雫 花びら 林檎の香り~イケメンツンデレ攻め✕癒し系ポジティブ受けBL

造り酒屋のこわもてイケメン✕お酒が飲めない帰国子女のリーマンのお話。
川唯東子先生のBL漫画
雫 花びら 林檎の香り

雫 花びら 林檎の香り

雫 花びら 林檎の香り

雫 花びら 林檎の香り

[著]川唯東子

雫 花びら 林檎の香り あらすじ

ロス生まれの帰国子女で、お酒を扱う会社のリーマンである榛名睦樹は、造り酒屋「若竹酒造」との取引に向かいます。それは貴重なお酒を会社に卸してもらって取り扱いたいからです。

しかし、今までも頑固な蔵元は首を縦に振ろうとはせず、塩をまかれ怒鳴られて帰ってきた人ばかり。
榛名もまた覚悟して出かけました。

そこで出会ったいい男。
まさにゲイの榛名の好みにピッタリ!!
後日、偶然にSEとして会社に来ていた彼を見た榛名は、運命を感じます。

元気で健気な榛名とツンデレイケメン中川のキュンラブなお話。

雫 花びら 林檎の香り 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

榛名はむっちゃんと呼ばれるのだけど、ちゃんづけされるのが普通に思えるほど可愛いひとです。
自分の気持に素直だから、悲しければ泣くし、健気で常に一生懸命。

この漫画を面白いと思った方は、榛名のキャラに癒されてるはず

帰国子女という設定だけあって、何でもポジティブに考えるし、思ったことはそのまま口に出して行動を起こしてしまいます。だから、すぐ中川に好きって告白しちゃんですよね。
表情もコロコロ変わってキュート。

可愛いと言いながらも女々しいことはなく、時々やることが男前だったりもします。

一方中川は、過去の恋愛のトラウマもあるせいか、最初は榛名のことをまったく相手にしていません。
でも、彼の一生懸命で健気なところに惹かれていき、徐々に態度が変わっていくところにキューンってなります。

そして、とにかくカッコイイ!!
可愛い榛名が外国風なのに対して、まさに中川は日本男児って感じ。

しかも、そんな彼が独占欲を出してヤキモチをやいたりして、すっごくバランスの良いカップルです。
私の場合、受け・攻めどちらも好きだと思っても、どちらかの方に好みは偏るものなのだけど、この作品は本当にどちらも大好き!

あとは、中川の妹の春菜や、将棋好きの蔵元など、周りのキャラもいいですね。
ふたりの恋愛模様だけではなく、榛名がまるで家族の一員のようで、ほのぼの癒やされます。

中川のことを好きな親戚の女の子や、榛名の仕事のライバルも登場する3巻は特に好きです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村