アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

結婚BL漫画のおすすめ作品をまとめてみました

 
結婚
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら

結婚BL漫画のおすすめ作品をまとめてみました

結婚というと、妊娠・出産・子育てなどもからんできますが、すべていれるとすごい数になるので、それらの設定は除外しています。

シンプルに、結婚にまつわるお話であったり、最後は夫婦や番として一緒に暮らせてハッピーエンドという作品を集めています。

新婚さん!:ちしゃの実先生

ちしゃの実先生の作品です。

6歳に出会ってから、ケンカしながらもなんだかんだ言いながらずっと一緒だった田中宝と西園寺京介。

そして出会いから20年後、なぜかふたりは結婚していた!!というお話。

個性が強すぎる京介は、とにかく宝が大好きで執着しており、そんな彼の行動にうんざりもしている宝。だけど、お互いによく相手のことがわかっているんですよね。

本音が出たり素直になる時は、相方を「ちゃん」呼びしたりして、結局はめっちゃ甘々なふたりです。

表題作の他に、宝の友達カップルのお話も掲載されていますが、このふたりもまたすっごく良いので、かなり満足できる単行本になっています。

俺達は新婚さんかもしれない:ちしゃの実先生

ちしゃの実先生の作品です。

合理主義の理系院生・茄子川紫とエリート会社員・蕪木真白は、節約のためにルームシェアしています。

ところが、大家さんから男同士のルームシェアはNGと言われてしまって、同棲パートナーという条例を利用して、書類上のカモフラ結婚することにします。

一緒に暮らしていることに変わりはないのに、結婚したことで変わっていく様子が描かれていきます。そして本当にラブラブな夫婦になっていくお話です。

花を召しませ ~いとしの神嫁~:シロヒト梨太先生

シロヒト梨太先生の作品です。

花を召しませシリーズの3冊目で、完結巻でもあります。

土地神のオブシディアンことディアンは、人間の信仰心が薄れていったことですごい人間嫌いになっています。

そのため、人間からの粗末な供え物を食べようとはせず、その結果、彼が守っていた土地は枯れていき、民もまた苦しい生活をすることになっていました。

そんな状況の中、ある日人間の少年・シュクルが、自分を食べてもらおうと生贄としてディアンの前に…

当然ながら相手にしなかったディアンだったものの、シュクルの健気で頑張る様子に心を開き、お互いに愛し合うことになっていきます。

そしてこの完結巻では、ディアンのことを大好きでずっと狙っていた神とシュクルが花嫁決定戦で対決!

これまでもかなりのイチャラブ溺愛っぷりでしたが、結婚という形でハッピーになるお話です。

カラスの嫁入り:佐倉リコ先生

カラスの嫁入り

カラスの嫁入り

カラスの嫁入り

[著]佐倉リコ

佐倉リコ先生の作品です。

神楽坂理央は桜坂稲荷神社の跡取りで、神使の狐・宇迦様と話すことができる特技を持っています。

その力を維持するために、同様の特別な力を持つ烏城家と代々婚姻を結んできましたが、婚約者の百合が家出してしまいます。

そんな百合の代わりに、嫁に行くと言い出したのが、弟の凪。
彼は、男である自分はこの家には必要ない人間だと思って生きてきたため、自分が役立つことができるならという思いで嫁ぐんだけど…

とっても健気で、そんな凪に対して、理央もまた特別な想いを持つようになるお話です。恋だけではなく、家族愛も描かれていて、最後はほっこり温かい気持ちになれる作品です。

僕のミーちゃん:未散ソノオ先生

未散ソノオ先生の作品です。

10年間引きこもりだった資産家の森魚と、心に深いキズを持った外国人・ミーティアのお話。

病床の祖母を安心させたくて急遽お見合いをした森魚は、後先考えずにとにかく祖母に結婚相手を見せようと外国人男性・ミーティアを会わせるんだけど…

結局、祖母が亡くなってひとりぼっちになってしまった森魚のことを一番理解して支え、癒やしてくれたのはミーティアでした。

そして、出会ったばかりのふたりは、お互いを信じて一緒に暮らしながら、より相手のことを大切に想うようになります。

泣ける感動作品です。

ララの結婚:ためこう先生

ララの結婚 1

ララの結婚 1

ララの結婚 1

[著]ためこう

ためこう先生の作品です。

ラムダンは、富豪の家に嫁ぐはずだった双子の妹・ララが好きな男と逃げられるように、ララのふりをして花嫁になりかわります。

村に帰っても村を守るためだと村人や父親に追い出されるやら、お家騒動に巻き込まれるやらで、ラムダンだけがなんでそんな目に!?という状況になるんですよね。

だけど、そもそも妹のララが駆け落ちしたのを仕組んだのも実はウルジで、彼は真剣に男であるウルダンの方を愛していて、彼と結婚をしたいがための考えた作戦だったということ。

途中から、ウルジが自分を愛していることや、自分自身も彼に惹かれていることに気づいたラムダンですが、なかなかお互いの気持が通じあうことはなく、今もまだ問題が起きている状態です。

早くふたりが、堂々とラブラブできる結末を知りたい~~。
ストーリー重視の方に特におすすめ!

嫁に来ないか:新也美樹先生

嫁に来ないか

嫁に来ないか

嫁に来ないか

[著]新也美樹

新也美樹先生の作品です。

30歳になって、そろそろ嫁がほしいと愚痴っていたリーマンの池崎敬吾。
するとその後、突然嫁に来たと小早川一美と名乗る男が家に押しかけてきて…

あまりにもパーフェクトな押しかけ女房っぷりに、不審者だと追い出すのもうっかりして流されてエッチまでしてしまった池崎…

しかも、一美は実は会社の支社長で上司だった!というお話。

ラブコメってこういう作品を言うんだな…と思えるぐらい笑えるBL漫画です。
かなり昔に購入した作品ですが、今でもたまにすごく読みたくなります。

シリーズ作品もいくつもありますが、やっぱりこの作品が最高です。

マッドシンデレラ:山本小鉄子先生

マッドシンデレラ

マッドシンデレラ

マッドシンデレラ

[著]山本小鉄子

山本小鉄子先生の作品です。

誰もが汁日本有数の大財閥の家に生まれた帝人朔一と、ド貧乏な家に生まれた貴志良太は幼なじみ。

中学3年の時に、良太は朔一からアメリカ留学する前にプロポーズをされ、数年後留学を終えた朔一が戻ってくると、モーレツにアプローチされて本当に婚約者として家族からも受け入れられることになります。

大財閥と関わったことで何度も誘拐されたり、なかなかふたりっきりになれずにエッチができなかったりと、トラブルや失敗も盛りだくさん!

ハラハラドキドキしながら、笑ったり感動したりできる作品です。
登場人物がみな魅力的で、とっても安心して読めますね。

狼への嫁入り~異種婚姻譚~:犬居葉菜先生

犬居葉菜先生の作品です。

狼族の名家の跡取り息子・玄依練と、兎族の少年・楓という、お互いいけ好かない相手との結婚の話。

中盤ぐらいからは、それぞれの想いがわかってくるからいいのだけど、途中までは、あまりにも楓ばかりが報われなくて泣けます。

もう帰る場所もないと思い、新しい居場所でうまくやろうと前向きにがんばっているのに、相手の練はつっけんどんで冷たい態度。

そして、1ヶ月もの間に嫁体化(かたいか)というしきたりで、気絶するほど辛い思いをするのに放置されたり…

後半は、冷たかった理由も、練や兎族の村の人達の気持ちもわかるから納得できますが、前半の楓の健気な様子には、ひたすら泣かされます。

その分、結婚後のハッピーな感じがほほえましい!!

本日はお日柄もよく:福嶋ユッカ先生

福嶋ユッカ先生の作品です。

人外・獣人BLですね。
ウサギの六花と狐の士郎のお話ですが、ふたりの出会いと結婚のお話は「BL漫画家、出張ホストを買う」で見ることができます。

この作品は、結婚してから1年後からのお話ですね。

いとこが出産したり、周りから跡継ぎのことを言われることが増えて、少しずつ意識をしだす六花。

そんなある日、士郎が発情してしまい、今までずっと発情を抑えるために薬を飲んでいたことを知ってしまいます。

そして、やっと夫婦らしくなったふたりと、組のみんなの家族愛のお話になっています。

ただ、表題作だけではないので、やっぱり出会いからすべてをこの1冊にまとめてほしかったですね。それだけが残念。

神様×俺サマ×お嫁様:倉橋蝶子先生

倉橋蝶子先生の作品です。

2組の人間と神様のカップルのお話が入っています。

まずは、春から大学生の春馬と五穀豊穣の神・青葉のお話。

祖母が生前に暮らしていた家で一人暮らしを始めた春馬は、子供の頃に遊んでいた小道にあるボロボロになった祠をキレイにお掃除。

そして、供え物とマスコット人形を置いて帰ると…
五穀豊穣の神・青葉がマスコット人形に憑依して恩返しだとお嫁に来ます。

春馬は当然ながら、お嫁さんとは認めないのだけど、優しくて健気な青葉に心を開いて最後はラブラブ!

そして、このお話にも登場する人間嫌いの犬神・狗呂とひょんなことから出会ったのが、人間の光で、このふたりのお話が半分近くあります。

そして、どちらにも狗呂の兄で縁結びの神・史呂が登場しており、神様3人がまったくタイプが違うという点も面白いです。

裸族の花嫁:せら先生

裸族の花嫁

裸族の花嫁

裸族の花嫁

[著]せら

せら先生の作品です。

新人俳優のミチルは、ジャングルで取材中に迷子になってしまい、裸族に捕らえられたあげく、そのうちのひとりのイケメンに犯されそうになってしまいます。

毎日エッチなことをされ続け、脱走しても連れ戻されたり、結婚式らしきことまでされて花嫁状態。

大事にされているミチルは、徐々に裸族の生活にも慣れ、一緒に暮らしているイケメンをロディと呼び、お互いにかけがえのない存在になるのですが…

ずっとミチルを探していたマネージャーと遭遇してそのまま日本へ連れ戻されてしまいます。

ミチルは、日本では行方不明だったことから話題になって人気俳優になったものの、ミチルを探して日本まで来たロディと再会して、また裸族の元へ帰ります。

裸族と暮らすエッチな新婚生活の様子が盛りだくさん!!

僕はその日花嫁になった:銀川ケイ先生

銀川ケイ先生の作品です。

もうすぐ20歳になる春は、男なのに同性の男に痴漢されたり匂いをかがれたりと、おかしいことが続いていました。

そんなある日、何十人もの男たちに襲われそうになります。
それを助けたのが、鬼の王・朱鷺で、春のことを自分の花嫁だと言います。

鬼の花嫁になってしまった春は、匂いが消える妊娠の状態になるしか自由になれる手段はなく、家族とももう会えない生活になっていきます。

そんな春が、鬼の王・朱鷺のことを知って心を開き、幸せな夫婦になるお話です。

絵柄は好みがあると思うのですが、ストーリーがしっかりしていて面白いです。
溺愛系の作品が好きな方に特におすすめ!

狼は花の馨り:りゆま加奈先生

りゆま加奈先生の作品です。

狼と白鹿のシリーズの作品のひとつですね。

遥か昔、漆黒の狼と白い牝鹿が番になり、その後子孫は人となって、黒い髪を持つ子供が狼、白い髪を持つ子供が白鹿と呼ばれるようになりました。

白鹿はめったに生まれず幸せの象徴とされ、王族と番になるのが習わし。
根本に、この共通のテーマがあって、政略結婚とか色々な理由で辛い思いをしている狼・白鹿たちが幸せな結婚をするまでおお話です。

この「狼は花の馨り」は、顔と体に痣を持って生まれたために白鹿だと思われずに虐待されていたアルタと、彼を助け出した兵士イルウェスのお話。

言葉も話せず初めて外の世界に出たアルタにとって、イルウェスはすべて。
イルウェスもまた、彼を守ってあげたいと思い、ふたりのお互いを想う気持ちは強いのだけど、アルタは白鹿なので王族に嫁がなければならず…

かけおちするも失敗…
イルウェスは遠い任務地へ追いやられ、トグト王子と結婚させられたアルタは、それでもずっとイルウェスを信じて愛しています。

そして、視察に同行して再会するチャンスを得るのですが、イルウェスは記憶喪失になっていました。
そんなふたりが、幸せになるまでのお話。

トグト王子も幸せになれるので、読後感はとても良いです。

他の2作品も面白いため、おすすめ!

こちらの狼の花嫁は、まだ続くので今後どうなるのかわかりません。
いいところで、早く続きが読みたい~という状況です。

▼こちらもチェック!!▼

 
以上「結婚BL漫画のおすすめ作品をまとめてみました」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら