ebookjapan

ebookjapanでは、金曜日にPayPayポイントを大量ゲットできるキャンペーン「コミックフライデー」を実施中です。

ソフトバンク・ワイモバイルスマホユーザーは最大35%還元。その他の一般ユーザーは、最大20%~25%が還元されます。

この記事では、具体的にどれぐらいお得になるのか検証した結果をご紹介します。

実体験!金曜日のPayPay還元率を4つの購入パターンで検証

毎週金曜日に実施されている「金曜日はお得キャンペーン・コミックフライデー」
2022年11月4日から、ポイント還元率がさらにアップしました!

ebookjapan

実際に、どれぐらいお得になるのかを、4つのパターンに分けて体験・検証してみました。

管理人管理人

Yahoo!プレミアム会員で、通常時2%・キャンペーン時最大20%だったころの検証結果です

今は、Yahoo!プレミアム会員に入会していない一般ユーザーが、同じ最大20%(通常時は1%)ですから、参考にしてくださいね。

最大25%にするための流れは、こちら↓の記事でご覧ください。

パターン1:「コミックフライデー」のみ

まず、シンプルに「コミックフライデー」のみ利用して購入した結果からご紹介します。

金曜日にebookjapanにログインすると、TOPページはじめ全ページの上部に「コミックフライデー」のバナーが表示されます。
そこからキャンペーンページに移動してエントリーできます。

漫画の詳細ページからでもエントリー可能。
エントリー後は還元率とその金額が最大数値に変わって表示されます。

下記の画像は、このページからエントリーし、再度読み込まれたばかりの状態です。

ebookjapan

漫画のタイトル下にはまだ「2%獲得」という表示が残っており、中央には「最大20%獲得・最大163円相当」と書かれています。

そのまま買えば2%還元のみだったけど、エントリーしたから20%還元・163円相当が付与されるようになった…ということがよくわかります。

管理人管理人

つまり、825円の漫画を662円で買えるってこと!

20%OFFとか163円値引きとか言われると、すごいお得だとか思えないんですけど、800円代が600円代になると言われると、だいぶ印象が違ってきますね。

そして今回は、8冊の漫画を購入し、合計金額は5,984円になりました。
この時点で、最大20%のPayPayポイントは1,194円分貯まることになりますね。

ebookjapan

でも、獲得ポイントが反映されるには30日程度かかるし、今すぐお得な方がいいので、今回の買い物で値引きとして使ってしまいます!

利用可能な特典の「このお支払いに利用する」にチェックを入れるだけでOK。

ebookjapan

還元率アップで得たPayPayポイントを、貯めるのではなくそのまま特典として値引きできちゃうのは大きいです。これはヤバイですね(笑)

重要なのは、自分でPayPayポイントの使い道を選択できるってこと!

Yahoo! JAPAN IDと連携さえしていればポイントの有効期限もありません。だから、値引きに利用しなくったっていいんです。

漫画を買うついでにポイントを貯めて、大きな買い物に使うのもよし!
漫画購入の際に割引率をアップするため、値引き利用するのもよし!

<パターン1の結果発表!>
通常購入時の支払い合計:5,984円
PayPay還元による値引き額:1,194円
値引きを差し引いた支払い合計:4,790円
管理人管理人

還元されたポイントを値引き利用したおかげで、約20%OFFで漫画を買うことができました。

だけど、この20%OFFで買えたことが「すごすぎる!」って話ではないんです。
本来の目的は、さらに安くするために別のキャンペーンやクーポンも併用することですね。

パターン2:「コミックフライデー」とクーポンを併用

ebookjapan
ebookjapan

10月第一金曜日に付与されたクーポンは、「韓国BL配信記念!30%OFF」クーポン。
このクーポンを「コミックフライデー」と併用して漫画を購入しました。

対象作品は単行本ではなく連載版のため、全部で63話購入。

ただし、どの作品も最初の数話は随時無料。
そのため0円購入が22話、残り41話分の支払い合計は2,747円になりました。

下の画像を見ると、クーポンの割引が一部の商品に適用されると書いてありますが…

これは、無料で0円購入した22話には適用されないということで、支払った分はすべて30%OFFになっているので大丈夫!

ebookjapan

クーポンの値引き824円とPayPay還元値引き383円を合わせると1,207円が値引き総額。

PayPayの還元額が20%だからと言って、単純にクーポンの30%+20%…などと安くなるわけではありません。
PayPayは、クーポンを使って値引きされた後の金額に対して反映されますから。

それでも、併用することでかなり割引率はアップしますね。

<パターン2の結果発表!>
通常購入時の支払い合計:2,747円
クーポン利用による値引き額:824円
PayPay還元による値引き額:383円
値引きを差し引いた支払い合計:1,540円
管理人管理人

30%OFFクーポンをプラスしたことで、約44%OFFになりました。

パターン3:「コミックフライデー」とその他キャンペーン併用

ebookjapan

今度はクーポンではなく、「コミックフライデー」以外のその他キャンペーンを併用!
利用したキャンペーンは、BLfrancの「新刊独占先行配信記念フェア」

このキャンペーンは、対象作品の合本版を購入すると30%OFFになります。

ebookjapan

通常価格で購入した際の合計金額は3,333円。
カートには30%OFFの価格で入っており、その合計金額は2,332円です。

つまり、1,001円割引になったということ。

ebookjapan

<パターン3の結果発表!>
通常購入時の支払い合計:3,333円
PayPay還元による値引き額:464円
その他キャンペーンの値引き額:1,001円
値引きを差し引いた支払い合計:1,868円
管理人管理人

30%OFFキャンペーンと併用したら、約44%OFFになりました

パターン2と比較すると…
クーポンでもキャンペーンでも同じ30%OFFというなら、当然結果も同じ44%OFFになるのは当然。しかし、大きな違いもあります。

クーポンは縛りが多いってことですね。
対象作品のみとか、新刊はダメとか…

それに対してキャンペーンなら、他にも30%OFFの特集もあるし、50%OFFだってあります。

割引結果が同じだとしても、その種類によって使い勝手はだいぶ違うってことです。
キャンペーンは、特に併用利用したいですね。

そして、ここで疑問に思うことが、他のキャンペーンの対象作品を色々混ぜても大丈夫なの?ってことです。

そこで、最後のパターン4では、複数のキャンペーンはもちろん、クーポンも一緒に使っちゃおう!ということで、実際購入してみました。

パターン4:「コミックフライデー」とクーポン&複数のキャンペーンを併用

ebookjapan

このパターン4では、以下の組み合わせで検証しています。

  • 2回使える30%OFFクーポンを使用
  • コミックフライデー適用
  • 50%OFFキャンペーン対象商品を2冊購入
  • 30%OFFキャンペーン対象商品を1冊購入

つまり、「コミックフライデー」開催日の金曜日に、クーポンと3種類のキャンペーンをミックスして購入したってことです。

まず、通常価格で買ったとしたら、その場合の漫画の合計金額は、10,618円でした。

その中で、30%OFFの1冊・50%OFFの2冊は、それぞれ割り引かれた価格でカートに入ります。

30%OFFキャンペーンの対象作品

ebookjapan

50%OFFキャンペーンの対象作品

ebookjapan

カートに入った際の支払い合計は9,690円。
キャンペーンによるこれら3冊の購入だけで、すでに928円安くなっていることがわかります。

そして、30%OFFクーポンによってさらに割引!

ebookjapan

<パターン4の結果発表!>
通常購入時の支払い合計:10,618円
クーポン利用による値引き額:2,907円
PayPay還元による値引き額:1,354円
割引キャンペーンの値引き額:928円
値引きを差し引いた支払い合計:5,429円
管理人管理人

クーポンと複数のキャンペーンを合わせたら、約49%OFFになりました

すごいですね~。

今回は30%OFFのクーポンだったけれど、もっと割引率の高いクーポンだったら更に嬉しい状況に!
実際に先日、40%OFFの令嬢まんが特集クーポンが付与されていましたし。

金曜日は、クーポンが付与されない日も多いけれど、付与された場合にはしっかり利用したいですね。

結果!金曜日のPayPay還元率はやっぱりすごかった!

4つの購入パターンをご紹介しましたが…
それでわかったことは、やっぱり金曜日のPayPay還元率を利用して購入するとめっちゃお得ってことでした。

  • 金曜日の還元率
  • 割引率の高いクーポン
  • 割引率の高いキャンペーン

この組み合わせをうまく噛み合わせることができたら、相当安く買えるってことです。

しかも、キャンペーンは複数入れ込んでもOKでした。全部にクーポンが反映されていました。

ただ、クーポンを併用するスタイルは、運任せ的な部分が強いんですよね。
金曜日当日に、買いたい漫画のクーポン付与されていないとダメなわけで…

BL漫画を読まない方に、パターン2で使用した韓国BL30%OFFクーポンを付与されたって意味ないですからね。

管理人管理人

私の場合は2週間連続でキャンペーンにもクーポンにも恵まれたため、4パターンの比較検証ができました。ラッキー♪

とはいえ、自分好みのキャンペーンやセールがなくたって金曜日がお得なのは間違いなし♪

当然ながら、クーポンやキャンペーンとの相性が悪い日は、他の曜日のクーポンを使った方がお得…なんてこともありますけど。

管理人管理人

それでもやっぱり、金曜日に買おうってことが圧倒的に多いです。

キャンペーンは、数え切れないほど常時開催されており、そうそうハズレはありませんから。

それに、目的の漫画がすでに決まっている場合も、コミックフライデーなら条件関係なしに必ず割引にできるのでおすすめ!

そしてこれらのお得仕様が、季節ごとのイベントではなく、毎週チャンスあり!ってなるところが、ebookjapanのすごさです。

以上で終了です。最後までご覧いただきありがとうございました。

ebookjapanの記事一覧はこちら