BL漫画「DKとヤクザ」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめました!

DKとヤクザ 1巻

母親の借金のせいでヤクザ愛玩道具になってしまった男子高校生のお話。

「DKとヤクザ」
猫川たら子先生の作品です。

今すぐ読みたい方はこちらから
↓↓↓
無料で試し読み!(ebookjapan)

「DKとヤクザ」のあらすじ

男子高校生の藤崎咲(ふじさきさき)は、授業料が半年以上滞納していて、このままだと自主退学になると担任教師から告げられます。

家に帰ると母親の姿はなく、代わりに母親の借金を回収しにきたヤクザが来て…
咲は、城島組の若頭・城島一巳(じょうしまかずみ)に連れて行かれます。

選べる選択肢は3つ。
マグロ漁船に乗るか、臓器を売るか、城島に犯される愛玩道具になるか…

しかたなく咲は愛玩道具として抱かれます。
そして、翌日からは借金を身体で返済、下働きをしながら暮らすことになりました。

最悪だと思っていたものの、意外にも一巳も他の組員たちも優しく、これまでずっと愛された経験がない咲は、案外悪くないと思い始め…

「DKとヤクザ」の感想(ネタバレ注意)

この作品は、ヤクザと男子高校生のお話ですが、ヤクザがらみのトラブルなどはないですね。ただ、借金を返済する側と回収する側という立場によって恋がこじれたりします。

また、登場する誰もが子供時代に辛い思いをしている人たちばかりなので、切なくて泣けるシーンが多いです。だけど、最後はちゃんとハッピーエンドなのでご心配なく!

1巻の感想

DKとヤクザ 1巻
無料試し読みはこちらから

1巻の前半は、すっごく泣けてしまいました。
母親の借金の返済のために、咲が犠牲になって城島一家で暮らすことになるわけだけど、その様子とともに咲のこれまでの生活がわかるんですよ。

母親は、それはもうクズ…
その時の感情によって、咲に何度も期待させては裏切るという繰り返し。
不都合があれば子供のせいにし、機嫌が良い時はちょっとだけ母親らしいことをする…
そして、男に捨てられて辛い時は、子供にすがる…

管理人管理人

漫画ではよくあるシーンだけど、泣いたな~

咲はコンビニで買ってもらった1冊の漫画を、何度も何度も読み返してずっと大事にしていたんですよ。一巳がアパートから荷物を回収してきて、そのことが描かれているシーンは、マジで号泣!読むたびに泣ける!

そんな状況の中で、咲は城島一家に来て初めて色々と経験するんですよ。

頭をなでてもらったり、おかえりって言われたり、みんなで一緒に食事をしたり…
一巳は優しく抱いてくれるし、抱きしめられて寝るのもホッとするとか…

これでは好きになっちゃうのも当然ですよね。
愛されたことのなかった子が、初めて愛情を知ったんだから。

後半になると、一巳がなぜ咲にこれほどまで優しくするのか…という理由もわかります。このエピソードは、弟がらみで最終巻の3巻まで関連してくる内容なので要チェック!
さらにもうひとつ、咲の気持ちに気づいている一巳は、愛人になってって言うんですよ。恋人じゃなくて…これもまた最終巻に関連していきます。

最後は一巳たちに母親が捕まったところを、偶然咲が見てしまい、どうなっちゃうの?というところで終了です。

2巻の感想

DKとヤクザ 2巻
無料試し読みはこちらから

2巻は、出だしからめっちゃ切ない…
捕まった母親と一巳の会話を聞いて、咲は自覚しちゃうんですよね。

自分のことを邪魔だと思って、捨ててもなお親のためになんとかしろと言う母親。
そして一巳の冷静な発言を聞いて、自分はただの愛玩道具だったと思い出し…

誰も自分のことを、愛してなんかいなかったと思うわけです。

ただ、すぐにひょんなことからお互いの気持を伝えられることになって、良かった!!
ここで、咲は一巳の愛人になるわけです。

さらに、一巳が調べてわかるんだけど、あの母親がクズになったのにも、それなりの理由があったっていうのもわかって良かった…

中盤で咲はちゃんと母親と直接会って別れが言えたし、一巳と咲もラブラブな感じで、もう切ないパターンは終了か?って思いましたよ。

だけど、まだまだ続く…
まぁ、ここからの切ないパターンは、感動するから泣けるんですけどね。

それが、一巳の生き別れの実の弟・東堂ユイ(とうどうゆい)との再会です。
だけど、一巳はユイに対しての態度は冷たいですね。

だからこそユイと仲良くなった咲は、なんとか兄弟仲良くなってほしいと思って、一巳と話をしようとするのだけど…こじれるばかりで、咲が涙をこぼしてギクシャクするシーンで終了でした。

金で買われてる時の方がよかったって…

管理人管理人

わかるな~…

何も言ってくれずにエッチするだけなら、愛玩道具の時と同じですからね。
恋人ではなく愛人だとしても、そこには多少の愛があるはずだから、それすらないのかと咲は思っちゃったのだと思いますね。

3巻の感想

DKとヤクザ 3巻
無料試し読みはこちらから

ついにこの巻で完結!

出だしは、ユイとまた会うために出かけた咲が、薬を盛られるエピソードから。
そしてここから、それぞれの本音が描かれていくんですよ。

まず、ユイの本音は、もともと咲のスマホにGPSつけて盗聴までしていた一巳に筒抜け。ユイからすれば、咲は邪魔者なわけですよ。自分はずっと迎えに来てくれるのを待っていたのに、いつまで待っても来なかった兄には、男の恋人がいたってことですから。

女ならまだいいけれど、似たような境遇の同じ男っていうのが、自分と比較して許せなかったのかな~。

そして、中盤近くなったところで、初めて一巳が本音を話します。
ユイを迎えにいかなかった理由を…

ここで、その話を聞いていたユイが乗り込んでくるのだけど、話を聞けるようにしたのは、咲と亮のお手柄!!この3巻では、妙に亮がカッコいいんですよね~。
ユイに絡む時にはいつもいるし…まぁ、それは大切な弟を任せるにはぴったりの相手だから一巳が命令した結果でしょうけど。

そして、ユイが到着してからの一巳の本音には泣けた!!

後半は、咲が愛人問題で悩むようになります。
ユイが城島一家に引き取られることになって、実感しちゃうんですよ。
組員でもなく家族でもなく…
ただの囲われた愛人だから、一巳に捨てられたら何も残らず、一番居場所がない存在だということに…

さらにその後、学校も母親が退学手続きをしていたことがわかり、自分は学生ですらなくなったって思い悩んでしまう咲。

愛人という弱い立場は、そこから先が見えない不安定な立場だから、いつ捨てられるかわからないわけですよ。実際に母親に捨てられた咲にとって、捨てられるっていうのは一番残酷なことですから、悩むのも当然。

だけど、ここから最後まではやっと激甘!!
一巳がなんで愛人と言ったのかもわかりますし、ここでやっとふたりは恋人になれました。

最後は、一巳のすっごい溺愛っぷりが見れますよ。

まずは、気軽に立ち読みしてみましょう!
↓↓↓
今すぐ無料試し読み!(ebookjapan)

この作品を購入可能な電子書籍ストア6選

作品名か作家名で検索してね
↓↓↓
ebookjapanボタンU-NEXTボタン
コミックシーモアボタンBookLive!ボタン
まんが王国ボタンAmebaマンガボタン

公開日(更新日)時点の情報です。最新の配信状況は、各電子書籍ストアでご確認ください。

こちらの記事で、各ストアのおすすめポイントを詳しくまとめています。
↓↓↓

特におすすめの電子書籍ストアはここだ!

管理人管理人

ebookjapanがイチオシ!
BL漫画を安く購入できる電子書籍ストアだから♪

ebookjapanなら、初回ログイン時に50%OFFクーポン6回分がもらえます!
(最大3,000円OFF)
さらに、キャンペーン・セールが多く、定期的にクーポンが配布されたりもします。

安いだけではなく、漫画の品揃えの多さなど総合的にバランスの良い電子書籍ストアです。

無料登録は簡単!
Yahoo!IDを持っていたら登録すら不要です!
↓↓↓
ebookjapanにログインしてクーポンGET!

「DKとヤクザ」の感想まとめ

借金を背負ってしまった男子高校生と、訳アリのヤクザ若頭のお話。
恋はもちろん、家族愛もテーマになっている作品でした。

そして最後にどうしても言いたいこと!!
組員の吉武(よしたけ)と亮(りょう)が最高~~

吉武は、お父さん…というよりお母さんみたい(笑)
お料理上手だし、礼儀に厳しいし。
一巳が和解ってこともあって、彼がいるとなんだか締まりますよね。

そして亮は、出だしの1巻から面倒見が良いキャラだったけれど3巻の番外編と描き下ろしではめっちゃかっこいいです。

一巳と咲の邪魔ばかりするユイを止めるのが彼の役目で、そのシーンがすっごく良かったんですよ。
特に描き下ろしでは、ユイとエッチなことをする展開になって、ふたりはこのあとどうなっちゃうのか気になる!!

この記事をチェックした方は、こちらの記事も読んでいます!
↓↓↓

以上、BL漫画「DKとヤクザ」のあらすじや感想ネタバレでした。最後までご覧いただきありがとうございました。