春と夏となっちゃんと秋と冬と僕

BL漫画「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

普通の幼なじみで普通の男子高校生の、四季折々の甘い日常!
甘酸っぱいアオハルストーリーです。

「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」
佐岸左岸先生の作品です。

春と夏となっちゃんと秋と冬と僕

今すぐ読みたい方はこちらから
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」のあらすじ

シマとナツオは、幼なじみ。
そして同じバスケ部員で、恋人同士…

ナツオのことが大好きすぎるイケメンのシマに、シマの気持ちや行動をドドンと何でも受け止めてくれる人たらしで男前のナツオ。

普通の男子高校生のふたりの楽しい日常と、四季折々のデレ甘な恋のお話が満載のBL漫画です。

「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」の感想(ネタバレ注意)

春と夏となっちゃんと秋と冬と僕
無料試し読みはこちらから

この作品は、あのオールドファッションカップケーキの作者・佐岸左岸先生のデビュー作です。

基本的に4コマ・時々8コマという形式で、7月から6月までの1年間ともう1話の全13話でまとまっています。男子高校生のあるあるや、ふたりのデレデレ甘いエピソードをひたすら読むってことですね。

季節ごとのエピソード順に読むことになるから、描かれているエピソードもわかりやすい!
時系列だからってこともあるし、恋人でいる期間が長くなっていくにつれて、季節ごとのイベントでの関係性も少し変化が出たりしますからね。

とはいえ、最初から恋人状態であり、もともと家族かよ!ってぐらいの仲良し関係のため、べったりデレ甘なのは終始同じです。

人によっては好みがある作品でしょうね。
4コマ漫画がそもそも苦手とか、もっと長くストーリー性のあるひとつのエピソードをじっくり読みたいとか…

私も、初めて読んだ時は、そんなことも思ったんですよね。
もともと4コマ漫画はあまり好きではなく、めったに読まないし…

管理人管理人

できれば、恋人になるお話も読みたかったな~とか。

だけど、逆に4コマ・8コマでひたすら甘いエピソードが描かれているのがいい!って声も多いです。

今は、私も同じように思っています。
読み返した時にめっちゃキュンキュンするって思っちゃって、読めば読むほど味が出る!

そう思うのも、キャラが魅力的だからなんですよ。

佐岸左岸先生の描くキャラっていつもそうだと思うのだけど、リアルにも本当にいそうな等身大の主人公たちが、大げさじゃない普通の恋をしている感じ。

タイトルの「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」とあるように、基本的にはシマからの目線とか、シマがナツオに振り回されている描写が多い気がします。

だから、シマがナツオのことが好きで好きでしょうがないって部分がめっちゃわかるし、ナツオの男前っぷりと可愛さに惚れます(笑)

可愛い男子高校生に癒やされる漫画ですね。
疲れた時に読みたくなります。

まずは、気軽に立ち読みしてみましょう!
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

購入可能な電子書籍ストア厳選6選

作品名か作家名で検索してね
↓↓↓
ebookjapanボタンU-NEXTボタン
コミックシーモアボタンBookLive!ボタン
まんが王国ボタンAmebaマンガボタン

公開日(更新日)時点の情報です。最新の配信状況は、各電子書籍ストアでご確認ください。

こちらの記事で、各ストアのおすすめポイントを詳しくまとめています。
↓↓↓

特におすすめの電子書籍ストアはここだ!

管理人管理人

今なら、ebookjapanがイチオシ!
BL漫画を安く購入できる電子書籍ストアだから♪

ebookjapanなら、初回ログイン時に50%OFFクーポン6回分がもらえます!
(最大3,000円OFF)
さらに、キャンペーン・セールが多く、定期的にクーポンが配布されたりもします。

安いだけではなく、漫画の品揃えの多さなど総合的にバランスの良い電子書籍ストアです。

無料登録は簡単!
Yahoo!IDを持っていたら登録すら不要です!
↓↓↓
ebookjapanにログインしてクーポンをゲット!

「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」の感想まとめ

幼なじみのシマとナツオがひたすらラブラブしている漫画でした。
エロはほぼありません。

デレ甘ではあるものの、男子高校生の日常あるあるや、季節ならではのイベントシーンなどリアルに感じる部分が多いこともあって、自然な甘さを堪能できますね。

また、常に距離の近いふたりを見守っている周りの友達にも注目!
居心地の良い空間で楽しい日々を送る様子に、キュンキュンします。

以上、BL漫画「春と夏となっちゃんと秋と冬と僕」のあらすじや感想ネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました。