飴色パラドックス~週刊誌記者の面白裏話BL

ケンカップルのやり取りが面白いラブコメBL!
飴色パラドックス
夏目イサク先生の作品です。

飴色パラドックス(1)

飴色パラドックス(1)

飴色パラドックス(1)

[著]夏目イサク

飴色パラドックス あらすじ

週刊誌記者の尾上は、張り込み班に異動しました。
そこでコンビを組むことになったのは、カメラ担当の蕪木。

蕪木をライバル視し、彼の手段を選ばないやり方が納得できない尾上は、蕪木と最初から衝突ばかり。

しかし、一緒に事件を追うたびにそれぞれの良さを知って気になりだして・・・

人気のケンカップルのお話です。

飴色パラドックス(2)

飴色パラドックス(2)

飴色パラドックス(2)

[著]夏目イサク

飴色パラドックス 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

夏目イサク先生の作品は、内容を知らなくても作家買いするほど安定して面白いので好きです。
特に、尾上と蕪木は安心して読んでいられるカップルですね。
このふたりのやり取りが面白いんですよ。

そして、なんだかんだ言いながらも、尾上のまっすぐで正義感の強いところが最強っていうところも好きです。
もうね・・・尾上が可愛くてしょうがない!!

1巻では、先に蕪木のことを好きになるのですが、素直すぎるからすぐ顔に出てしまい、隠しているつもりでバレバレ。そんな尾の上を可愛いと思う蕪木がハッキリ告白?して、エッチをするまでのお話ですね。

2巻・3巻では、蕪木の妹の理子や、中途採用で入社してきた笠井など、ふたりの間に新たな人物が登場してドタバタします。

私は、特に笠井が登場した3巻が好き!
笠井は尾上をライバル視して不器用な彼をバカにしてたりするんだけど、結局尾上の素直で誠実な強さを知って見直すところがいいですね。

ほ~らみろって気分がスッキリするし、その態度を見て笠井を冷たくあしらう蕪木にキュンとします。蕪木がヤキモチをやくのがいいわ~~。

周りのキャラも安定しています。編集長とか何者?って思いますし、尾上がホームとしている飲み屋の雅やんもいい味出してます。

夏目イサク先生の作品はどれも安心して読めますが、この作品は業界の裏話なども楽しめるのでおすすめです。

夏目イサク先生の作品感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村