切なくて泣けてエロいBL『もういちど、なんどでも。』

阿仁谷ユイジ先生の感動の作品
もういちど、なんどでも。
泣けます!号泣しちゃう感動ストーリーです。

もういちど、なんどでも。 あらすじ

古藤多郎(ことうたろう)は、恋人の藤井貴博(ふじいたかひろ)が事故にあったと聞いて病院にかけつけるのですが、目を覚ました貴博は2年分の記憶を失っていました。

彼が失った2年間の記憶。
それは、ふたりがセフレ関係になり、やっと相思相愛になって同棲を始めた記憶。

忘れてしまった貴博は、多郎のことをただの同級生としか覚えていません。

記憶を思い出すために同居を続けるふたりですが、ある日貴博は多郎が男に抱かれるビデオを見つけてしまい、彼をゲイビ男優だと勘違いしてしまい意識するように・・・

もういちど、なんどでも。 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

もうもう・・・号泣しながら毎回読みます。
何度読んでも泣けるんですよね。

私的には、指輪とビデオがキーポイントで、それに関する部分で泣いてしまいます。

もともと貴博は自分の姉に特別な気持ちを持っていて、姉が大事にしていたおもちゃの指輪をこっそり隠してしまいます。その指輪を多郎が持つようになり、そして、多郎に自分から指輪をプレゼントしようと用意した時に記憶喪失になってしまいます。そして、最後に貴博が多郎との家に戻ろうとする時も、事故当時に着ていた服から指輪を見つけます。

こんな感じで、ふたりの関係が変化する時に、指輪が関わっているんですね。

あとはビデオ。
ふたりのハメ撮りしたビデオなんだけど、貴博は多郎がゲイビ男優なのだと勘違いしてしまいます。そして、貴博の気持ちを確定する時にもビデオがからんできます。これもまたふたりの関係が変化する時のキーポイントになっていますね。

記憶を失ったということは、ノンケだった時に戻ったわけで、自分は恋愛対象外になってしまったとわかっている多郎。

そんなノンケの貴博は、多郎に対して特別な気持ちになったり反応してしまうことを、何かと理由をつけて気持ちの誤作動だと思うようにします。しかし、体の関係を持ってしまった後は、その気持も罪悪感と一緒になって爆発。
多郎に向かって、好きな人はお前じゃない・間違いだったという意味合いのことを言ってしまいます。

その時に多郎は「・・・それ、言っちゃダメなやつ」って言いますが、もうここでまず号泣!どんな気持ちで言ったんでしょう!?切なすぎる・・・(泣)

またじわじわ関係を深めて2年前のように恋人になっていきたかったのにダメなのか?とうとう別れの時が来るのか?など、色々な気持ちがぎっしり詰まっているような気がします。もともとノンケだった頃に戻ってしまったわけだし、周りの環境も変わってまた男同士で恋人になれるのかなんてわかりませんからね。

その後に、最大の泣きポイントがやってきます。
家を出た貴博は、多郎と会わない平穏な日々を過ごしています。でもそれは普通の平和ではなく、多郎がいないことで気持ちが何も動かなかった日々。

そして、多郎とふたりの家に戻って、あのビデオを再度見るシーン。
貴博が、涙を目にいっぱいためて、「多郎・・・好きだ」と言ったところで号泣!
ビデオのセリフと貴博のセリフが同時になるなんて素敵。貴博は覚えていませんから、心の奥の気持ちがあの頃と同じになったということでしょうか。

忘れられたって大好きにきまっているという健気な多郎。
そして、記憶がないのに、一生懸命多郎との関係に悩んで考える貴博もまた大変誠実でした。

忘れてはいけないのは、エッチシーンもかなりエロいです。
そして、このふたりのその後のお話は、「もういちど、なんどでも。 アフターエピソード」と「もういちど、なんどでも。 アフターエピソードの行間の話」で読めます。

「もういちど、なんどでも。 アフターエピソード」は、単純にその後貴博が受けをしてもいいよって言うお話ですが、エロシーンはありません。「もういちど、なんどでも。 アフターエピソードの行間の話」が、そのエロシーンになっています。

ストーリー重視の方も、エロ系が好きな方も、切なくて泣けるBLが好きな方も満足できるはず!

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村