【無慈悲なオトコ】ワルイコトシタイシリーズ-6-

ワルイコトシタイシリーズの第6作目
桜賀めい先生のBL漫画。

無慈悲なオトコ

無慈悲なオトコ

無慈悲なオトコ

[著]桜賀めい

無慈悲なオトコ あらすじ

ワルイコトシリーズの永遠と帝の兄同士のラブストーリーです。

大学生の白羽七王は、帝の兄。
男なら誰でも誘うと噂されていますが、実際は永遠の兄の久遠にずっと片思い中。

ある日、帝のところに来ていた永遠を迎えに久遠が家に来ます。

まだ帰したくない・帰りたくない帝たちのために、七王が久遠の相手をすることに。

しかし、自分の名前を呼ばれたこと、自分にいい感情を持っていないとハッキリ言われたことで七王は久遠にせまって無理やり・・・

無慈悲なオトコ 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

久遠のひとことで気持ちが抑えられず、エッチを強要してしまう七王。
これでもう終わったと思います。

でも、久遠は逆に七王が気になってしかたがありません。

あの時折見せる寂しそうな顔やあきらめたような顔はなんなのか・・・
七王は本当はどんな人物なのか・・・

そして、ふたりの関係が変わっていくのだけど、とにかく七王が美しすぎます!!

あの大胆で冷めた感じの表情から、手を震わせたり寂しそうな目をするところまで、どれが本当の七王?と思うぐらい色々な面を見せてくれます。

とっても繊細。それにつきる!
だから、それをごまかすように色々な顔を作るんですよね。

久遠の前で見せる恥ずかしそうな顔や嬉しい顔は、最高に可愛い♪

初めて読んだ時は、なんで久遠は七王がエッチしてきた時に拒否しないのだろうって不思議だったんですよね。どう考えても久遠の方が強そうなのに。

でも、話を読み進めていくと、それが何故だったのかわかります。

そして久遠は、七王の気持ちを聞くところが超カッコ良かったです。

そもそも、その前に気持ちには気づくので、勘がいいやら頭の回転が速い人だな~と思いましたし。本当に兄の永久や弟の永遠と同じ血が流れているのか?と笑ってしまうほど(笑)

七王に自ら好きだと言わせるシーンで、ハッキリ聞こえないからもう一度って催促するところがありますが、その時の顔は萌える~~♪マジで超カッコイイ~~♪

他のシリーズ作品はみな主人公が高校生なので、大人の雰囲気もあってとても切なくも感じる作品です。

無慈悲なオトコ

無慈悲なオトコ

無慈悲なオトコ

[著]桜賀めい

ワルイコトシタイシリーズの登場人物と作品順番の紹介はこちら
その他桜賀めい先生の作品の感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan