のことも愛して自分も愛されているのに、それがわからず…心を壊していってしまう累。

実母にひどい目にあっていた累は、愛されることを知らなくて、いつ捨てられてもおかしくないからといい子でいようとがんばります。

そんなことを思うような義父母ではなく、とってもいい人なんだけど…
だからこそ、捨てられたくないって頑なに思ってしまうんでしょうね。

それは、高校生になっても同じで、成績優秀な優等生になっているのだけど、彼自身どうにもできないことがありました。

それは、女性を愛せないということと、八尋がいないと寝れないこと。

八尋と体の関係を持つようになってからは、ふたりの時間はこれまで以上に彼にとって愛されていることを実感できる大切な時間だったと思うのだけど、その一方で、彼自身を追い詰めて蝕んでいくことにもなりました。

管理人管理人

BLでありがちな、両親に孫を見せてあげられないって悩みを、累の場合はより深刻に考えてしまうわけですね。

お嫁さんをもらうことも、孫を見せるもできない自分はハズレくじだったに違いないと思って悩むなんて悲しすぎる!!(泣)

その気持は、義母の妊娠がわかったことで、捨てられるという恐怖を強くし、さらに追い詰められてしまったわけです。

だけど、そう簡単に八尋との関係を辞めることもできません。
だって、本当は八尋のことが大好きで、ずっと一緒にいたいのだから…

心は八尋を求めているのに、理性では拒否しなくてはいけないという矛盾。
それによって、累の心は少しずつ壊れかけていきます。 

当然、八尋は途中で気づくわけですよ。
だけど、なかなか累に彼の言葉は届きません。

それでも、ずっと献身的に見守り続ける八尋はすごい!!
本当に、彼は累のために生きてきたって感じですよ。

そして、人の気持ばかり気にして自分の気持ちをないがしろんじしてきた累が、やっと本音を言えた時、彼をしっかりと受け止めてくれるんですよね。

この作品は、八尋目線と累目線の両方で描かれているので、それぞれの気持ちもわかって面白いです。

そして、最高にいいのは、子供の頃の八尋と累が可愛いこと!!
途中で何度か子供時代のシーンが出てきますが、可愛いだけではなく健気で、違った意味で泣けます。

ロッカバイディアの感想まとめ

管理人管理人

少し闇っぽいかな?と勝手に想像していましたが、実際に読んでみるとそんなこともありません。

登場してくる家族や友人は、みんないい人で累のことを大切にしていますからね。
だから、累!早く気づいて!!って感じで読めます。

また、八尋が同じ年でありながら、なぜに子供時代からこんなに累のことを守っていけるのか?と感動もしちゃいますね。

ずっと愛され続けてやっとそれに気づいた累と、長い間見守り続けてきた気持ちがやっと報われた八尋のお話でした。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。
ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分もらえるから安く買えます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上「BL「ロッカバイディア」あらすじ・感想ネタバレ!愛されたい彼と愛したい彼のお話」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】BL漫画が安く!BLアニメも見放題!