ギンモクセイの仕立て屋

BL漫画「ギンモクセイの仕立て屋」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

自信満々の超一流レストランの元メートルと、自信のない仕立て屋のお仕事&恋のお話。スーツ×スーツにときめく!!

「ギンモクセイの仕立て屋」
マミタ先生の作品です。

ギンモクセイの仕立て屋(上)

今すぐ読みたい方はこちらから
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

「ギンモクセイの仕立て屋」のあらすじ

祖父が亡くなり、銀座の老舗テーラー「ギンモクセイ」を継いだ高林生吹(たかばやしうぶき)は悩んでいました。お客がまったく来なくなり、このままでは店が潰れてしまうから!!

思いつく限りやれることをやってはみたものの、閑古鳥が泣いている状態は変わらず…

そんなある日、銀座の超一流レストラン「ヴィンセント」の元メートルの中村灯生(なかむらてお)が訪ねて来て、突然店のダメだしを始めます。そして、「俺を雇え」「俺に賭けてみないか」と言い出したのです。

混乱しつつも、彼に賭けてみようと言われたとおりに身だしなみを整えに行った生吹。
そして、彼との出会いを思い出し…
ふたりは、ギンモクセイを立て直すために新たな一歩を踏み出します。

スーツ×スーツの恋と仕事を描いた大人のBLです。

「ギンモクセイの仕立て屋」の感想(ネタバレ注意)

この作品は、今にも潰れそうな紳士服の仕立屋・テーラーを、店主の受けの生吹と攻めの灯生が立て直して人気店にしつつ、恋も進展していくお話です。

ふたりの仕事の関係で、専門用語が多いですね。
とはいえ、わかりやすく説明が入っているので問題ありません。
むしろ、へぇ~なんて思いつつ、面白いです。

上巻の感想

ギンモクセイの仕立て屋(上)
無料試し読みはこちらから

上巻をざっくりまとめると、今にも潰れそうだったテーラー・ギンモクセイが、灯生の登場によって人気店舗に変貌していき、生吹が救われるというお話

出だしは、生吹が泣きながらベッドの上で弱音を吐いているシーンから!

私は、このふたりの出会いのシーンがめっちゃ好きなんですよね。
今後何度か描かれていくのだけど、どの描写もいいわ~。

管理人管理人

泣いて本音を話している生吹が、なんだかエロ可愛くてね…キュンとする!!

そのあとは、テーラー「ギンモクセイ」に灯生がやってきて、ダメ出ししつつ「俺に賭けろ」と言い出すシーンへ。

生吹は、出会いのことを最初はまったく覚えていないのだけど、結局は見ず知らずの灯生の言うことを聞くわけですよ。それって、灯生のダメだしが的を得ていたことと、受け入れてしまうほど、生吹は限界だったということですよね、きっと。

そして、髪を切ったあとでやっと思い出します。
酔っ払って身体の関係を持った相手が灯生だったと…
ここまでが1話ですね。

そこからは、どんどん店は変わっていきます。
その戦略とか、ふたりでアイデアを出し合うシーンなどは、すっごく面白い!
BLとか関係なく、お仕事漫画として楽しめます。

管理人管理人

そして、灯生は超スパダリすぎて、かっこよすぎる!!

ふたりって、すっごくタイプが真逆なんですよ。

生吹は、子供の頃から肌の色などコンプレックスを持っていて、自分に自信があまりないような感じ。人に流されやすい性格だから、今になって後悔していることが多いし、常にこれで良いのかと不安を持つタイプ。

それに対して灯生は、とっても自信家。
自分の言う通りにしていれば絶対成功する!と思ってるし、実際に次々とそれを実現していくのだけど、周りはそれについてこれなかった…

ふたりの共通点は、「孤独」と「守りたいのに守れないという後悔や焦り」でしょうか。灯生だって、彼のことを理解してくれる人がいたうちはうまくいっていたわけだしね。

そんなふたりが、ひょんな出会いからタッグを組むわけですよ。
真逆なタイプだからこそ、お互いにないものを持っていて、どんどん成功するのも違和感はありません。それぞれがずっと求めていた結果を出していく様子は、読んでいて満足感もあります。

ただ、疑問もあるんですよね~。
灯生は、そこまでやれる?ってぐらいの献身ぶりだから…

この上巻の終わりって、ギンモクセイが再度融資を頼みに銀行に行くシーンなのだけど、灯生は自分のレストラン用に予定されていた融資をすべてギンモクセイに譲っちゃうんです。

確かに恋愛面のことも描かれていて、灯生は生吹のことを好きだと告白しているし、給料の代わりにキスを求めたりはするのだけど…
好きでもそこまでは普通やらないだろう!?なぜ?って思いますよね。

そんな疑問を抱いて終了でした。
そしてその理由は、ちゃんと下巻でわかります。

下巻の感想

ギンモクセイの仕立て屋(下)
無料試し読みはこちらから

下巻をざっくりまとめると、灯生が出会って間もない生吹のためにあそこまで献身的だった理由と、生吹の元彼との復縁問題が描かれています。

ストーリーは、灯生が幼い頃の様子からスタート!
父親が一流レストラン・ヴィンセントのオーナーだったことと、当時メートル・ドテルだった加瀬(かせ)に憧れて、同じ道を志して店を守ろうと決意します。

メートル・ドテルというのは、格式高いフレンチレストランの給仕長のことです。
フロア全体を取り仕切るサービスの総責任者です。
ただ、努力してメートルにはなれたものの、結局はトラブルで灯生が辞めることになってしまいます。

管理人管理人

このシーンは、とっても不快!!
プライドばかり高い傲慢なシェフが超ムカつくんですよ。

そして、そのあとにさらにそのトラブルがきっかけで、灯生には別のトラブルが発生!
そんな時に、生吹と出会ったわけです。

ふたりの出会いはもう運命だね…って思える!
出会いのシーンは、上巻の出だしよりずっと詳しく描かれていて、生吹が可愛すぎる!!

この、灯生の子供時代とふたりの出会いの回想のあと、融資の話の続きが始まります。

そして、ここから生吹の気持ちに大きな変化が!!というか、たぶん上巻から同じ気持ちを持っていたのだけど、ハッキリ自覚したってことだと思いますね。

そして、中盤前に元彼・西島(にしじま)が登場!
ここから、生吹と灯生の恋は急激に進展します。

元彼・西島も、上巻では生吹を騙して女と結婚していた嫌な奴だろうと思っていたけど、そうではなかったのが良かったです。本当に本気で愛されていたんだな~って。
それに、復縁できなかったあとも、プライベートと仕事をちゃんと分けられる常識人だったので、それも良かった!

描き下ろしでは、生吹を好きなふたりが、マウントを取り合っているのが笑える…

仕事と大人の恋を描いている作品ですが、ところどころにほのぼのモードも入ってきて、読みやすい作品でした。

まずは、気軽に立ち読みしてみましょう!
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

購入可能な電子書籍ストア厳選6選

作品名か作家名で検索してね
↓↓↓
ebookjapanボタンU-NEXTボタン
コミックシーモアボタンBookLive!ボタン
まんが王国ボタンAmebaマンガボタン

公開日(更新日)時点の情報です。最新の配信状況は、各電子書籍ストアでご確認ください。

こちらの記事で、各ストアのおすすめポイントを詳しくまとめています。
↓↓↓

特におすすめの電子書籍ストアはここだ!

管理人管理人

今なら、ebookjapanがイチオシ!
BL漫画を安く購入できる電子書籍ストアだから♪

ebookjapanなら、初回ログイン時に50%OFFクーポン6回分がもらえます!
(最大3,000円OFF)
さらに、キャンペーン・セールが多く、定期的にクーポンが配布されたりもします。

安いだけではなく、漫画の品揃えの多さなど総合的にバランスの良い電子書籍ストアです。

無料登録は簡単!
Yahoo!IDを持っていたら登録すら不要です!
↓↓↓
ebookjapanにログインしてクーポンをゲット!

「ギンモクセイの仕立て屋」の感想まとめ

店を守るという同じ目標を持っていながら、客が来なくて潰してしまいそうになった受けと、トラブルで辞めることになってしまった攻め。そんなふたりがタッグを組んで、テーラー・ギンモクセイを立て直すお話でした。

そして、地味に注目しておきたいキャラは他にもいます。
お隣でギャラリーを開いているゴトウさんと、猫のギンさん。

このキャラたちが癒やしてくれるんですよ!
特にゴトウさんは、ここぞってところで良い働きもしてくれます。

この記事をチェックした方は、こちらの記事も読んでいます!
↓↓↓

以上、BL漫画「ギンモクセイの仕立て屋」のあらすじや感想ネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました。