アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめサイトご紹介

BL「先輩がむかつく!」あらすじ感想ネタバレ!ピュアなツンデレ先輩

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は約5,000冊♪お気に入りの感想をちまちま書いています。

BL漫画「先輩がむかつく!」のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

有名な写真家の息子で天才肌の先輩と、彼に振り回される後輩のお話。
ツンデレの先輩がめちゃめちゃかわいい作品!

先輩がむかつく!
御景椿先生の作品です。

では、ここから「BL「先輩がむかつく!」あらすじ感想ネタバレ!ピュアなツンデレ先輩」についてまとめます。

先輩がむかつく!のあらすじ

大学1年の冬に、写真の仕事がしたかった加賀谷望は、憧れの会社でバイトしたいと訪れますが門前払い。

しかしそこで、最もきまずい相手に会ってしまいます。
それは高校で同じ写真部だった相楽紘斗先輩。

トラブルメーカーだった相楽は、有名な写真家の息子。天才肌で様々なコンテストで賞を受賞するほどの腕前。

そんな彼は、天真爛漫で明るい人で、やたらと加賀谷にからみながらも、仲が良かったのです。

ところが彼が卒業する時に最悪な喧嘩別れをしてしまって・・・
その後は疎遠になってしまいます。

そして2年後、再会した相楽は陰湿な陰険男になっていました。

スポンサーリンク

先輩がむかつく!の感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

最初は、好きな作家さんだし・・・って軽い気持ちで買って読んだんですよ。

そうしたらやばかった!
キュン死するかもしれない(笑)

それぐらい相楽先輩はめっちゃかわいいです。

泣いている男性は好きじゃないって方は苦手かもしれませんが、私は大好きなのでドハマりです。

相楽はとにかくピュアでツンデレなんですよね。
父親が有名な写真家だから、常に自分の周りにはその名前がついてきて、誰も自分自身を見てくれない・・・皆が見たいのは有名フォトグラファー相楽了の息子という自分。

そんな時に、ひょんなことからいたずらした加賀谷だけが、噴水に落とされて怒りながら彼のことを父親を通しては見なかったわけです。

そこからやたらと加賀谷にからんで好き放題する相楽。
やることなすことどう考えても加賀谷のことが好きって感じだから、加賀谷もその気になっちゃって告白までしちゃうんだけど・・・

本当の相楽の気持ちがわかっていなかった加賀谷は、言っちゃいけない父親のことを口に出してしまい、相楽はもう心を閉ざしてしまいます。

再会して少しずつ元のふたりの関係になってくると、相楽の可愛さは倍増(笑)

相楽って、子供の頃からずっと父親と一緒に世界中を移動するような生活をしていたから、恋愛とかまったくしたことがなくて、全てはカメラ中心の生活。

だから、好きってどんなものかわかっていないんですよ。

どう考えても、ヤキモチはやくわ、加賀谷のことが気になってしかたないわ、エッチするのも加賀谷ならいいし・・・って、完璧に彼のことが好きなはずなのに、気づかなかったとか・・・

初めてセックスをした時に号泣しているのがもうやばい・・・可愛すぎる

だって
セックスがこんなすごいと思わなかったんだもん・・・っ!!

ひとりで鏡を見た時にキスマークがあることに気づいて、顔を赤くして嬉しそうにしている時もめっちゃ可愛い。

他にも可愛いところをあげたらキリがありません。

あとは、親子の関係も良かったわ~~~。
父親の名前で苦労している人って、親子関係もうまくいっていないって描かれることも多いでしょう?

でも、この親子はすっごい仲良し。
そして世界で有名な写真家でありながら、父親も偉ぶることもないあっさりした人でした。

なんと言っても、加賀谷と初めて会ったのは、エッチ直後でふたりとも裸でベッドにいる時だから(笑)

相楽がステディって紹介したら喜んで、その後も加賀谷のことをずっとステディって読んでいたのがほのぼのして好きでした。

先輩がむかつく!のあらすじ・感想まとめ

どうしても相楽が可愛かったので彼ばかり意識がいってしまいますが、加賀谷もまた違う才能があってよかったです。

あれだけ相楽に振り回されていましたからね・・・

普段は穏やかな彼も、言うべきことはハッキリいうので、相楽の後輩と知られるまでは門前払いにされそうだった会社からも期待されるようになりました。

振り回されてばかりだった加賀谷が、どんどん男らしくなっていく様子も、この作品の見どころです。

以上「BL「先輩がむかつく!」あらすじ感想ネタバレ!ピュアなツンデレ先輩」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は約5,000冊♪お気に入りの感想をちまちま書いています。