BL漫画「おはようとおやすみとそのあとに」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

おはようとおやすみとそのあとに

オカン系見習いシェフと愛想なし美人の日常を描いた作品。
ほのぼの温かい漫画ですね。
癒やされます!

「おはようとおやすみとそのあとに」
波真田かもめさん作品です。

今すぐ読みたい方はこちらから
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

「おはようとおやすみとそのあとに」のあらすじ

シェフになって自分の店を持つのが夢である開人は、レストランで働いています。

ある日、求人広告を見ていた美少女を見て、運命の人だと思います。
強引にバイトを勧めた開人ですが、彼女は彼だったのだと履歴書を見て初めて気づきます。

彼の名は片岡伊介。
見た目と違って性格は男気がある伊介。
色々とトラブルを起こしては、開人に怒られてばかり。

そして開人は、まだ大学生で不摂生な生活をしている伊介を黙ってみていられません。

本当は一生懸命頑張っている伊介。それを知って、気持ちが変わっていく開人。伊介もまた、開人のことを信頼していきます。

そんなふたりが、オーナーのひとことで同居をすることに!

伊介のことを本気で好きになってしまった開人にとっては、幸せだけど我慢でしんどい毎日。

そんなある日、ちょっとした勘違いで家を出ていこうとした伊介を止めようとした時に、開人の気持ちがわかってしまいます。

「おはようとおやすみとそのあとに」の感想(ネタバレ注意)

おはようとおやすみとそのあとに
無料試し読みはこちらから

波真田かもめさんの漫画で初めて読んだのがこのコミックでしたが、どこにでもありそうな身近なお話にキュンとしました。

すごく大きな事件が起こるというのでもなく、何気ない日常の中で、お互いを思って生活している様子を描いています。

開人は、とても優しい!
甘やかすのではなくて、本当に大切にしているんだな~って感じ。

伊介は美少女顔なのにかっこいいですね。

弱々しいキャラなのかと思ったら、話が進むにつれてどんどん頼りになるいい男になっていきますよ。
でも、エッチの時は「まだ怖いから…」などと言うもんだから、ギャップ萌え♪

この作品は、恋人になれるかって話じゃなくて、最初から比較的するっとうまくいきます。
そのあと、お互いに夢に向かって努力をしているんだけど、それで変わっていく生活の中で、どうお互いを想い合っているのかっていうお話ですね。

エッチシーンもそこそこあるけど、エロいって感じはしません。

管理人管理人

言葉にすると「大事」とか「大切」にしているっていうのがぴったりだと思うな~。

ふたりが出会って、お互いに忙しくなってすれ違って、開人が夢のために日本を離れ、戻ってきてまた一緒。これからは、伊介が夢のために環境が変わっていきます。

4巻で完結。ふたり以外のキャラにも注目です。オーナーの恋愛模様も見どころありますね。
ほっこり心が温かくなる漫画を読みたい時に、必ず読むBLのひとつです。

このふたりの続きのお話などは、シリーズ作品で読めますよ。

<おはようとおやすみとそのあとに p.s.>
おはようとおやすみとそのあとに p.s.
無料試し読みはこちらから

<おはようとおやすみとそのあとに Dear>
おはようとおやすみとそのあとに Dear
無料試し読みはこちらから

<おはようとおやすみとそのあとに trip>
おはようとおやすみとそのあとに trip
無料試し読みはこちらから

まずは、気軽に立ち読みしてみましょう!
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

この作品を購入可能な電子書籍ストア6選

作品名か作家名で検索してね
↓↓↓
ebookjapanボタンU-NEXTボタン
コミックシーモアボタンBookLive!ボタン
まんが王国ボタンAmebaマンガボタン

公開日(更新日)時点の情報です。最新の配信状況は、各電子書籍ストアでご確認ください。

こちらの記事で、各ストアのおすすめポイントを詳しくまとめています。
↓↓↓

特におすすめの電子書籍ストアはここだ!

管理人管理人

ebookjapanがイチオシ!
BL漫画を安く購入できる電子書籍ストアだから♪

ebookjapanなら、初回ログイン時に50%OFFクーポン6回分がもらえます!
(最大3,000円OFF)
さらに、キャンペーン・セールが多く、定期的にクーポンが配布されたりもします。

安いだけではなく、漫画の品揃えの多さなど総合的にバランスの良い電子書籍ストアです。

無料登録は簡単!
Yahoo!IDを持っていたら登録すら不要です!
↓↓↓
ebookjapanにログインしてクーポンGET!

以上、BL漫画「おはようとおやすみとそのあとに」のあらすじや感想ネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました。