【無慈悲なアナタ】ワルイコトシタイシリーズ-9-

ワルイコトシタイシリーズの第9作目
桜賀めい先生のBL漫画。

無慈悲なアナタ

無慈悲なアナタ

無慈悲なアナタ

[著]桜賀めい

無慈悲なアナタ あらすじ

無慈悲なオトコの続編です。

恋人同士になった大学生の七王と久遠。

久遠は、日増しに七王のことを考えたり一緒に過ごすのが生活の一部となっていきます。

しかし、七王は久遠といられるのが夢のようで、これ以上好きになるのが怖くなると思うぐらい。だから、不安があって臆病な面を時々出してしまいます。

嫌われないようにと自分を押し殺してしまうところが、久遠は気になってしかたありません。

そんなふたりの間に登場するのが、七王のトラウマの原因になった人物。彼との出会いをきっかけに、久遠の執着と独占欲は急激に強くなり・・・

無慈悲なアナタ 感想レビュー

あ~~~
途中は、ドロドロするのか?大丈夫か?とハラハラしましたが、読後感はすっごく良かったです。

七王の先輩が登場するところは、せっかく七王が久遠と初旅行で幸せいっぱいの時でしたから、なんてタイミング悪いのだ!と思いましたが、そのあとの展開はよかったですね~。

七王ファンとしては、気持ちの奥を全部さらけだして、トラウマから少しは解放されたのかな?と思えたので大満足です。

後半に、久遠が愛しているとハッキリ強く言うのですが、この言葉は七王にとっては、普通よりずっと心に響いたでしょうね。

何度も愛してるって確認して聞き返す時は、号泣です(笑)

あとは、最後に甘えちゃう部分があるのですが、それも普通恋人同士なら言えるでしょってことだから、胸キュンしちゃいました。
七王にとっては、すごいことなんですよね!

「よく言えました」って頭をなでてあげる久遠もまた、超カッコイイ~~

甘々ラブラブで終わってくれたので、最高です。

無慈悲なアナタは、七王も久遠も、キャラの良さが前面に出ていてうっとりするぐらいですよ。

あと、相変わらず天然っぷり全開の、永遠と永久も可愛かったです。

無慈悲なアナタ

無慈悲なアナタ

無慈悲なアナタ

[著]桜賀めい

ワルイコトシタイシリーズの登場人物と作品順番の紹介はこちら
その他桜賀めい先生の作品の感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村