BL漫画「ハングアウトクライシス」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

ハングアウトクライシス

合コンレジェンドと呼ばれるイケメンふたりがノリでエッチしちゃった!
その後ふたりはどうなる?

「ハングアウトクライシス」
おわる先生の作品です。

今すぐ読みたい方はこちらから
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

「ハングアウトクライシス」のあらすじ

法学部に通う御曹司・椿屋晟生(つばきやじょうせい)と、教育学部のモテ男・桜井幹(さくらいもとき)は、合コン負けなしの最強コンビ!

ところが、今日の合コンは、最悪だった!
ハズレだった合コンで飲むしかなく酔っ払っていたふたりは、まだお互いの方が相手にできる!と、ノリでラブホテルに行ってしまいます。

だんだんエスカレートしてしまうふたりは、結局ガッツリエッチしちゃいます。

その後、何も変わらないいつもどおりの晟生。
しかし幹は、女の子とエッチしようとしても勃たなくなっちゃった!?

それ以来、合コンレジェンドのふたりの関係は少しずつ変化していきます。

「ハングアウトクライシス」の感想(ネタバレ注意)

ハングアウトクライシス
無料試し読みはこちらから

この作品は、ちょっと好みがあるかな~って感じ。
というのも、晟生は御曹司で俺様なので、彼のキャラにイラッとする人もいるかと…

メインのふたりは、合コンレジェンドと呼ばれるぐらいなので、チャラいのは同じ。
だけど、エッチをしちゃったことで相手を意識しちゃうようになったのが幹。
彼も最初は、単純に受けの気持ちよさから男相手じゃないと勃たなくなっちゃったのかもしれないけれど…

何度もエッチを繰り返していくうちに、確実に心の変化があったわけですよ。
晟生としかエッチできなくなるなど、一途になって好きだと自覚していったり…

だけど、晟生は!?っていうと、後半まではただただ自分勝手な俺様キャラにしか見えません。
彼が変わるのは、ゲイ風俗でアルバイトをしている農学部の蓮見深也(はすみしんや)と幹が仲良くなっていくのを知ってから。

ヤキモチをやくんですよね。
だけど、もともと幹が蓮見と仲良くなったのも、晟生がしょっちゅう幹を抱きながらも、合コンで良い子がいればお持ち帰りしたからで…

管理人管理人

私も初めて読んだ時には、正直…何だこいつ!?って思いましたね。

だから、蓮見とラブホに行く時に、ガツンと幹にプライベートだからとバシッと拒否された時は、ちょっとスカッとしたりして…

とはいえ、後半になって幹に子供かよって勝手なことを言って殴られてから、やっと彼も気づきます。
そこからは潔かったし、その後は、もう溺愛状態(笑)

結局、彼は典型的な俺様御曹司ってことですよね~。
その分、幹がとっても健気に思えます。

俺様気質やドS体質が好きな方・エロ系が好きな方なら、とっても楽しめる作品だと思いますよ。

まずは、気軽に立ち読みしてみましょう!
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

この作品を購入可能な電子書籍ストア6選

作品名か作家名で検索してね
↓↓↓
ebookjapanボタンU-NEXTボタン
コミックシーモアボタンBookLive!ボタン
まんが王国ボタンAmebaマンガボタン

公開日(更新日)時点の情報です。最新の配信状況は、各電子書籍ストアでご確認ください。

こちらの記事で、各ストアのおすすめポイントを詳しくまとめています。
↓↓↓

特におすすめの電子書籍ストアはここだ!

管理人管理人

ebookjapanがイチオシ!
BL漫画を安く購入できる電子書籍ストアだから♪

ebookjapanなら、初回ログイン時に50%OFFクーポン6回分がもらえます!
(最大3,000円OFF)
さらに、キャンペーン・セールが多く、定期的にクーポンが配布されたりもします。

安いだけではなく、漫画の品揃えの多さなど総合的にバランスの良い電子書籍ストアです。

無料登録は簡単!
Yahoo!IDを持っていたら登録すら不要です!
↓↓↓
ebookjapanにログインしてクーポンGET!

「ハングアウトクライシス」の感想まとめ

攻めの俺様的な勝手な行動によって、受けがより健気に思える作品です。
この攻め・晟生に対する印象が、作品の好みに関わるのでは?と思います。

個人的には、勝手な攻めだな~と思いながら読みましたが、もともと攻めより受けが好きな私にとっては、幹が健気で一途だったので問題なしでした。

蓮見も良かったですね~。
いざとなれば…ってぐらい幹のことが好きだったはずなのに、ふたりを見守ってくれる良いキャラでした。

この記事をチェックした方は、こちらの記事も読んでいます!
↓↓↓

以上、BL漫画「ハングアウトクライシス」のあらすじや感想ネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました。