オタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

リニューアルに伴いリンク切れが発生中!記事の探し方はこちら

BL「このおれがおまえなんか好きなわけない」あらすじ・感想(ネタバレ注意)面白キャラ勢揃い

WRITER
 
このおれがおまえなんか好きなわけない
この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら

この記事では、BL漫画「このおれがおまえなんか好きなわけない」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめています。

めちゃくちゃキュートなラブコメBLコミック

「このおれがおまえなんか好きなわけない」
緒川千世先生の作品です。

このおれがおまえなんか好きなわけない あらすじ

子供の頃から街で評判の美少年で甘やかされて育った藤間大成。

我がまま放題で自由に育ってきたものの、唯一思い出したくない汚点があります。
それは、友だちだと思っていた御徒町啓太に友だちじゃないと言われたこと。

その3年後、別々の高校だった二人は、御徒町が大成のクラスに転入することになって再会します。

復讐を誓う大成。
そして、復讐のために御徒町に近づいて仲良くしようとします。

でも、なんだか嬉しい…
ドキドキしちゃうのはなぜ?

復讐しようと思うのに、うまくいかない大成はどうする?

このおれがおまえなんか好きなわけない 感想

(ここからはネタバレになる可能性あり)

大好きな作家さんのひとり、緒川千世さんの作品だからすぐ読みました。

とにかく笑えてほのぼのするラブコメディです。
緒川千世先生は、シリアスっぽい作品からバカバカしくて大笑いしてしまう作品まで、すごく上手く描かれるな~と感心してしまいます。

大成の明るさと可愛さは最高!
そして、超おバカさん!!

見た目の可愛さからずっと甘やかされてきた彼ですが、こういうおバカさん具合がほうっておけなくて大切にされてきたんでしょうね。

この作品は、そんな大成がプライドをズタズタにされた御徒町に復讐しようとするお話です。

とは言ってもうまくはいかない…
その原因は、御徒町のキャラの問題もあるけれど、大成がやっぱり彼のことを好きだからですね。

復讐しながらも、ちょっとしたことでキュンとしてしまう大成が可愛すぎる…

オタク主婦

その相手であるもうひとりの主人公・御徒町のあの天然ぶりはハンパない…
彼は、おバカというより不思議ちゃんて感じ。

本人はまったく悪気はありませんが、彼の行動が大成を振り回しているわけですよ。
決して、わかって大成に意地悪しているわけでもありません。

スポンサーリンク
blank

そして、この作品の面白さは、彼らふたりだけではなくて他のキャラの個性もそのひとつ。

大成をいつも見守ってる双子の安吉と徳子もかなり個性的です。
周りのクラスメイトや担任の先生も楽しい(笑)
こんな学校あったらいいのにって思いますね。

登場するメインキャラから周りのクラスメイトまで、とにかく明るくて楽しい面々というのが笑えるひとつのポイント。そして、おバカな大成とちょっとズレている御徒町の行動が、より笑いを誘います。

エッチなシーンは少ないので、BL初心者でもOK。

大人のキスをされた後に、安吉の部屋で双子たちに相談(緊急作戦会議)している大成は特に可愛かった(笑)

「俺にえっちのノウハウを教えてくれ!」
「いやっ 大成は大人になんかならないで…っ」
「すまん徳子 俺 大人の階段上がるわ」

ここは何度見ても笑える…(笑)
大人のキスをされただけで目を回すほど純粋培養なくせに。

結局、最後の最後の「おまけの二人」のところで、ふたりは初めてのえっちをするのですが、そこも笑えて大好き!

オタク主婦

御徒町はヤルことしか考えていないのだけど、文化祭で女装させられた大成の姿を見て我慢ができず…そして、女装で初体験なんてなさけなすぎると拒む大成に向かって言ったセリフは…「俺しか知らないから大丈夫」って…そういう問題じゃないでしょ(笑)

一生懸命な大成と、ボーっとしているようでガンガン攻めてくる御徒町のほのぼのカップルに魅せられます。

以上、「BL「このおれがおまえなんか好きなわけない」あらすじ・感想(ネタバレ注意)面白キャラ勢揃い」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら