オタク主婦は胸キュンBLが大好き!おすすめ作品ご紹介中

リニューアルに伴いリンク切れが発生中!記事の探し方はこちら

BL「アクマと契約~彼のイジワルな愛し方~」あらすじ・感想(ネタバレ注意)

WRITER
 
アクマと契約
この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら

私が大好きなシンデレラBL【アクマと契約」待望の続編です。

最初の作品もすごく好きでしたが、涼介がだんだん頼もしくなってめちゃくちゃお気に入りです。

「アクマと契約~彼のイジワルな愛し方~」
ハル先生の作品です。

購入可能な電子書籍サイト

blank 
 
blankBookLive!
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

アクマと契約~彼のイジワルな愛し方~ あらすじ

超人気俳優の小島雅人の付き人をしていて、その後駆け出しではあるものの人気がどんどんあがっている俳優の加藤涼介。

恋人になったふたりは引き続き同居(同棲)しながら、仕事も恋も順調な生活を過ごしていました。

しかし、オーディションを受ける涼介の台本が盗まれたり、小島のことを執拗に追いかけるストーカーが現れたりと、様々なトラブルが発生します。

俳優として成長するだけではなく、人としても成長していく涼介は、小島のことを守ると言うのですが…

ふたりの周りに起こる不穏な出来事によって、ふたりの絆はより深まります。

blankblank

アクマと契約~彼のイジワルな愛し方~ 感想

(ここからはネタバレになる可能性があるため注意)

普段は、単行本化されるまで我慢して待つのですが、どうしてもその後が気になって我慢ができずに単売で読みました。

率直な感想としては、前作のアクマと契約の時は、涼介の心がだんだん変わっていく様子を描いていて、こちらのアクマと契約~彼のイジワルな愛し方~では、小島の心の動きが描かれていると思いました。

小島が、なんであんなにすぐ涼介を救って大切にしていたのかっていうのが、この作品を読むとすごくよくわかります。

彼は、オーディションで審査員として初めて会う前に涼介のことを見かけていて、オーディションで涼介の笑顔に反応した時にはもう好きになってしまったんでしょうね。

好きで可愛くてしょうがないことはわかっていたけど、こんなに好きだったとは…

出だしから、それはもうラブラブで、これでもかってぐらい小島が涼介を大切にしています。
それに、涼介自身も俳優としてどんどん成長している様子が描かれています。

仕事も恋愛も、すごく順調だからこそ、後半に起こる事件は衝撃的!!
涼介が報道陣や人だかりの前で襲われた小島をかばってケガをさせられてしまったシーン…

白黒の絵の中で、涼介が流した血が赤く描かれているのがまた、ストーリー内容だけではなく視覚的に衝撃的でした。

そして、あの冷静な小島が我を忘れてしまう様子と、大怪我をしながら小島のことばかり心配している涼介の様子は、ふたりの心の絆を感じるようでした。

ハラハラして泣きそうだった!!フォローした社長もかっこよかった!!

オタク主婦

あと、前作では、悪役となるプロデューサーは、めっちゃ嫌なヤツでしたよね。
しかし、こちらの作品に出てくるキャラは、何とも憎みきれない…

最初の方で、涼介のことをライバル視する人物が悪役か?って思うのだけど違いました。
それが子役からの売れっ子俳優の佑樹で、すぐ仲良しになって相談にのってくれる存在に…

そして、本当の悪役となるのは別の人物ふたりです。
小島のストーカーとその同居人ですね。

ストーリーで重要ポイントになる人物たちなので詳しく書くことはさけますが、彼らもまたある意味被害者の立場でもあるので、前作とはまた違った結末になります。
悪を悪だと思えないんですよね。

ストーカーは愛されたかったんですよ。
そして同居人は、彼を愛していたから彼の希望を叶えてあげたかった…

だけど、彼らのやらかしたことで、涼介は大変なことになっちゃったわけで、なんだか複雑。

みんな、幸せになってほしいな~~。

初めてハッキリと小島が涼介に自分の気持を伝えるところがまた良かったわ~~。
しかもそれがなんと言ったのかわからないというのがまた良い~~~。

最後は、スッキリと大満足できる終わり方でした。

blank 
 
blankBookLive!
blankコミックシーモア 
blankebookjapan

以上「BLアクマと契約~彼のイジワルな愛し方~あらすじ・感想ネタバレ」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
blank
漫画大好きで特にBLが好きな50代のおばさん・桃子です。気分だけはいまでも10代! 日々増え続けている電子書籍所持数は6,000冊以上♪お気に入りの感想をちまちま書いています。 管理人桃子のプロフィールはこちら