続きは朝まで~男子寮の寮長・副寮長の純愛BL

いさか十五郎先生の「続きは朝まで」
男子寮で寮長・副寮長をし、周りには夫婦だと認知されているふたりのお話です。

続きは朝まで あらすじ

男子高校生が住んでいる「みかづち寮」の寮長天野は、天真爛漫で学校の人気者。常に誰かに囲まれ、忙しくしています。

そんな彼のことを内助の功のように支えているのが副寮長の羽生です。
寮の仕事はほとんど羽生がやっているほど。

天野はいつも自分たちは夫婦だと言い、羽生のことを奥さんと呼んで「だいすき」「あいしてる」などの言葉はもちろん、過剰なスキンシップをしてきます。

それを苦しいと思う羽生。
3年間ずっと片思いしているから。

そんなある日、ちょっとしたことで「その場のノリでやっているんだろう」ともめることになります。冗談だと思っている羽生に本気だと言う天野はキスをして…

続きは朝まで 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!
ストーリー的には、ぶっちゃけ両片思いが長いふたりが、ラブラブになっていくというお話ですね。
自由奔放すぎる性格で自分の意志をはっきり示す天野と、真面目でピュアで自分の思いを抱え込んでしまう羽生。

このふたりは、「同居人のてのひらで」にも少し登場します。

同居人のてのひらで

同居人のてのひらで

同居人のてのひらで

[著]いさか十五郎

個人的には、この「同居人のてのひらで」よりも「続きは朝まで」の方がずっと好きです。
いさか十五郎先生の漫画はかなり好きで、作品をランキングで考えるとしたらかなり上位に食い込む作品。

でも、評価が分かれて低評価している人もいたりして…それってなんで~~!?

低評価している人は、攻めの天野のキャラがあまり好きではないようです。
途中でライバルの相楽という後輩が登場してくるのですが、彼がかなりの男前&魅力的なので、比較するとチャラくて魅力に欠けると思うのかな?羽生へのラブがわかりづらいという意見もあるみたい。

確かに攻めの天野の気持ちや行動はわかりづらいところがあります。でも、言わせて欲しい!!
天野は、噛めば噛むほど味が出るキャラなんです!
チャラチャラしてそうで、自分勝手にしてそうで、実は羽生のことをすごく大事に考えているんですよ~。酷評されている女々しいという部分も、その行動には意味があります。

深掘りするのが面倒な方やサラッとあまり考えずに読みたいという方にはわかりづらいと思うので、「彼はなぜこんな行動を?」と読み解くのが好きな方ならハマる漫画です。

私は、いつもチャラチャラして忙しくしている天野が、マジになるところが大好き♪
「彩慈に好かれるためなら何でもする」と寮夫さんに言ったときの顔は超~カッコイイ!!
エッチの最中に「彩慈ぃ~めちゃくちゃ好き、大好き」と言うところは逆に可愛くて好きです。
このふたつは、普段の天野では見れない表情ですね。

チャラくて自分勝手に振る舞っている中でもちゃんと羽生のことを考えているというのはわかるんだけど、たまにいつもの自分の顔から違う顔を見せてマジだよってわかるところがとっても好きなのです。

羽生は、すごく色気のある顔をする時や可愛い表情をすることがあって、真面目で一途な彼のその顔をしったら惚れるでしょ!!と思ったりします(笑)実際、相楽は本気になってるわけで・・・

天野が自分だけを見ていてほしくなると独占欲があることを話した時に、「・・・嬉しい」とギュッと天野に抱きつくシーンが超可愛いいのでめっちゃ好き!!本当にちょっとしたシーンなんだけど。

相楽はかなりの男前キャラなので、彼がまた恋をしてラブラブになるようなお話が読みたいな~。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村