まっしろΩを拾いました。

BL漫画「まっしろΩを拾いました。」のあらすじや感想をまとめました!
まさかの展開にハラハラ面白いオメガバース作品です。

「まっしろΩを拾いました。」水稀たま先生の作品です。

まっしろΩを拾いました。

サンプルはebookjapanで読めます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

「まっしろΩを拾いました。」のあらすじ

平凡なβである冬馬は、コンビニの帰り道に絡まれているΩを見かけます。
冬馬と目があった瞬間、たちの悪い連中から逃げようとしたそのΩは階段を転げ落ち、記憶を失くしてしまいました。

打ちどころが悪かったことに少し責任を感じた冬馬は、彼に「ユキ」と名付けて引き取ることに…

そんなある日、突然ユキにヒートが!!
これまで一度もフェロモンに当てられたことのなかった冬馬も、ユキのフェロモンには当てられて…

そして、ユキの首に番の噛み痕があることを発見します。

小説家平凡β×記憶喪失Ωの訳アリの恋のお話です。

「まっしろΩを拾いました。」の感想(ネタバレ注意)

まっしろΩを拾いました。
まっしろΩを拾いました。

オメガバース作品はすっごい数を読んでいますけど、その中でもちょっと変わった作品だと思いました。

というのも、βが番のいるΩと恋をするって話の場合、たいていは番の相手も登場するじゃないですか。それで、どっちを選ぶ?的な展開になるのが多いですよね。

ところが、この作品ではユキの番の相手という別の人物は登場しません。
最初から最後まで、冬馬とユキはどうなる?って内容になっています。

管理人管理人

もう少し入り込んで言えば、子供の頃の初恋が実るお話なんですよ。
その結果がわかるまでの過程が絶妙な展開で面白い!!

まず、前半部分で冬馬って本当にβなの?って疑問がわきます。

なんで番のいるユキが発情したのか?
番がいながら、なんで冬馬に抱かれても平気だったのか?
これまでフェロモンにあてられたことのない冬馬がなんでユキにはあてられてしまうのか?

すぐにそんな疑問が湧くので、冬馬って本当はαでしょ!とか、運命の番か?なんて思ったりするわけですよ。

しかし、最後の最後まで本当はどうなのかはわかりません。

そして中盤になると、ふたりの過去のお話になっていきます。
この内容が、他のオメガバースとは違って面白いんですよね。

まだ、α・β・Ωの性別も確定していないような子供の頃のお話が描かれており、ふたりがやはり特別な関係だったことがわかります。

そして、ふたりがなぜ離ればなれになってしまったのか…
ユキがどれだけ冬馬に会いたがっていたのか…
ふたりが再会できたきっかけなどもわかってきて、疑問がひとつずつ解きほぐされていく感じなんですよ。

オメガバース作品というと、どうしてもΩの方が辛い思いをするわけですが、この作品でもユキばかりがずっと辛い思いをしていました。
Ωというだけでも生きづらいのに、番の痕は彼をさらに苦しめていましたからね。

さらに、冬馬の勘違いによる発言やユキに番がいると思っているからこその行動に傷ついたりもするんですよ。ユキは冬馬と運命の関係になりたかったから…

その結果、記憶が戻ったユキはずっとそばにいたいと思いながらも、諦めて家を出て行ってしまいます。

冬馬は過去に何が起こっていたのかもまったく知らずに生きてきましたから、彼の行動はいたって普通の行動です。思いやりがあるって言ってもいいぐらい。

管理人管理人

だけど、事実をすべて自分の身に受けて生きてきたユキにとっては、辛いわけですよ。ただただ彼は冬馬と恋をしたいだけなのに、性別や番の痕がそれを阻むわけですから。

しかし、終わりが近くなってくると、今度はそれまでユキが積極的に行動していたのとは逆に、冬馬が動き出して事態は急変!あっさりハッピーエンドへ。

結果がわかってからは、サクッと終わってしまうので、この作品は途中の謎が解明されていく中盤が一番面白いですね。

最後は2年後の子供もいる様子も見ることができます。

可愛い子供と幸せそうなユキにほのぼの…
そのあとに新婚生活がスタートする様子もさかのぼって描かれているので、とてもハッピーな気分で終わります。

ユキが幼い頃からずっと苦労してきた分、この先ずっと冬馬が幸せにしてくれるんだな~って思えるので、読後感は最高です!

「まっしろΩを拾いました。」の感想まとめ

平凡なβが引き取った記憶喪失のΩは、実は彼がずっと忘れられない存在だったというお話。
そして、それに伴う事実が次々と出てきて、読み進めるほど出てくる謎がスッキリわかってきます。

ふたりともいいキャラなんですよね~~。

水稀たま先生の作品に出てくる登場人物って、いつも良い人で好感度が高いキャラだと思っていますが、この作品は特にそう思いました。

ひたすら冬馬に会うために頑張ってきたユキも、誠実に彼を包み込もうとする冬馬も、大好きです。
謎がわかってくる楽しさと、好感度の高いキャラに満足できることから、安心して読める作品ですね。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。
ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分もらえるから安く買えます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「まっしろΩを拾いました。」のあらすじや感想ネタバレでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】BL漫画が安く!BLアニメも見放題!
blank