アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

BL「めぐみとつぐみ」あらすじ・感想ネタバレ!オメガバース笑えるラブコメ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら

BL漫画「めぐみとつぐみ」のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

「ヒートは気合いでなんとかする」なんて言う問題児Ωのつぐみと、国内有数の進学校に通うαの恵のドタバタラブ!

めぐみとつぐみ
S井ミツル先生のオメガバース作品です。

では、ここから「BL「めぐみとつぐみ」あらすじ・感想ネタバレ!オメガバース笑えるラブコメ」についてまとめます。

めぐみとつぐみのあらすじ

優秀なαのみを集めた国内有数の進学校・九重学園に通う九重恵は、仲間が鉄パイプを持ったマスクに学ラン赤シャツの男に襲われたと聞きます。

その男は、一匹狼で狂犬のようだと噂のあるヨシキリ高校の山田つぐみ。
恵は、仲間と一緒にリベンジするためにつぐみを呼び出したのですが…

なんと!
やってきたつぐみは、ヒートの真っ最中だったのです!!

ヒートは気合で乗り切ると言うのをなんとか説得して家に返した恵に対し、それから勝負を何度も挑んでくるつぐみ。

そのうちひょんなことからお互い気になるようになっちゃって…
だけど恋を知らないつぐみは、自分の変化は恵のせいだと、さらに闘志を燃やしてしまいます。

それに対して恵は…!?

スポンサーリンク

めぐみとつぐみの感想レビュー(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

好みはあると思うんだけど、私にとっては出だしからなんだかテンションあがっちゃう作品なんですよ。キャラが最高にいい!!

オメガバース作品というと、Ωがばかり辛い目にあっているパターンがとっても多いから、それが嫌だって人もいますよね。そんな方でも、この作品なら大丈夫かもしれませんよ。

それは、Ωのつぐみがめっちゃ強いから!
だから彼は怖いもの知らずで、アルファの恵の方が振り回されています。

つぐみだって、過去にはひどい事を言われたり、辛い目に合いそうになったことはあるんですけどね…彼は負けなかった!

そして、αが大嫌いなつぐみは、彼の知っているαとはまったく違う考えを持つ恵と接するたびにだんだん変わっていくんですよ。そして恵もまた、だんだん彼に惹かれ、つぐみに振り回されながらもお互いを大切にしていくようになるというお話です。

▼ドラマCDはこちら▼

一応この作品の設定では、薬の性能が上がって種類も増えているために、Ωはヒートを抑えることができるし、αはフェロモン耐性をつけることができます。だから、本能に左右されずに生きていくことができるし、Ωだからと言って立場が悪くなるわけではないはず。

しかし、それでもΩを下に見ている人たちはまだまだいるという設定です。

最初のふたりが出会うシーンからもう笑える!!
仲間が襲われたことでつぐみを呼び出した恵でしたが、呼び出した場所に来たつぐみはヒートの真っ最中。

ヒートなのは俺だぜ

九重学園はαしかいないのに、ヒートでありながら乗り込んできたΩのつぐみ。抑制剤も打たずにヒートは気合でなんとかしてるって言うつぐみは、かなりの変わり者。

そんな破天荒のつぐみに対し、恵は不良でありながら言うことも行動もとっても常識的。

仲間がつぐみに襲われたのは、彼らが中学生のΩを襲おうとしていたからだと知ったこともあって、自分の抑制剤を渡してとにかく帰るようにとつぐみを説得。
病院に行くようにとおせっかいを言うほどです。

理事長の息子という立場でありながら、素行が良いとは言えない行動をしている恵ですが、中身はまったく擦れていなくてとってもいい子!

彼は本能でΩと関係をもつことを嫌い、お互いが正常な状態で、大切な誰かとしか結ばれたくはないと考えています。

そんな彼の気持ちが、つぐみにも伝わっていくんだけど…
ひょんなことから体育倉庫に閉じ込められていたふたりは、そこでつぐみにヒートが始まってしまい、結局は耐えられずに関係を持ってしまいます。

ここまででも、定番のオメガバース作品とはかなり違っていて面白い♪
だけど、まだまだ!!

アラフィフオタク主婦

久しぶりに恵のところにやってきたつぐみは、彼を家へ連れていき…
1巻後半は家族まで登場!!

この家族がまた個性的というかなんというか。

αの父・春告(はるつぐ)は、すっごく過保護。
つぐみが可愛すぎて、恵のことを本音では歓迎していません。

Ωの父・黒鵐(くろじ)はつぐみは、彼に似たんだなってすぐわかるほど、目つきが悪くておっかない顔しているけれど、優しくてしっかりしています。

春告とは逆に、あぶなっかしいつぐみには恋人がいた方がいいと思っているため、つぐみと恵には恋人として仲良くいてほしいんですよね。

あとから2巻を読むとわかるんだけど、自分の過去の経験からつぐみを大切にしてくれる人にはいつもそばにいてやってほしいと思っているんでしょう。自分もどうしようもなく困った時に、春告がそばにいてくれましたから。

そして、可愛いβの妹・すずめも可愛い!
彼女は、兄とは違ったしっかり者で、初対面から恵のことがお気に入り!
だから、つぐみとの恋を応援しています。

典型的な温かい家族って感じの家ですね。

1巻では、ラブラブって感じにはならないものの、お互いを必要としていることはわかる形で終わっています。

恵は察しがいいので、自分がつぐみのことを好きだって理解しているし、合意で関係を持っているなら恋人だと思っているんだけど…
つぐみは、当然ながらまったくわかっていません。

彼のやることなすことが、恵だから許していることなのにね。

2巻の出だしは、つぐみと恵のお互いを想う気持ちにズレがあるところからスタート。

恵は恋人同士だと思っているのに対し、つぐみはセフレでヒモ宣言。
彼は「恋」というものを知らないのでしょうな!

だけど、今度は恵の父親が登場!

あ~~~想像以上のクズでした(泣)

アラフィフオタク主婦

さらに、恵の親友・スバルも訳あり!!

そんな状況のおかげなのか、やっとつぐみも少しずつ自分の気持ちを自覚していきます。恋がわからなくて悩むつぐみが可愛いかったです。

一番つぐみに良いアドバイスをしたのが、妹のすずめだというのがこれまた心を温かくしてくれます。

後半には、つぐみの両親の出会いと恋のお話も入ってきて、それがまた良かった!!過保護で口うるさいαの春告が、こんなにかっこいい一面があったとは!

この2巻では、恵の父親が最低のαだということはわかったものの、恵が無視することでさほどトラブルは起こりませんでした。
だけど、国内有数の進学校の理事長をやるほどで、幼い頃から息子にΩを近づけさせなかった父親が黙って見逃すことは考えられないため、なにかあるかもしれませんね。

まだ巻は続きそうなので、次回3巻に期待します!!

めぐみとつぐみのあらすじ・感想まとめ

この作品の面白いところは、他のオメガバースとは違って、αよりΩのつぐみの方が恵を振り回しているってところでしょう。

そしてド直球なつぐみは、人の心の機微とか恋を理解できないので、早い段階で恋だと自覚した恵との差が楽しいです。

2巻まで読むと恵の考えの土台に影響している父親も登場するし、つぐみの両親の出会いのお話もみれるのでもちろん読んだほうが面白いですが、1巻だけでも切りよく終わっているので楽しめますよ。

以上「BL「めぐみとつぐみ」あらすじ・感想ネタバレ!オメガバース笑えるラブコメ」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら