オタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

BL「ブルースカイコンプレックス」あらすじ・感想(ネタバレ注意) 放課後の図書室から始まる恋

WRITER
 
ブルースカイコンプレックス
この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら

この記事では、BL漫画「ブルースカイコンプレックス」のあらすじや感想(ネタバレ注意)をまとめています。

お目付け役に抜擢されたことで、図書室から始まった恋。

「ブルースカイコンプレックス」
市川けい先生の作品です。

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

ブルースカイコンプレックス あらすじ

静かに本を読める場所が欲しいと思っていた楢崎は、先生に頼まれて図書室の受付をすることになります。それは、学校内で素行不良だと言われている生徒・寺島のお目付け役でもありました。

全くタイプの違うふたりですが、一緒に放課後受付をすることで、徐々にお互いに興味を持つようになります。受付の仕事中に勉強を教えるようにもなり、寺島の成績が上がったらご褒美をあげる約束をするなど、仲良くなっていきます。

そして夏休みに入り、図書室の受付の仕事も寺島のお目付け役も終了。
そんなある日、偶然散歩の途中で楢崎は寺島に会います。

寺島は、成績があがったご褒美をもらうと楢崎にキスをして…

スポンサーリンク
blank

ブルースカイコンプレックス 感想(ネタバレ注意)

(ここからはネタバレになる可能性あり)

市川けい先生の高校生ものってすごく好きです。
身近な感覚というか、あるある!って思えることが多いんですよね。

そして、この作品で特に好きなところは、巻が進むにつれて2人が成長しているところや、お互いをどれだけ大切に想っているのかというのがどんどんわかることですね。
特に楢崎は、どんどん好きになって変わっていくので、男前になっていく楢崎と愛されている寺島を見ているだけで癒やされる!!

途中の4巻からは大学生になってからのお話になるのだけど、もう最高ですよ!!

お互いの気持を確かめて大切にしていく高校生編

まず1巻目は、お互いの気持ちを知るところまでです。
寺島はもともとゲイなのですぐ気づきますが、楢崎は相手のきとを好きだとわかるまでちょっと時間がかかります。

2巻目になると、無事エッチをすませるのですが、そこからちょっとぎくしゃく。

楢崎は寺島のことで頭がいっぱいになるほど好きになって、やきもちをやくように…

逆に寺島は、エッチが良すぎたために怖くなってしまいます。
エッチのことばかり考えるようになった自分や楢崎が雄の顔になったのが怖いと思ってしまうのです。

見た目と違って、寺島の方がデリケートで純粋なところがありますね(笑)

そんなふたりが、一歩ずつ心を伝えあっていくわけですが、3巻になると高校卒業や受験の話が舞い込みます。
やっぱり高校生はここがポイントですよね~。

ふたりとも卒業後も一緒にいたいのは当然なのだけど、自分の家族のことを考えるとなかなか進路が決められません。

でも、周りの思いやりによって、奇跡だと思っていた願いを叶えます。
楢崎のお兄ちゃんカップルも、寺島のお母さんもいいわ~~~。

それに、寺島のお母さんを思う気持ちを見ると、ホロッとしますね。
寺島って本当にいい子。うんうん…

3巻の最後に、ふたりのことが気になっているまるで腐女子の卵のような女子生徒が登場するのですが、ここもかなり良かったです。彼女の目線でふたりの様子を見ていると、どれだけふたりが好きあっていて幸せなのかがわかる…
キューン きゅんきゅん

4巻以降は大学生編

4巻からは大学生になってからのお話なのですが、ふたりは同棲していて大学はそれぞれ違います。
そして、いつもつるむようになる友達や、お互いにヤキモチをやいてしまうような横恋慕してくる人物も登場!

高校生の時にも、ちょっかいかけてくる人物はいたものの、マジで恋しているわけでもなく軽いノリでした。だけど、今度はちょっと違うのでドキドキします。

4巻は、中学時代に寺島のピアスを穴あけした栗栖がふたりの関係を知ってしまいます。
そして、寺島襲おうとしちゃう…というストーリー。

5巻は楢崎の家庭教師のアルバイト先の女子高生・希星(きらら)が、横恋慕してきます。
いい子なんだけど、彼女の行動や発言は寺島が心の奥底でずっと気にしていたことに関係していたので、ハラハラしましたね。

そして現在の最新巻である6巻では、ふたりと友人たちの関係や悩みがじわじわ~~っと描かれている感じでした。
その前の4・5巻が、ライバル登場か?とドキドキしたので、地味めと言えばそうですが、将来に向けてそれぞれが色々と考えている様子がわかって胸に響きます。

最後には、誰っ!?って感じで寺島がらみの知人・アレックスが登場!
顔も見えない状況なので、次巻は嵐か!?って思ってドキドキします。

blank 
 
blankBookLive!
blankひかりTVブック 
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

以上「BL【ブルースカイコンプレックス】感想(ネタバレ注意)放課後の図書室で」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら