なみだ枯れるな

BL漫画「なみだ枯れるな」のあらすじや感想をまとめました!

明治16年、まだまだ不安定な世の中で偏見の多い時代のオメガバースストーリー。
身分差のあるふたりの恋のお話です。

「なみだ枯れるな」は、安堂ろめだ先生の作品です。

なみだ枯れるな

サンプルはebookjapanで読めます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

「なみだ枯れるな」のあらすじ

外国人のような風貌のマヤは、「毛唐人」と呼ばれてひどい差別を受けていました。

身寄りがないことから見世物小屋で奴隷同然の暮らし。
無理やり性的奉仕をさせられて毎日理不尽な暴力を受ける生活。

そんなある日、マヤは財閥の御曹司・渚征爾(なぎさせいじ)と出会います。

暴力を受けて怪我をしていたマヤを見た征爾が声をかけ、さらにマヤが暴力を受けることになってしまったのです。

お詫びのために、珍しいビスケットをプレゼントした征爾。
これをきっかけに、ふたりはお互いに惹かれていくようになります。

あまりにも身分差のあるふたり。
さらにマヤはΩだということがわかってしまいます。

果たしてふたりの恋は実を結ぶことができるのか…

「なみだ枯れるな」の感想(ネタバレ注意)

なみだ枯れるな
なみだ枯れるな

歴史ものはあまり得意ではないのですが、オメガバース作品が大好きなので読んでみた作品です。

実際に読んでみた感想は、まず「すっごく好き」って思ったんですよ。
その理由は、えっ?と思うぐらいメイン人物や重要人物に差別意識がなかったから。

つまり、すっごく苦労したマヤが、すっごくいい人である征爾と出会ったことで超幸せになれるシンデレラストーリーだったからです。

管理人管理人

この漫画を読むと、落ち込んでいる時にもマヤを見てがんばろうと思ったり、征爾や家族を見てほほえましく癒やされます。

そう思った点をもう少し詳しく書いてみますね。

まず、そうでなくてもオメガバースって差別的な描写が多いじゃないですか。
さらにこの作品の場合、明治時代ということもあってΩに対する差別は現代以上です。
抑制剤なんてありませんからね。

しかも、マヤは髪や目の色も外国人のようで、その風貌もまた差別の対象。
そして、差別の仕方もまたエグい…
弱者は逆らうこともできず、人として見られていませんから。

そんな感じで、マヤの立場っていうのは、ここまでかってぐらいひどい立場なわけです。

そんな彼のことを、差別することなく人として対等に見てくれるのが征爾。
典型的なαで高い身分である彼は、その立場だからこそマヤに恋をしたんでしょうね。

外国との取引をしている関係で外国人に対する偏見がなかったでしょうし、常に裏では悪口を言いながら取り入ってこようとする人たちにうんざりしていましたから。

ひどいことをされながらも、お菓子ひとつで喜ぶような控えめな性格のマヤに惹かれたのも納得。
健気ですからね…

しかも、外国人の風貌に偏見がなければマヤの見た目は美しいと思えたはず!
実際に、素顔を見てすごく綺麗だと征爾がマヤを抱きしめるシーンもあります。

このシーンで、お互いに恋をしているとハッキリ自覚するのだけど、それがきっかけでマヤが発情してしまったために、すんなりハッピーとはいきません。

管理人管理人

見世物小屋の主人・平田は、これでもかってぐらいの悪役だから。

このあとのマヤの扱いはどん底状態です。
あと一歩征爾が来るのが遅かったら、舌を噛み切って自殺してました。

だけど、このあとの後半は、どん底だった分超ハッピーな展開へ!
マヤが助けられたってだけではなく、めちゃくちゃ大切にされるので泣けます!!

征爾の父親・政一(まさいち)がまた、すっごくいい人なんですよね~~。
この父親あってのこの息子か!ってぐらい。

最後は、ふたりがラブラブなだけではなく、マヤが義父とも仲良しなことがわかって読後感は最高です。

「なみだ枯れるな」の感想まとめ

オメガバースに加えて明治時代という設定のため、さらに偏見が多くてひどい差別の様子が描かれている作品でした。

そんな状況で、これだけの身分差の恋愛は成り立つのか?とも思えてしまいますが、偶然出会ってふたりが惹かれ合う様子も違和感なくうまくまとめられていると思います。

だからこそ、最後のハッピー感が最高!
オメガバース好きなら必読!と言いたいぐらいの漫画ですよ。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。
ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分もらえるから安く買えます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「なみだ枯れるな」のあらすじや感想ネタバレでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】BL漫画が安く!BLアニメも見放題!
blank