アラフィフオタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

BL「25時、赤坂で」あらすじ・感想ネタバレ!ドラマから始まる恋♪超人気俳優×新人俳優

 
25時、赤坂で
この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら

BL漫画「25時、赤坂で」のあらすじや感想(ネタバレ注意)についてご紹介します。

大学時代の先輩・後輩がドラマで再会!

「25時、赤坂で」
夏野寛子先生の作品です。

25時、赤坂で

25時、赤坂で

25時、赤坂で

[著]夏野寛子

では、ここから「BL「25時、赤坂で」あらすじ・感想ネタバレ!ドラマから始まる恋♪超人気俳優×新人俳優」についてまとめます。

25時、赤坂でのあらすじ

白崎由岐(しらさきゆき)は、バイトの合間に劇団の公園に出たり、エキストラをするだけの日々だった無名の新人俳優。

そんな彼が、ゴールデンタイムのテレビドラマで、メインキャストに選ばれました。

共演するのは、大学時代の先輩で超人気俳優の羽山麻水(はやまあさみ)。
脚本は超売れっ子劇作家で、作品のテーマは同性愛。

本読みをした後での打ち上げで、白崎は酔っ払ってしまった羽山を介抱し、家がわからないために自分の家に連れて帰りました。

そこで、酔っ払った羽山にキスや素股をされてしまいます。
彼はゲイだったのです。

羽山は、白崎も同じではないのか?と聞き返しました。
大学の頃からそうなんじゃないかなって思っていたと…

そう言われた白崎は動揺し…

その後、撮影でうまくセリフが言えない白崎は、ゲイ役の芝居感を掴むためにハッテン場のゲイバーへ行きました。セックスをする相手を探しに…

そこでなぜだか羽山に捕まり、相手になってくれると言いだします。

芝居のために始まった関係。
徐々に白崎は、本気で羽山のことを好きになっていきます。

25時、赤坂での感想レビュー(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレOKの方のみご覧ください)

この作品は、マジでめちゃくちゃ好きな作品です。

もともと芸能人とかモデルの登場する作品は大好物なんだけど、ストーリーもキャラも空気感…すべてが本当に好きなんですよ。

1巻の見どころは、ドラマで好きだと言うシーン

25時、赤坂で

25時、赤坂で

25時、赤坂で

[著]夏野寛子

1巻は、無名だった白崎が有名になるお話で。それは羽山との関係が深く強くなっていくことにつながっています。

もともと白崎は役者としての才能はあったんですよ。
ただ、チャンスがなかったことと、足りないものがあったんですね、たぶん。

それが、羽山との共演ですべて揃ったわけですよ。

超人気俳優との共演に、話題性のあるドラマへの出演…
羽山と関係を持つことで知った様々な気持ち…

今まで知らなかった気持ちや初めての恋が演技にも出るようになって、彼は大きく成長します。特に色気が出るのがすごい!!

この作品って、1巻と2巻で1回ずつ、特に周りを驚かすシーンがあるんですよ。

スタッフも共演者もテレビや映画を見ている一般ユーザーもびっくりしてしまう演技シーン。

それらがキーポイントとなって、大きく状況が変わったり、感動させることになるわけですが、本当に最高な描写になっています。

1巻ではは、同性愛がテーマのドラマの中で、羽山演じる「涼二」が出ていくと言うシーン。

ここで、白崎演じる「拓海」が涙をこぼしながら好きだと言うのですが、その演技はは監督もゾッとするほどの出来!!

それに、白崎本人が羽山のことを好きだと自覚するシーンでもありましたね。

トレンドになるぐらい話題になって、一瞬のうちに彼は有名になってしまいます。

その後、生活が一変してしまう白崎。
言葉には出さないものの、羽山との関係も甘々に…

ところが、ある誤解が発生するんですよね。

ふたりって、結局は両片思いだったわけですよ。
だから誤解が発生するわけだけど、それが解決されて本当の恋人同士になります。

ドラマ撮影が終了し、その代わりに恋人生活がスタートするっていうのが1巻の内容でした。

2巻の見どころは、ドラマのクライマックスシーン

2巻になると、白崎はさらに売れっ子になっています。
ふたりそろって超人気俳優となったことで、会える時間も少ないのだけど、変わらずイチャラブ甘々です。

そして、大ヒットしたドラマの続編が映画化されることになります。

また一緒に撮影できるようになりますが、今度は間男となる登場人物が増えることに…

その間男が、白崎演じる「拓海」にずっと片思いをしていた幼なじみ役の「大和」で、演じる役者が山瀬一真(やませかずま)です。

この山瀬が、羽山にからんでくるんですよ。
悪い人ではないですけどね。

彼の登場で、羽山が嫉妬をするという貴重なシーンも見ることが出来ます。

そして一番の見どころは、クライマックスのシーン…
突然、山瀬がセリフを変えたほうがいいのでは?と言い出して、羽山の演技プランが変わることになるんだけど…

そのセリフの状況が、リアルな白瀬との関係にも似ていて、普段は芝居とプライベートをまったく別物としている羽山が、感情をあらわにしてしまいます。

涼二(羽山)涙をこぼしながら言うんですよ。

君を
誰にも渡したくない

そして拓海(白瀬)は、涙をこぼしている涼二(羽山)を見て驚き、思わず抱きつきます。

まったく演技が予定とは違っているものの、監督は止めずにそのまま続けさせ…

ふたりはキスをして、好きだというセリフに…

あ~~~~~~~最高です、このシーン!!

1巻では、白崎が役者としての演技力と、羽山への思いをあらわにしたんですよ。そして2巻では、羽山の方が最高の演技を見せながら、白崎への想いを込めています。

マジで最高です、このふたり!!

最後は、山瀬にもバレて、ほのぼのした状況も楽しめますよ。

25時、赤坂でのあらすじ・感想まとめ

もうひとり、この作品でいい味出しているのが、佐久間ですね。

ドラマで女装オネエ役で出演しており、1巻・2巻ともにずっと登場してくるキャラです。

和ませてくれるキャラなので、この佐久間がいないとダメかも…なんて思わせてくれます。好きなキャラですね♪

あと…
番外編も配信中!

甘々です(笑)

25時、赤坂で 番外編

25時、赤坂で 番外編

25時、赤坂で 番外編

[著]夏野寛子

以上「BL「25時、赤坂で」あらすじ・感想ネタバレ!ドラマから始まる恋♪超人気俳優×新人俳優」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
アラフィフオタク主婦
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさんです。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人プロフィールはこちら