in-these-words

BL漫画「In These Words」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

まるでサスペンスドラマや映画のようなBL漫画
展開にハラハラして、先に進むほど面白くなっていく作品です。

「In These Words」著者:Guilt|Pleasure 先生の作品です。

In These Words

すぐ読みたい方は、ebookjapanでお得に購入できます。
↓↓↓
50%OFFクーポン6回分がもらえる!

「In These Words」のあらすじ

浅野克哉は精神分析医で、連続殺人犯の捜査に関わっています。
そんな彼は、悪夢に悩んでいました。

顔の見えない男に監禁され、犯され、愛していると囁かれ続ける夢です。

現実と夢が交差する…
連続殺人犯に魅入られてしまった精神科医の運命は?

「In These Words」の感想(ネタバレ注意)

In These Words
In These Words

とにかくBLという枠を超えてすごい作品ですね。
絵はリアルで素晴らしく上手いし、ストーリーも映画のようなサスペンスドラマのような感じで夢中になってしまいます。

この作品は現在4巻まで配信されていますが、1巻~2巻の前半まではある事件の様子が描かれています。被害者は主人公で精神分析医の浅野克哉。

そして、その事件の結末で驚きの事実がわかります。
それは、本当の事件ではなかったと…

In These Words

その後、それを説明するかのように過去の回想が描かれていきますね。

まずは、連続殺人事件の犯人を探すために、浅野が特別捜査本部主任の篠原の依頼によって、捜査に協力することになります。
それが事件の20ヶ月前。

その後、15ヶ月前までが2巻で描かれています。
この時には、浅野と篠原は体の関係も持っており、お互いに大切な存在になっていると思われます。

篠原は一途でわかりやすいですが、浅野はちょっとわかりづらいんですよ。
だけど、彼が心を許していることは間違いありません。たぶん(笑)

In These Words

そして3巻では、8ヶ月前のことが描かれていくのですが…
ここで1巻の内容に関連する事件が起こり、浅野が危機的な状況に陥ります。

1巻で描かれたことと同じ状況の、本当の事件が起こるわけです。
そして後半、浅野はなんとかギリギリのところで生還します。

最後は、浅野を守れなかったと篠原が意識のない浅野に語りかけるシーンで終了でした。
切ない…

この事件は、1巻出だしの小説部分など悪夢だと描いてあった部分が詳しく描かれるため、そのあとに1巻を読むとまた違った目線ですごく面白くなります。

管理人管理人

そして!!
4巻はめちゃくちゃ切ない!!

出だしから、ずっと意識を取り戻さない浅野を献身的に看病する篠原の様子が描かれているんですよ。

In These Words

その後、無事に浅野は意識を取り戻して、ひとときの普通の時間を取り戻すんだけど…
連続殺人犯は犯行をやめるどころか、被害者はどんどん増えていく状況。

そこで、浅野はある提案をするんです。
それはまるで賭けをするかのようなもので、篠原にとってもとてもつらいことでした。

お互いに愛し合っているのに、浅野はそれを忘れてしまうかもしれない…
だけど、ふたりは連続殺人犯を見つけるために決意するんですよね。

篠原は、浅野をずっと待っていると約束し、浅野はその約束を忘れないで欲しいと言い…

その決断した結果が、1巻の出だしにつながっているという感じですね。

管理人管理人

4巻のあとに1巻を読むと泣けますよ

篠原の気持ちもわかっているし、4巻での約束したことが描写されているシーンもあります。
このセリフってあれなのか!って思いますから、ホロっとするやら、篠原を思い出して~って思うやら…

犯人もつかまっていませんからまだまだ続きそうですが、次の巻が配信されるまでは時間がかかりそうです。しかし、4巻でちょうど切りよく終わっていますから読む価値は十分あります。
それぐらい面白いです。

読みたくなった方は、ebookjapanでお得に購入できます。
↓↓↓
50%OFFクーポン6回分がもらえる!

以上「BL【In These Words】感想ネタバレ!リアルな絵とストーリー!」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。