【素直じゃないけど】ワルイコトシタイシリーズ-10-

ワルイコトシタイシリーズの第10作目
桜賀めい先生のBL漫画。
元ヤンキーのツンデレ副会長と幼馴染のお話です。

素直じゃないけど

素直じゃないけど

素直じゃないけど

[著]桜賀めい

素直じゃないけど あらすじ

生徒会副会長で元ヤンキーのユキこと幸村は、ヤンキー東雲と幼なじみで恋人同士。

相変わらず、東雲に振り回されながらもふたりは順調に過ごしていました。

しかし、ユキを不安にさせるライバルが登場。それが風紀委員長の香坂直です。

人見知りで人と接することが苦手な香坂はユキを敵視しています。ユキは気になってしかたがありません。

東雲から、香坂との関係は心配いらないと聞きますが、それでも香坂自身はどう思っているのか気になってしまいます。

そんなある日、ユキと香坂が言い合いになる事件が!

止めに入った東雲が初めてユキに怒鳴って・・・

他の男をかばって自分の前からいなくなったと思ったユキは、辛くなって東雲とは接触しないように自宅にも帰らなくなってしまいます。

素直じゃないけど 感想レビュー

超キュンキュンしまくりでした!

ユキは、東雲がそばにいないと耐えられないっていうぐらい好きという感情が抑えられなくなってきました。

それが素直に言えたり、態度に示せればいいのだけど、できないから離れていこうとしてしまいます。

そういう所が脆くて、守ってあげたくなっちゃうんですよね、きっと。

東雲も我慢が限界で暴走しそうでしたが、帝に止められて抑えられた感じ。今までの作品では、ここまで東雲が焦って暴走しそうだったのはなかったのでは?

それって、今回初めてユキのためじゃないことをしてしまって、ユキを傷つけてしまったからだと思います。

どこまでも、ユキ一筋なんだな~♪

東雲が迎えにいって仲直りする時のエッチは、やっとユキも素直になって解放された感じだったかも。超エロかったのもそうだけど、常に受け身のユキが、自らお願いするようなセリフを言ったのも新鮮でした。

見どころ満載のストーリーでした。
ユキのお兄さんが登場しますが、彼をもっと見たいから、先のお話できないかな~

素直じゃないけど

素直じゃないけど

素直じゃないけど

[著]桜賀めい

ワルイコトシタイシリーズの登場人物と作品順番の紹介はこちら
その他桜賀めいさん先生の感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan