クロネコ彼氏の甘え方 ~BLクロネコ彼氏シリーズ【2】

左京亜也先生のクロネコ彼氏シリーズ第二弾!
クロネコ彼氏の甘え方

ラブラブのふたりに亀裂が!?

クロネコ彼氏の甘え方 あらすじ

猫科人間でイエネコの慎吾は、同じ猫科でヒョウに化ける人気俳優の賀神と恋人同士になってラブラブ。
特に賀神は慎吾にメロメロで、仕事の合間も暇があればベタベタしてきます。

そんなふたりがキスをしているところを、カメラマンが見てしまい、慎吾に根掘り葉掘り聞いてくるように・・・

その様子を見てヤキモチをやいた賀神は、キスを見られたことを知らず、少しずつふたりはギクシャクしていきます。

クロネコ彼氏の甘え方 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

カメラマンの蓮見の登場で、慎吾と賀神の間がちょっとずつおかしい方向に進んでしまいます。

きっかけは、しつこくカメラマンの蓮見にちょっかい出されている慎吾を見て、賀神がやきもちをやいたのがきっかけですね。自分ばかりが追いかけているような気分になってしまいます。

もうそういう状況になってしまうと、言葉も違うように受け取ってしまうのでしょうか。

慎吾は、「他の人は好きになりたくもないし好かれたくもないけれど、賀神だけは捨てられてもいいから欲しいと思った」と言うのですが、賀神はこの言葉にこだわって、ここでふたりの気持ちにズレが生じてきます。

いつか俺が捨てると言うのか
いつかは終わると思っているのか
信用もなにもあったもんじゃない

賀神は、終わりを怖がる慎吾のことを考えて体だけの関係に戻ろうか、そうすればまだ始まっていないから終わらないのだと提案をしますが、慎吾もまた違う受け取り方をしてしまい、賀神のにおいを感じなくなってしまいます。そしてまた心を閉ざしてしまい・・・

う~~~ん・・・
誰も悪くないのだけど、微妙なズレが大きな亀裂になっていくようで切ないですね。

やっと心を開いたばかりの慎吾は、そうそう急に甘々になれるわけでもないし、捨てられないとは頭でわかっても不安がまったくないという状況までには時間がかかるだろうと思うのですが・・・

でも、こういう言葉足らずでもめてしまったり、気持ちがすれ違ったりするのはリアルの恋愛でもあるあるなので、その分最後は感動が増しますね!!

前作のクロネコ彼氏のアソビ方から続けて読んでいくと、慎吾がかなり変わったのもわかります。
好きだという自分の気持を表に出すようになって、ホロッとしますね。

カメラマンの蓮見は、今後もチョコチョコ登場しますが、めっちゃいい人ですよ!

慎吾が猫になって蓮見のヒザの上で寝たことを浮気だという賀神は、最後に慎吾におしおきします。
ラブラブで終了です♪

左京亜也先生の作品感想はこちら

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村