爽やかな映画のようなBL【君は夏のなか】

爽やかで青春!って感じのBL漫画です。
君は夏のなか
古矢渚先生の作品です。

君は夏のなか

君は夏のなか

君は夏のなか

[著]古矢渚

君は夏のなか あらすじ

男子高校生の戸田渉は、ある日仲良くしているイケメンの佐伯千晴が告白されているところを見かけます。そして、渉はクラスの女子から、好きな人がいるからと告白を断っているとらしいという話を聞きました。

お互いに映画が好きという共通の趣味から、つるむようになった渉と千晴。
渉は、ある日の一緒に映画を見た後に、何気なく「好きな人とかいんの」と聞いてみますが、その返事は予想していなかったものでした。

その後、落ち着かない気持ちを持つ渉ですが、千晴から夏休み中に「聖地巡礼」しようと誘われます。
最後の予定地は天候の関係で行けなくなり、2学期になってからと約束をしたものの、突然千晴が転校してしまい・・・

君は夏のなか 感想レビュー

ここからネタバレ注意

青春!青春!青春!これに尽きます。
若いわ~~~・・・とまったりお茶を飲みたくなるぐらい、おばさんにとっては爽やかすぎるお話です。
エロいことは何もなく、最後にギリギリほんのすこしキスをしたぞって程度ですね。

なんかね・・・個人的にはキュンキュンするって感じではないんですよ。
ストーリー的にはありがちなパターンだとは思うのだけど、映画や海、夏などが色々なことに関わっていて、なんだか映画を見ているような気分になる漫画です。

あとは、キャラがふたりとも特別すごい個性があるわけではないです。
だからかな~、リアルっぽいというか普通にありがちな感じがすごくするわけです。しかもキスを1回ちょこっとするだけでしょ。本当にありそう・・・って思えるところがすごく好きですね。

そもそも二人は子どもの頃に会ったことがあって、その頃に千晴はまっすぐな渉に救われています。
高校生になった渉はそういうところも変わらず、中身がめっちゃ男前。
千晴が「気持ち悪いと思われても仕方ないし」と言った時に、「安心しろよ、嫌なら嫌って言うから」と言うのですが、その時の顔が好き!!

千晴はかなり変わったように思えるけれど、実際は自分の本当の気持ちを言わなかったりするところなど、根本的なところは変わっていません。自分で勝手に自己完結しようとして、渉をあきらめようとしちゃったり。
でも、それをガツン!と怒った渉が良かった♪

お互いを好きになるまでの状況が自然で良かったというのもポイント高かったかも。
千晴は子どもの頃のことがあるから納得。渉は、最初に千晴に告白されてから、だんだん気持ちが変わっていく様子を上手く描いてあって、違和感がないと思いました。

古矢渚先生の作品は、他にも読んできているのだけど、どの作品も相手のことを思うまでの流れがうまく描かれています。そして、転機があってその後の展開も自然な流れで書かれています。作風がとても好きなんですよね~。

この作品は、是非大学生になったふたりのその後の話も見たい!!

君は夏のなか

君は夏のなか

君は夏のなか

[著]古矢渚

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。

    None Found


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村