いつか恋になるまで

BL漫画「いつか恋になるまで」のあらすじや感想をまとめました!

「家族になろうよ」のスピンオフシリーズで8年前のお話。
家族同然に育ってきた幼なじみ・和馬と千秋の関係が変わったのは…

「いつか恋になるまで」は、倉橋トモ先生の作品です。

いつか恋になるまで

サンプルはebookjapanで読めます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

「いつか恋になるまで」のあらすじ

幼なじみで兄妹のように育ってきた和馬・千秋・巴の3人は、中学3年生。

ある日のこと、千秋を自分の部屋に泊めた和馬は、千秋の小さな声で目を覚まします。千秋は、布団の中でこっそりと一人エッチをしていたのでした。

和馬は、幼なじみの知らなかった一面を見て、軽い気持ちで触ったあと、お互いに握りあってキスもしてしまいます。

それをきっかけに、遊びの延長のようにお互いをさわり合うようになったふたり。
高校生になって和馬に彼女ができてからも続いていました。

しかし、少しずつ幼なじみの関係が変わっていきます。

「いつか恋になるまで」の感想(ネタバレ注意)

この作品は、和馬と千秋が中学3年でエッチなことをしはじめ、その後恋人同士になって高校を卒業するまでのストーリーです。

いつか恋になるまで
いつか恋になるまで(上)

上巻は、幼なじみだったふたりが恋人同士になるまでのお話ですね。

千秋は、幼い頃からずっと和馬のことが大好き。
それは恋愛的な意味でもそうであって、気づいていないのは和馬本人だけですね。
巴はずっと気づいて千秋のことを気遣っています。

だから、中学3年でエッチなことを始めちゃったのも自然な流れ。
千秋からすれば、好きな相手が隣に寝ているからついつい1人で始めちゃったってことでしょう。

しかし、和馬は恋愛的な意味で千秋のことを見ていないため、遊び感覚で続けることになっていたし、告られた女子と付き合い始めたりしちゃいます。

とはいえ、千秋と一緒にいることが当たり前だった和馬は、彼女がいるからと誘われなかったりするだけで疎外感を感じたり、彼女より千秋を優先しちゃったり…

無意識なだけで、彼にとって一番はやっぱり千秋なわけですよ。
ただ、幼い頃からぐいぐい引っ張っていくのは自分の役割だったため、兄貴分的な気持ちの方が強かったんでしょうね。

だから、千秋がハッキリと好きだと告白したあとの和馬の心の揺れを見るのは好き!
千秋に対して、恋愛対象には思えないようなことを言いつつ、気になってしかたがないんですよね。

そして、千秋が男らしい部分とかエロい部分とか発見してドギマギするとか(笑)

さらに、まだ好きだとハッキリ自覚できていないにも関わらず、千秋のことを好きな本條さんが告白しようとするのも邪魔しちゃう!!

そのシーンは、めっちゃ和馬が男前なので見てほしい~~~

ここからは、本格的にふたりの恋の話が始まるのだけど、いざ覚悟してからは自分の気持ちを自覚するのも早いです。

いつか恋になるまで(下)
いつか恋になるまで(下)

下巻になると、どんどん本気になるし、恋人同士らしくなっていきます。
そして、男同士だからこその悩みも抱えるようになっていきます。

親にも友達にも言えないってことで悩むことに…

和馬は、大切な人も大切な思い出もあるから、それが壊れてしまうことが恐いわけです。周りの知らない人にも気づかれないかと意識したりして…
それに対して千秋は、どんなことがあっても和馬とは離れないという強い思いがあるため、腹がすわっています。

とはいえ、そんな千秋でさえ大学の志望校のことで親とケンカするなど、問題を抱えています。

でも最後には、そんな悩みもふたりで解決させますから、かなり気分よく読めますね。

管理人管理人

マジで、和馬も千秋も男前です!!

あと、忘れてはいけないのが巴!!
彼女の行動や、将来の娘の父親となる先生も登場するので、要チェックです。

「いつか恋になるまで」の感想まとめ

和馬と千秋の恋がスタートして、幼なじみとは違う新たなラブラブっぷりを見ることができました。

そしてこの作品は、「家族になろうよ」のスピンオフ作品ですが、人によっては先にこの作品を読んだ方がいいという方もいます。

そう言う方の意見を読むと…
「家族になろうよ」では巴の娘を和馬と千秋が育てていることもあって、母親としてどうなの?とかどうしてふたりが子育てすることに?など、色々違和感を感じるとのこと。

時系列に合わせて作品を読んでいった方が、幼なじみ3人の立場とか性格がよくわかって納得できるという考えのようです。

この作品のあとには、「明けても暮れても -続 いつか恋になるまで-」がありますから、それを読んでから「家族になろうよ」を読むって意見ですね。

明けても暮れても -続 いつか恋になるまで-
明けても暮れても -続 いつか恋になるまで-

しかし、私の個人的な意見では、やっぱり発売された順番に読むのが一番だと思っています。
なんで?って思う部分は私だってありましたが、それを過去にさかのぼって読むことによって、疑問が解決してより納得できるしそれがまた楽しかったですから。

そして一通り読み終わってから「家族になろうよ」を再度読み返すと、また別の作品のように感じてさらに面白いです。

人によって感じ方も様々だと思うので、まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。
ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分もらえるから安く買えます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「いつか恋になるまで」のあらすじや感想ネタバレでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】BL漫画が安く!BLアニメも見放題!
blank