君はパーフェクト

「君はパーフェクト」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

人をダメにするほどの世話焼き体質のリーマンと、同期のものぐさリーマンのお話

「君はパーフェクト」
未散ソノオ先生の作品です。

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

君はパーフェクトのあらすじ

重度の世話焼き体質である木関創也(きせきそうや)は、毎日同僚の野間ゆずのお世話をしています。

昔姉から言われた運命の相手がゆずだったことに3年前に気づき、それからずっと、創也はゆずの世話を焼き続けているのです。

そして、好きなだけ世話を焼いても嫌がることのないゆず。
創也にとっては、とっても大切な存在となりました。

世話をする創也も、される側のゆずも幸せ…

ところが、何でもできる創也に対し、ものぐさで縁故採用のゆずは仕事を何もしていないと誤解されてしまい…

君はパーフェクトの感想(ネタバレ注意)

この作品は、テーマがめっちゃ面白いです!!
世話をやかれるのって嬉しいって思いがちだけど、そうではないっていうお話。
だからこそ、創也とゆずの関係は運命だということです。

恋とかラブって言うよりも、愛って感じ。
深読みすれば、重いテーマでもあります。

まずは、創也が世話をやいている様子や、ゆずのものぐさの様子が描かれていますね。
最初は、創也の趣味なのかな~とか自己満足の世界かな~とか思っていたのだけど、そんな甘いものではありませんでした。

管理人管理人

創也の世話焼きは、かなり深刻な悩みだった!!


それがわかるのは中盤あたりから。
創也の世話焼き体質がいったいどんなものなのかが描かれていきます。

この世話焼き体質のために、創也は子供の頃に両親とも離ればなれになっています。彼が関わった人は、多くの人が強い依存状態や攻撃的になったりダメ人間になってしまったんですよ。

まさか、そこまで人間関係にトラブルを持ち込むとは…

彼にとっては、人生で姉だけが平気だった貴重な存在でした。

しかし、そんな姉も海外に行ってしまって、そのあとにゆずと出会った時は、どんな気持ちだったんでしょう。世話を焼かれることに対し、嫌がらず・慣れず・飽きず・増長せず・感謝を忘れない人はめったにいないそうですから。

管理人管理人

確かにそうですよね。
普通なら、世話を焼かれることに慣れて当たり前だと感謝しなくなりそうだし…


創也が経験したとおり、堕落してしまう人の方が多い気がします。

この悩みを共有できるメキシコ人とのハーフの立川アヤテも登場しますよ。
ゆずを取り合うライバルでもありますが…
しかし、お互いにいい相談相手にもなっているようです。

だけど、ふたりのことを会社は黙ってみていません。
ゆずは、仕事をしていないと上司に思われているから…

後半は、ずっと一緒にいるために、特に創也はがんばります!

2巻になると、ガラッと状況が様変わり!

ふたり揃って本社へ異動。同棲も始めて…

ゆずが倒れてしまうなど、色々と問題が勃発します。
1巻の時と比較して、あっさり創也が解決して…って感じにもならないんですよ。

どちらかというと、創也が混乱するようなストーリーになっています。
何事もパーフェクトにこなす創也がうまくやれないことも出てきたりして…

1巻が、ふたりの関係の土台を読んだとしたら、2巻はそれぞれの成長ぶりを見ている感じ。特にゆずは、なんだか頼りになる感じすら見えますよ。

そしてもうひとつ…
ラブの方はどうなのか!?ってことですね。

好きなだけ世話を焼きたいって思っていますから、恋愛的な「好き」っていうのは、あとからついてきた感じになっています。

なんか…
そういうレベルではなく、もう一生離れられない運命って感じですから、自然とキスをして自然と恋人になったという流れです。

だけど、どんどん好きになってくる…
それが溢れ出てくる感じが最高です!!

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

君はパーフェクトの感想まとめ

世話役というテーマもそうですが、この作品のストーリーは、身近にありそうな部分と、実際は絶対ないよな~と思う部分が混在していて面白いです。

2巻になるとゆずのことを縁故採用した社長も登場しますが、ゆずの仕事は社長と遊ぶことばかりになるので、仕事とは何か?というのも考えさせられます。

あと、ゆずがよく言うセリフ。
「俺の代わりにトイレに行けるようになって」っていうやつ…
あれにはすっごく共感できました!!

私もよく娘に言ってたわ~(笑)
お母さんの代わりにトイレ行ってきて~とか。

ゆずと同じように、ものぐさおばさんなのだと、妙に納得してしまった私でした。

以上「BL「君はパーフェクト」あらすじ・感想(ネタバレ注意)世話焼きリーマン×ものぐさリーマン」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】漫画は安く!動画は見放題!
blank