BLジェラテリアスーパーノヴァ/出会い系で知り合ったふたりのその後

キタハラリイ先生の作品
ジェラテリアスーパーノヴァ
出会い系で知り合ったふたりの恋物語ですが、その後のお話も配信がスタートしました!
ジェラテリアスーパーノヴァ royal vanilla

今回は、まとめて感想を書いちゃいます。

ジェラテリアスーパーノヴァ あらすじ

大学生の里谷は、近所にあるジェラート屋「スーパーノヴァ」で年上の男性と待ち合わせをします。
里谷はその彼の名前すら知りません。知っているのは、お互いに適当につけたハンドルネームだけ。

出会い系で適当に知り合ったふたりは、部屋でやるだけの関係。
・・・・だったはず・・・

少しずつ自分の気持に気づいていく里谷は、、自分だけが深みにはまっていくようで不安になっていきます。

ジェラテリアスーパーノヴァ 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

このジェラテリアスーパーノヴァは、キタハラリイ先生の初のコミックスだそうですね。

「ジェラテリアスーパーノヴァ」は、大学生の里谷目線でストーリーが進みます。これだけで完結だと思っていたし、それで満足していた作品なんだけど、その後のお話の「ジェラテリアスーパーノヴァ royal vanilla」が最近配信されて読んだら・・・

やばっ!これ両方読まなくちゃ!!と思える内容でした。
「ジェラテリアスーパーノヴァ royal vanilla」の方は、相手の政田目線でストーリーが進むからです。

当然、続きのお話だから時系列的には先に進んでいる内容ですが、なぜあの時はこうしたのか…ということがすべてわかります。それがわかった上で、最初の作品を読むと、また違った楽しみ方ができますよね。

どちらも共通して言えるのは、ジェラテリア(ジェラート専門店)というアクセントをすごく上手く使っていて面白い!って思いました。逆にそれがないと、結構ありがちな作品だったのかもしれません。

里谷は、いつもバニラ一択で、他のジェラートは食べません。
それに対して年上の男性の政田は、毎回違うジェラートを選びます。

そして里谷は大学の仲間と飲み会に行くのだけど、そこで食べたバニラアイスは美味しくなくて、「あぁ、もう普通のバニラじゃ満足できない」とか思ったり・・・

また、政田にとっての自分は、彼が毎回違うジェラートを選択するのと同じようなのだと思って、だからこそ自分ばかりが深みにハマるのが不安だったのではと想像できるようなシーンもありますね。

そして、政田が姿を消してからは、里谷も様々なジェラートを選ぶようになります。その時は、全部食べたら忘れられるかも…みたいな感じだったけど。

こんな感じで、ジェラテリアが、ストーリーに絡んで、キャラの心情にリンクしています。

「ジェラテリアスーパーノヴァ」は、真面目で一途で誰かに愛されたいと思っていた里谷が、年上のセフレ関係になった彼への思いに戸惑ってしまうようなお話です。この巻だけを見ていると、政田はまさに大人の男性って感じなので、恋している里谷のことを、ひたすらがんばれ!と応援したくなります。

そして!!
その後のストーリーの「ジェラテリアスーパーノヴァ royal vanilla」を読んでびっくりしてしまいました。まさか、政田がこんな気持でいたとは!!

ハッキリ言って、恋人になってからのこちらの巻はラブラブの甘々です。
政田はもう別人なのでは?というぐらいですね。
そして彼の率直な態度に、里谷は顔を真赤にする頻度の高いこと・・・(笑)

どちらの巻も、エロいシーンはしっかりエロいのだけど、royal vanillaの方は、里谷がまるでエッチに不慣れた人みたいです。あんなにセフレ状態でエッチしてたはずなのに。

でもそれが嬉しい!
愛されているって実感しているってことですよね。

ふたつの作品は、両方読まなくてもどちらの巻も意味は通じるし問題はありません。
でも、両方読んだ方が、より楽しめることは確実なので、是非お試ししてみてください。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村