BLふたりぼっちで恋を~ぼっち高校生二人の可愛い恋のお話

友江ふみ先生のキューンとなるお話
ふたりぼっちで恋を

ふたりぼっちで恋を

ふたりぼっちで恋を

ふたりぼっちで恋を

[著]友江ふみ

ふたりぼっちで恋を あらすじ

岸龍介は学年一位の秀才ですが、プライドが高いためにずっと友達もできずひとりぼっちでした。

そんな彼が、高校生活最後だから友達と作ろうと思います。しかし、周りはすでにグループがガッツリできあがっています。

そんな時に、自分と同じようにひとちぼっちなクラスメイトを発見!
それが森高真人でした。

真人がひとりで便所飯をしているのを知った龍介は、一緒にお昼を食べるようになります。

友達と何かすることを憧れている真人に頼まれて、友達ごっこを続ける龍介。
そんなふたりの関係が変わってしまったのは・・・

ふたりぼっちで恋を 感想レビュー

ここからネタバレ注意!!

全体的にほのぼのして癒やされるのだけど、途中でちょっとだけホロッとします。
真人がとっても健気。きっと純粋とか健気って言葉は、彼のためにあるんだよって思うぐらいです。

龍介は頭はいいくせに不器用なんでしょうね。最初の方は素直になれずに、何様だよ!っていうイラッとすることを思っているのですが、真人と一緒にいるうちにどんどん変わっていく所が良いですね。

相変わらず常に上から目線で「キスしてやるから」のノリですが、内心では真人が可愛くてしょうがない上に真人が天然なので、どちらかというと龍介の方が振り回されている感があります。そこが面白い(笑)

えらそうにしつつも、心配でコッソリ友達に相談したり、勉強ができない真人の進路まで必死に考えている様子はほのぼのします。

あと、時たま出てくるクラスメイトの桐山くんがいい味出します(笑)
彼が主役のお話読みたいな~。

最後にふたりのその後も描かれていて、大学生になった龍介と真人の様子がわかります。
あああ・・・「嬉しい」と言う真人の笑顔が可愛すぎる・・・

エロ系が好みの方は物足りないかもしれません。
ほんわかした癒し系の漫画を読みたい方におすすめです。

その他にもうひとつ作品が収録されていて、それが「花とメルヘン」。
人と誰からも必要とされなくなったら消えてしまう氏神様のお話。
これもハッピーエンドで、良かったねと言える終わり方なんだけど、なんとも切ない…
心にジーンとくるお話です。

ふたりぼっちで恋を

ふたりぼっちで恋を

ふたりぼっちで恋を

[著]友江ふみ

この記事を読んだ方は、こちらの記事も読まれています。


応援よろしくお願いします♪

おすすめ電子コミックサイト

コミなび
コミなび

ハンディコミック
ハンディコミック

コミックシーモア
コミックシーモア

Renta!

eBook Japan

PVアクセスランキング にほんブログ村