キミの食べごろ

BL漫画「キミの食べごろ」のあらすじや感想をまとめました!

幼なじみに告白されて動揺した男子高校生と、彼に対して執着&溺愛している幼なじみの恋のお話。
離れたくても離れられないふたりの甘々ラブストーリー!

「キミの食べごろ」は、依子先生の作品です。

キミの食べごろ

サンプルはebookjapanで読めます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

「キミの食べごろ」のあらすじ

市川奏(いちかわかなで)は、平凡でおっとりした男子高校生。
そんな奏を溺愛しているのが、幼なじみで老舗和菓子屋「久瀬屋」の一人息子・久瀬綾人(くぜあやと)。

ある日、綾人は奏に告白をします。
奏は、幼なじみにしては距離が近いと思っていたものの、まさか男同士で告白されるとは思わず、動揺してしまいます。

そんな時に、妹・紬(つむぎ)から誕生日のプレゼントに高い物をねだられて…
奏は、綾人の家でアルバイトをすることになります。

今まで知らなかった綾人の一面を見てかっこいいと思った奏。
だけど、綾人の執着や束縛はどんどんひどくなっていって…

「キミの食べごろ」の感想(ネタバレ注意)

キミの食べごろ
キミの食べごろ

出だしは、一人エッチをふたりでしているシーンから始まります。
そこからもう、綾人のペースで奏が流されていることがわかるんですけど…

綾人が奏を好きすぎて笑える…(笑)

イケメンで頭もいい綾人に奏は振り回されている感じがするものの、途中からは自分の意思をハッキリ見せつけることで、立場が逆転!?
綾人が一歩引くことになります。

というか、嫌われたくなくて離れているという感じ。

そんな時に、幼い頃からのシーンが描かれていき、奏もまた綾人と離れることは考えられず、彼に対しての気持ちが変化していくというストーリーになっています。

流されていた奏の方がちょっとヤキモチをやくようなシーンも見れますよ。

溺愛系が好きな方には、かなりおすすめの作品です。

ざっくりまとめると、主な登場人物は4人。
奏・綾人・ふたりの友人の高宮(たかみや)・奏の妹の紬ですね。

この高宮と紬のキャラがかなりいい感じです。

高宮は、奏と同じクラスで仲良し。
ただそれだけの関係なんだけど、綾人からはめちゃくちゃ嫉妬されます。

さらに、奏は素直なものだから、まさかそこまで相談する?って話までしちゃうものの、びっくりしながらも受け止めてくれるのが高宮。

ふたりを見守ってくれるかなりいい人。

一方紬は、当然ながら彼女だって綾人の幼なじみなわけですよ。
だけど、自分には見向きもせずに大好きな兄の奏を独り占めするかのような綾人に、幼い頃から違和感を感じていたようです。

幼い頃は、きっとライバル的な存在だったんでしょうね。

そして、奏は鈍感でまったく気づかなかったけれど、紬が一番綾人の奏への想いに気づいていたでしょうから、彼女が登場するシーンでは、いかに綾人が奏が好きなのかがよくわかります。

子供時代のふたりは特に可愛いので必見ですね!!

可愛いと言えば、ふたりのデレデレっぷりを見るなら、コスプレ編もぜひ読んでください。

最初は、中学時代の制服を見つけたってところから始まるのだけど、ふたりで出かけた卒業旅行の際に、綾人によって奏はバニーちゃんにさせられます。

キミの食べごろ@コスプレ
キミの食べごろ@コスプレ

「キミの食べごろ」の感想まとめ

執着~溺愛っぷりが半端ない作品です。

好きで好きでしょうがないという気持ちが盛り沢山で、べったりしているわりには違和感もなくサラッと読めます。

とっても可愛いストーリーなので、ぜひご覧ください。

まずは気軽にサンプルを読んでくださいね。
ebookjapanなら、50%OFFクーポン6回分もらえるから安く買えます!
↓↓↓
無料試し読みはこちらから

以上、BL漫画「キミの食べごろ」のあらすじや感想ネタバレでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

【PR】BL漫画が安く!BLアニメも見放題!